メガネが似合わないのは鼻のせい?似合うメガネの選び方

鼻にコンプレックスのある人はメガネが似合わないと思ってはいませんか?実は、メガネが似合わないという人はいないんです。

というのも、メガネの似合う似合わないは選び方が合っているか間違っているかの違いで、顔の大きさや形などに合わないものを選ばなければどんな人でも似合うものを見つけることができます。

では、鼻が強調されないメガネとはどんなものなのでしょうか?似合うメガネを選ぶポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネが似合う顔とは?メンズにかけてほしいメガネを紹介

メガネが似合う顔ということはイケメンと諦めてはいませんか?女性はメンズのメガネ姿にこんなことを求めて...

メガネは使い分けたほうがいい?度数によっての違いとは

メガネは度数で使い分けをしたほうがいいのでしょうか?メガネをすると視力が下がる、メガネをかけないと負...

メガネのスクエア型が似合う女性とは?メガネコーデをご紹介

メガネのスクエアフレームは人にどんな印象を与えるのでしょうか?仕事用に向いているスクエアフレームです...

メガネを作るのにかかる値段とは?安いメガネと高いメガネの違い

メガネを作るときに大きく値段が変わるのは何が原因なのでしょうか?小学生の頃からメガネをかけている...

メガネをネットで購入するときの流れや注意点を紹介します

メガネをネットで購入するときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?いつもお店でメガネを作って...

サングラスが似合わないのは鼻のせい?原因と対処方法を紹介

サングラスが似合わない、しっくりこないのは鼻が低いことが原因なのでしょうか?なぜかサングラス...

メガネを常用するときの度数とは?メガネの作り方を紹介します

仕事のときだけメガネをかけているけれど、普段も見えにくくなっているときには常用メガネが必要なのでしょ...

シルバーフレームのメガネを選ぶならココがポイント

シルバーのメガネフレームをかけたいけれど年齢よりも上に見られてしまうのでは?地味に見えてしまいそうと...

メガネ姿のかっこいいメンズになるための近道を紹介します

メガネ姿がかっこいいメンズになりたい!と思ってはみても何から始めたらいいのかわからないというメガネ男...

メガネでオススメなのは?メンズのビジネス向きフレーム

ビジネスシーンでは相手にできるだけ良い印象を持たせたいですよね。知的で説得力の増すメガネですが、選び...

老眼になったらメガネ?それともコンタクト?対処方法をご紹介

メガネやコンタクトが合わなくなってきたら、老眼の始まりかもしれません。早いと30代から始まる老眼の症...

メガネのテンプルを自分で調整する方法。熱で曲げる合わせ方

普段使っているメガネがずり落ちるようになって、メガネをよく見てみるとテンプルの部分が曲がっていたり、...

サングラスの選び方について!スポーツ別のおすすめ

サングラスの選び方について。スポーツシーン別に使用するサングラスは違います。また、紫外線...

メガネの違和感は鼻に出やすい?その原因や対処方法をご紹介

メガネをかけるとなんだか鼻に違和感があるときはどうしたらいいのでしょうか?新しいメガネを買って、何日...

メガネのスポーツ用を子供に買うときのポイントや選び方

子供にスポーツ用メガネを買うときには、どのようなことが選ぶポイントとなるのでしょうか?スポー...

スポンサーリンク

鼻に特徴があるとメガネは似合わない?選び方とは

メガネを購入しようと思った時にお店で試着をしてみたら、「あれ?メガネをかけたら、なんだか鼻が目立ってる?」なんて違和感を感じた方もいるのではないでしょうか。
他にも「鼻に特徴があるとメガネは似合わない?」なんて悩んでいる人もいるかも知れません。

しかし、決してそのような事はありません。
人に様々な鼻のタイプがあるように、メガネにも様々なタイプがあります。
その選び方によっては、しっくり来るものもあれば、違和感しか感じない無いものもあります。
そうならないようにする選び方とは、どのようなものがあるのでしょうか。

