サングラスが似合わないのは鼻のせい?原因と対処方法を紹介

サングラスが似合わない、しっくりこないのは鼻が低いことが原因なのでしょうか?

なぜかサングラスをかけると面白くなってしまう人は選ぶときに似合わないものを手にしてしまっているのかもしれません。

サングラスが似合わないのではなく、似合わないサングラスを選ぶのをやめませんか?似合うサングラスの選び方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネのウェリントンが似合わない顔のタイプとは?選ぶポイント

メガネのウェリントンフレームが似合わないのはどんな顔のタイプの人なのでしょうか?誰にでも合いやすいと...

メガネで前髪がはねるのをふせぎたい!対処方法はコチラ

メガネに前髪がぶつかってはねるのをどうにかしたいときには、このような方法がおすすめです。時間...

丸メガネが似合わない人とは?女性におすすめな丸メガネ

オシャレの定番になりつつある丸メガネ。少し知的さや抜け感を出したいときにさりげなく取り入れたいアイテ...

メガネのサイズが書いてある場所とサイズ表記の見方を解説

メガネのサイズが合わないと、つけ心地が悪くなって日常生活を過ごしにくくなります。これからメガネを購入...

サングラスの調整はテンプルでするの?掛け心地が悪い時には

サングラスにも調整が必要。テンプル(つる)の部分が耳と顔幅にフィットしないと、サングラスがす...

サングラスの色んな形の名称について知りたい

サングラスと一言で言っても、さまざまな形があります。あまりサングラスに詳しくない人は、「丸いレン...

メガネのフレームなしが似合う男性のタイプを紹介します

メガネのフレームなしが似合うのはどんな男性なのでしょうか?働くときには、知的であったり落ち着いた雰囲...

メガネのボストン型とは?似合うメンズの顔のタイプ

メガネのボストンが似合うのはどんなメンズなのでしょうか?ウエリントンとボストンで迷っているのなら、顔...

メガネの上手な選び方!女子向け40代でも老けて見えないメガネ

40代になるとメガネを選ぶポイントも、いろいろと変わってきますよね。「見やすいメガネ」や「疲れないメ...

メガネの鼻パットについた緑の物体の正体と綺麗にする方法

メガネの鼻パットに何やら緑色の物が付着。この物体が一体何なのかわからず、気になっている人もいるのでは...

メガネ跡を消したい!メガネ跡を消す方法と目立たなくする方法

メガネを長時間掛けていると、メガネ跡がついてしまいますよね?単純に、足首にできる靴下跡のように、...

メガネが似合わない男性とは?似合うメガネを見つける方法

メガネが似合わない、メガネ姿がなんだか冴えない男性にはどんな特徴があるのでしょうか?メガネの...

メガネのボストン型が似合うメンズとは?メガネ選びのポイント

ボストン型のメガネが似合うのはどんなメンズなのでしょうか?顔にこのようなコンプレックスがある人はボス...

メガネタイプの老眼鏡で安いものと高いものの違いと選び方

最近なんだか小さい文字が見えにくい、気がつくとスマホを遠ざけているなど老眼鏡が必要と感じてはいるけれ...

メガネのレンズはキズがつくもの?キズを予防する方法とは

メガネのレンズにキズがついてしまう理由には意外にもこんなことが含まれています。乱暴に扱っているわけで...

スポンサーリンク

サングラスが似合わない理由のひとつ「鼻」

同じ服装をして、同じサングラスをかけた時に、外国の人は格好良くキマっているのに、日本人の人は似合わなくて苦笑いが出てしまうことってありますよね。
それは、顔の格好良さや体型の違いだけで起こるわけではありません。

サングラスが似合わない理由のひとつ「鼻」があります。
日本人などアジア人の多くは、鼻が低くてのっぺりした顔をしています。
元々サングラスは、彫りが深くて鼻の高い欧米人などのために作られたものですから、鼻が低くて平たい顔をした日本人には似合わないことは当たり前と言えます。

仮に鼻が高い人でも、鼻当ての高さのバランスが悪いと、付けっ鼻のようになって、不自然になってしまうこともよくあることです。

とはいえ、サングラスをかける理由はおしゃれさだけではなく、スポーツやアウトドアの時に太陽光を抑える機能的な面でかけることもあります。
そういった必要性がある人も、せっかくサングラスをかけるのであれば、自分に似合う種類のサングラスをかけたいと思うはずです。

