メガネの黒ずみ跡が消えない時の対処法と黒ずみの原因・予防方法

メガネをかけている女性の中には、メガネの鼻あての跡が黒ずんでしまい、消えない事に頭を悩ませている人もいますよね。

顔の中心付近に黒ずみができてしまうと、見た目もよくありませんし気になってしまうものです。

メガネの鼻あて部分のお肌に黒ずみができてしまったときは、もう諦めるしかないのでしょうか。

ここでは、メガネの鼻あて部分の黒ずみ跡にできる対処法についてご紹介します。
すぐにできる対処法や、時間をかけて黒ずみを薄くしていく方法をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

また、跡が残らないようにする方法やについてもご紹介しますので、こちらも併せて御覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネのフレームの修理ができる素材と難しい素材について

メガネのフレームが折れてしまったという時には、新しいメガネを購入する方も多いと思いますが、修理するこ...

メガネ調整を自分でする!メガネを使いながら微調整する方法

メガネの調整を自分でしたい!店員さんに伝えても、伝えきれないこの不具合。ちょっとなん...

老眼鏡のレンズは交換が必要?変えるタイミングをご紹介

老眼鏡のレンズ交換はいつがベストなタイミングなのでしょうか?そこまで見えないことが不自由でなければそ...

オーバルメガネの似合う顔とは?オーバルの特徴を紹介

オーバルのメガネが似合うのはどんな人なのでしょうか?メガネは顔のコンプレックスを薄くしてくれるアイテ...

メガネの横幅が小さい!自分にピッタリなメガネを選ぶ方法

メガネの横幅が小さいと、メガネの掛け心地が悪くなって日常生活も過ごしにくくなってしまいます。できれば...

メガネの形ボストンの特徴と似合うタイプを紹介します

メガネの形、ボストンが気になる…。いったいどんな人が似合うメガネなのでしょうか?ボストン...

メガネの印象でどう変わる?女性のメガネはココがポイント

女性のメガネ姿からはどのような印象を受けやすいのでしょうか?メガネをかけると、きつく見られてしま...

そのメガネのサイズ合ってないかも!サイズを合わせるときのコツ

メガネのサイズが合ってないとどのような印象を与えてしまうのでしょうか?できるだけ自分の顔のサイズに合...

メガネのフレームなしが似合う男性のタイプを紹介します

メガネのフレームなしが似合うのはどんな男性なのでしょうか?働くときには、知的であったり落ち着いた雰囲...

メガネタイプの老眼鏡で安いものと高いものの違いと選び方

最近なんだか小さい文字が見えにくい、気がつくとスマホを遠ざけているなど老眼鏡が必要と感じてはいるけれ...

サングラスのフレームの種類をおすすめ顔タイプ別に紹介します

サングラスは日本人に似合わない?いえいえ、そんなことはありません。自分の顔のタイプにあったフレームの...

メガネのつるがゆるいときの対処法と自分で直すときの注意点とは

メガネのつるがゆるいと感じてきたら、メガネが落ちていたり、下がってきたりするのでとても不便ですよね。...

眼鏡と老眼鏡の違いは何?老眼鏡を初めて買う場合

眼鏡と老眼鏡にはどのような違いがあるのでしょうか?手元が見えにくい、今かけている眼鏡を外すと見え...

メガネをかけている高校生女子は、世間からどう思われているのか

メガネはおしゃれアイテムとして認知はされていますが、かけ方によっては野暮ったく見えてしまうこともある...

メガネがずれるならすぐに調整を!できればお店に行くのがベスト

メガネがずれる原因はいくつかありますが、いずれにしてもすぐに調整を行う必要があります。メガネを調...

スポンサーリンク

メガネの黒ずみ跡が消えない!すぐに消したいときはコンシーラーに頼る

メガネをかけている人であれば、どうしても気になるのが鼻の上の跡ではないでしょうか。
長年かけていると、黒ずみになってしまい、何をやっても消えないという人もいるかもしれません。
どうしたら良いのかと、頭を悩ませている人は少なく無いと思います。

跡がつくからメガネをかけたくない、しかし、メガネなしでは生活が不自由だというあなた。
普段、メガネをしていなくても、家ではメガネ生活という人もいるでしょう。
その様な人は、外出前のメイク時にコンタクトに変える作業があります。
コンタクトに変えると、そのメガネの跡がなおのこと気になってしまうのも当然です。

とりあえず、手っ取り早くこのメガネ跡を消して出かけなければならないという時は、コンシーラーに頼るのが一番です。

根本的な解決にはなりませんが、とりあえず黒ずみを隠してくれるのには便利なアイテムです。
しかし、メガネ跡の凹みは、コンシーラーでは解決できません、だからと言ってコンシーラーを重ねたり、厚塗りしてしまうと、逆に目立ってしまいます。
あくまでもさり気なく跡を隠す程度にそっと薄く、メガネ跡の部分だけに塗りましょう。

メガネの鼻あて部分の黒い跡が消えない時は鼻パッドが当たる位置に注意

メガネの鼻あての黒い跡が消えないのは、、鼻パッドが常に同じ位置にあることが原因です。
ですから消えない鼻パッドに悩むのであれば、鼻パッドが同じ位置に当たらないように、家の中では、意識的にこまめに鼻パッドが当たる位置を変えてみてはどうでしょうか。