メガネはブリッジの形で選ぶ

ブリッジとは、レンズとレンズの間にあるパーツの事を指します。
こんな小さなパーツでも、僅かな違いで顔の印象も大きく変わります。

具体的な例は、「鼻の低い人はブリッジがアーチ形になっているものを選ぶ」「鼻の高い人はブリッジが真っ直ぐになっているものを選ぶ」といった事を基準に選ぶようにすると、自分の顔にピッタリくるメガネが見つけられるはずです。

鼻は高くても低くてもメガネが似合わない原因に

似合わないメガネを選んでしまった原因を考えて見ましょう。

メガネは「人に見てもらい購入する」こと

メガネだけではなく、服や髪型でも自分では良いと思って選んでも、他人から見ると似合ってないと思われるなんてことはよくある事です。

ですので、メガネを買う時も、出来れば友人や家族、または店員さんなどに見てもらって買うようにしましょう。
そうすれば、きちんと客観的に見ても似合うメガネを買うことが出来ます。

他にも、雑誌や街を歩いている人などを見て、その中で自分と近い顔立ちでメガネをかけている人を参考にしてメガネを選ぶようにすると失敗する可能性が低くなります。
色んなメガネを試着して、一番違和感なく似合うメガネを探しましょう。

似合わないメガネとおさらば!鼻が大きい・小さいでお悩みの人

似合わないメガネとおさらばしましょう!
鼻が大きい、または小さいでお悩みの人は、こんなフレームのメガネを選んでみましょう。

鼻が大きい人におすすめのメガネ

鼻が大きい人におすすめのメガネは、「フレームが大きいもの」です。
フレームの大きいメガネにすると、視線がフレームの方に行きますので、鼻の大きさをごまかすことが出来ますし、バランスとしても良いバランスになります。

鼻が小さい人におすすめのメガネ

鼻が小さい人におすすめのメガネは、「フレームが小さいもの」です。
フレームが大きいものですと、鼻の小ささが強調されてしまいますが、フレームが小さいものであれば、そんな心配もなく、自然にメガネをかける事が出来ます。

その他にも、フレームの色を変えてみると、同じ大きさのメガネでも雰囲気が変わりますので、色違いのメガネも試着して見るようにしましょう。

鼻が低くてメガネが似合わないのは調整できます

鼻が低くてメガネが似合わないからといって、メガネを諦めようとしていませんか?
実はそういった悩みは調整できるのです。

メガネフレームの縦幅についても着目する

フレームが小さいものを選んだつもりでも、フレームの縦幅が大きいものですと、より鼻が小さく見え、アンバランスな印象になってしまいます。
メガネをかけた時に、メガネのフレームの下側と鼻先が5ミリから1センチ離れるような物を選ぶようにしましょう。
そうすれば、顔とのバランスが上手く取れ、鼻の低さが気にならなくなります。

これはメガネだけではなく、サングラスにも言えることです。
メガネをかけている時は普通なのに、サングラスをかけたらとたんにおかしな感じになるという人は、フレームの大きさが鼻と合っていないのかも知れません。
フレームのサイズを違うものにして試してみると、しっくり来るはずです。

メガネが似合わないと決めつけるのちょっと待った

自分の中でメガネが似合わないと思ったり、誰かに似合わないと言われたら、「もう自分に似合うメガネは無い」なんて諦めちゃいたくなりますよね。
しかし、メガネが似合わないと決めつけるのには、ちょっと待ったをかけさせてください。

というのも、メガネが似合わないと感じるのには、サイズが合っていない以外にも「見慣れていないだけ」という可能性もあるからです。

例えばロングヘアだった人がいきなりショートカットにすると、最初は違和感を感じますよね。
しかし、数日も経って見慣れてきたら、その人がショートカットで当たり前くらいに思えてくることも珍しくありません。

ですので、メガネをかけてみて、「似合わないからすぐ辞める」のではなく、何個か試着をしてみたり、数日置いてからもう一度お店に足を運ぶなどして、メガネをかけている自分に慣れるようにしましょう。
そして実際にメガネを購入したら、最初はみんなから何か言われるかも知れませんが、数日経てば何事も無かったかのようになりますので、全く気にする必要はありません。

そのようにして、自分の鼻とのバランスを考えてメガネを選べば、きっと自分にピッタリ来るメガネを見つけることが出来ます。