鼻が原因でサングラスが似合わないのなら

鼻が原因でサングラスが似合わないのなら、こういった方法を取ってみてはいかがでしょうか。

鼻パッドが分厚いものにする

鼻が低い人は、鼻パッドが厚いものにすると、顔に立体感を出すことが出来ます。
また、鼻パッドの厚みだけではなく、高さも変えると、付けっ鼻のように見えていた顔も自然な雰囲気に変えることが出来ます。

サングラスのレンズの大きさを変える

オーバルやサーモントのように、レンズの横幅があってシャープに見えるサングラスも良いですが、鼻のタイプや大きさによっては、不自然に見えてしまうこともあります。
レンズに縦幅がある、ウェリントンやボストンなどを試してみましょう。
逆にウェリントンやボストンが似合わない人は、オーバルやサーモントを試すなど、レンズの大きさを変えてみましょう。

サングラスが似合わないのは鼻だけではありません!他の原因

サングラスが似合わないのは鼻だけではありません。
他の原因として考えられるものには、こういったものもあります。

サングラスが似合わない原因

眉毛が飛び出して見えている

外国の人の多くは、目と眉毛が近いので、サングラスをかけた時に眉毛がサングラスで隠れます。
これは理想的なサングラスのかけ方ですが、目と眉毛の距離が離れている日本人は、サングラスから眉毛が飛び出して見えて、幼く見えたり、間抜けに見えてしまうこともあります。
その場合は眉毛が隠れるような大きいフレームにしたり、前髪や帽子でカバーする方法を取ると良いでしょう。

サングラスのサイズが合っていない

サングラスの中には顔からはみ出すような大きいフレームや、顔よりもかなり幅の狭いフレームもあります。
そういったサングラスでも着こなせる人がいますが、多くの場合は、顔の幅と同じくらいの幅のサングラスを選ぶようにしましょう。
そうしないと、不自然に見えたり、顔が大きく見えてしまったりします。

似合うサングラスを見つけるには?顔のタイプ別にオススメを紹介

似合うサングラスを見つけるには、どうしたら良いのでしょうか?
顔のタイプ別にオススメをご紹介します。

顔のタイプでおすすめのサングラスはかわる

丸顔

優しい雰囲気を持つ丸顔の人は、幼さも持ち合わせているせいか、最もサングラスが似合わないとされる輪郭です。
しかし、だからといって諦める必要はありません。
フォックスやサーモントのように、シャープさを持つサングラスをかけると、キリッとした印象を持たせることが出来ますので、男らしい印象になるはずです。
他にもスポーツサングラスなども強い印象をプラスできるのでおすすめです。

面長

顔の長い面長の人は、外国の人でもそのタイプが多いせいか、最もサングラスが似合う輪郭と言えます。
ウェリントンやティアドロップのようなレンズに縦幅があるものがおすすめですが、逆にフォックスやサーモントをかけると、強面感が強くなることもありますので、注意が必要です。

四角顔

男らしい輪郭の四角顔の人もサングラスが似合う輪郭と言えます。
スクエアやウェリントンのように角ばったフレームで男らしさを増すことが出来ますが、輪郭の四角さを強調してしまうこともあります。
そういった時は、ラウンドやボストンのように丸みのあるフレームを選ぶと、優しい印象をプラスする事が出来ます。

逆三角顔

シャープな輪郭を持つ逆三角顔の人は、種類選びに注意しないと、軽薄でインチキっぽいイメージになってしまいます。
そうならないように、ボストンやウェリントンのサングラスでバランスを取るようにしましょう。

サングラスが似合う、似合わないは最終的にトータルコーデ

例えその人に合うサングラスを選んでいたとしても、そのサングラスに合わないファッションでは違和感しかありません。
サングラスが似合う、似合わないは最終的にトータルコーデで決まります。

例えば、可愛い柄のセーターを着て、ティアドロップのサングラスをかけていたら違和感しかありませんよね。
しかし、これがラウンドやボストンのサングラスでしたら、「カジュアルモード系かな?」と思わせるような着こなしに変わります。

また、レンズカラーの選択でも雰囲気はかなり変わってきます。
同じフレームでも、真っ黒なレンズだと違和感だったのが、ブラウンやブルーのレンズにするとしっくり来ることもあります。

他にも髪型も重要です。
何もしない髪よりも、ワックスなどで整えた髪の方が絶対サングラスに合います。
スタイリングが苦手という人は、帽子を合わせると良いでしょう。

そのようにして、サングラスや服、髪型などと合わせてトータルコーディネートをすると、鼻のせいで似合わないと思っていたサングラスも似合うようになりますし、ファッションも楽しめるようになります。