しかし、それもまた難しいことでしょう。
そんな時は、鼻に鼻パッドが当たらない様に、家の中では鼻と鼻パッドの間にティッシュや薄いハンカチなどを挟み込むというのもよいかもしれません。
勿論、これは家の中で人に見られていない時ということを前提に行って下さい。鼻パッドの当たる位置に絆創膏を貼るという手もあります。

ティッシュを挟んでいることを忘れて、そのまま外出してしまっては大変です。人前では出来ませんが、ティッシュを挟むというのは、メガネの跡の防止にかなり効果があります。

消えないメガネの跡は指で押して血行促進

長い時間メガネをかけているということは、鼻パッドがずっと鼻に当たっていることになります。ですから、その部分が押されたままになり、血行が悪くなるため、跡がついてしまうのは仕方の無いことでしょう。

メガネをはずしたとしても、なかなか血行が戻らず、跡が消えないなんてこともあると思います。

メガネの跡を指の腹で押して、血行を促進して上げよう

  1. メガネの跡がついた部分にホットタオルを乗せて、温めましょう。
  2. マッサージオイルを使い、指の腹で優しく押しながら、血行をより促進していきましょう。
    お風呂上がりや、寝る前、メガネを外した跡に毎日行うことで、徐々についてしまう色素沈着を予防することができます。

毎日行う事が大切です。メガネの跡がついているということは、そこにそれだけ負担がかかっているということなのです。
今は、跡がついているくらいにしか思っていない人も、それが徐々に黒ずんできてシミになってしまうことも考えられます。
その様な事にならないためにも、一日の労をねぎらって、毎日、メガネ跡を優しくマッサージすることを習慣化しましょう。

メガネの黒い跡が消えない!黒ずみができる原因

メガネの黒い跡がなかなか消えないと悩んでいる人もいるでしょう。メガネをかけているのだから仕方のない事だと諦めてはいませんか。

メガネによっては、跡の付きづらいメガネも存在します。安価なメガネや、レンズやフレームが重いメガネであれば、より鼻に負担がかかり、跡も付きやすくなります。鼻あてが鼻に合っていない場合もあるでしょう。日々使用しているうちに、メガネがずれてしまい、鼻に負担がかかってしまっている可能性も考えられます。

この様な状態のままメガネの使用を続けていると、鼻あて部分に黒ずみができてしまい兼ねません。レンズを薄くする、フレームをなるべく軽いものにする、鼻あての無いものやシリコンの鼻あてにするなどという方法で、鼻あてが当たる部分の負担を軽減してみましょう。

また、鼻あて部分やフレーム自体の調整をメガネ店で行ってもらうことで、メガネが下がってきたり、ずれてしまうのを防ぐことができます。メガネのズレを防ぐことができれば、鼻部分の負担も減ります。

ちょっと面倒かもしれませんが、定期的にメガネ店へ出向き、調整してもらうとよいでしょう。メガネのフィット感を高めるだけでなく、鼻につくメガネ跡を軽減することもできます。

メガネの跡が残らないようにする方法

メガネの跡が残らない様にする方法としては、先程も述べたように、メガネ自体の重さを軽くする、鼻パッドクッションを使ったり、鼻パッドをシリコンに変える、メガネを調整してもらい、鼻への負担を軽くする、マッサージして血行を促進して上げることもオススメの方法です。

しかし、何をやってもメガネ跡が消えないと悩んでいる人もいるのかもしれません。
メガネを毎日長時間使用している人であれば、なおのことその様な人が多いは事実です。

そのメガネ跡の原因は、鼻パッドの刺激や皮膚への擦れによって炎症を起こし、色素沈着してしまったことが考えられます。その様な黒ずんだ跡は、マッサージなどで取るのは難しくなります。

皮膚科へ行き、塗り薬を処方してもらうのがベストです。
皮膚科で相談すれば、肌を白くする塗り薬を処方してもらえます。
しかし、その様な塗り薬は効果が大きい分、使用には注意が必要になります。

シミからはみ出して塗ってしまった場所は、そのはみ出した部分も白くさせてしまいます。
効きすぎるが故に、白斑になってしまう場合も考えられます。適切な期間、適切な部分だけに使用するのが好ましいでしょう。

皮膚科などに行かず、もっと簡単に気になる黒ずみをとる方法だと、美白クリームなどで対応することもできます。
薬と違い、効果はすぐに出ないかもしれませんが、長期使用することによって、徐々に跡が消えていきます。

この様な自体にならないためにも、日々、メガネの使用に気を配りましょう。軽めのフレームにして、レンズを薄くし、鼻パッドをシリコンのものに取り替えるなど、様々な工夫が大切です。また毎日、鼻パッドの跡がついた部分を温めたりマッサージも行いましょう。生活習慣が改善されれば、メガネの跡がつきにくくなることも考えられます。顔や鼻がむくむとそれだけ、メガネ跡が付きやすくなります。

シミになって跡が消えなくなってしまう前に、対策をするのは勿論大切です。ついてしまった場合は、美白クリームで上手に黒ずみを消していきましょう。

メガネ跡をそのままにしておくと取れなくなってしまいます。取れなくなってしまってはどうすることも出来ません。気づいたら、早めの処置や対策をしましょう。