鼻のメガネ跡を消す方法!簡単にできる対処方法をご紹介

今までは、時間がたてばすぐに鼻についたメガネ跡は消えていたのに最近はなんだかずっと残っているような…。

鼻にメガネ跡がついてしまうのは、どんなことが原因なのでしょうか?このメガネ跡はどうやって消せばいい?

メガネを外すとひょっこり鼻に現れる、この気になる跡を消すには素早い対応がおすすめです。
自宅であればゆっくりケアできますが、出先やすぐに跡を消したいときにはメイクがいいでしょう。

跡を消すメイクの方法や自宅でできる対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネでオススメなのは?メンズのビジネス向きフレーム

ビジネスシーンでは相手にできるだけ良い印象を持たせたいですよね。知的で説得力の増すメガネですが、選び...

メガネの種類をタイプ別に一覧で知りたいなら

メガネと一口に言っても、丸いタイプや四角いタイプなどさまざまなものがあります。それを一覧で知るこ...

メガネのズレ防止。子供におすすめなズレにくいアイテムをご紹介

うちの子供のメガネ、またずれている…。よく動く子供はメガネがずれていても気にしないかもしれません...

男性に似合うメガネの色とは?女性ウケがよいメガネを紹介します

メガネ男子が人気ですが、そのメガネ本当に似合っていると言えますか?男性の場合は、自分に似合う色を...

メガネの傷消しについてレンズに付いた小さな傷への対処法とは

メガネの傷消しについて、レンズに小さな傷を発見したら、なんとか自分で傷消しができないものかと考えてし...

メガネで印象を優しい雰囲気にするには?色や形の選び方

メガネの印象で知的や真面目に見えるのは嬉しいポイントでもありますが、それに加えて冷たく見えたりきつく...

メガネの耳当ての部分が臭いのは加齢臭かも。臭いを落とす方法

メガネをかけた瞬間、どこからともなく漂ってくる臭い。もしたしたら加齢臭では。加齢臭は耳の後ろ...

メガネが似合わない男性とは?似合うメガネを見つける方法

メガネが似合わない、メガネ姿がなんだか冴えない男性にはどんな特徴があるのでしょうか?メガネの...

メガネの選び方【面長メンズ編】選び方の基本と似合うメガネ

「面長の自分にはどんなメガネが似合うんだろう」こんなお悩みを抱えている男性もいますよね。メガネの選び...

メガネのシルバーフレームが似合うタイプを紹介します

メガネのシルバーフレームが似合うのは美男子だけ?いえいえ、そんなことはありません。似合うメガネを見つ...

メガネの正しい洗い方とは?洗剤を使うなら○○洗剤

正しいメガネの洗い方を知っていますか?あなたがメガネを洗うときに使う洗剤によってはメガネを傷つけて寿...

マスクでメガネが曇る時の対処法!メガネの曇りを防いで快適に

マスクを着用すると、メガネが曇ることはメガネ愛用者のみなさんが直面する大きな壁です。マスクが曇ってし...

サングラスが紫外線をカット出来る寿命ってどれくらい

サングラスは太陽の眩しさを抑えてくれるだけではなく、目から入る紫外線もカットしてくれる頼もしいアイテ...

メガネ【ボストン型】似合う人の特徴や選び方と楽しむコツを紹介

メガネをボストン型のものにしたいけど、自分に似合うかどうかわからないという人もいるでしょう。メガ...

メガネのレンズが傷だらけになる原因とは?予防方法をご紹介

メガネを大切に扱っていても、レンズにキズがついてしまうことがあります。なぜメガネのレンズは、いつ...

スポンサーリンク

鼻にメガネ跡がついてしまう原因とは

お風呂に入る時や、顔を洗う時にメガネを外して鏡で鼻の辺りを見てみたら、クッキリメガネの跡がついていたなんて事はよくありますよね。
メガネを外したままにしておいて、時間が経てば跡は消すことは出来ますが、そもそも鼻にメガネ跡がついてしまう原因とは、どういったものがあるでしょうか?

  • メガネが重い
    フレームやレンズの素材などによって、メガネが重くなってしまうことがあります。
    フィッティングには問題なくても、その重さによって鼻当てが食い込んでしまうこともあります。
  • 鼻当てが合っていない
    かけた時はなんとも無いと思っていても、鼻当ての角度が悪かったり、鼻当ての金具が曲がるなどの事があると、鼻に跡を作ってしまいます。
  • 顔が太った、むくんだ
    その時の体調や生活習慣の変化によって、顔も太ったり、むくんでしまうことがあります。
    そういった場合は、メガネが鼻に当たる具合も変化して、跡がついてしまいます。

鼻についてしまったメガネ跡を消す方法

鼻についてしまったメガネ跡を消す方法には、こういったものがあります。
まずは試してみてください。

  • 冷やす
    メガネの跡が赤くなっている場合は、冷やすことが有効です。
    冷たい水で冷やしたタオルや、タオルを巻いた小さな保冷剤など、自分のやりやすいやり方で鼻についてしまった赤味を取りましょう。
    ついでに目を閉じて目を休めるのも良いですね。
  • マッサージ
    鼻当ての跡がへこんでいる時は、マッサージをしてみましょう。
    跡がついてしまった所だけではなく、目の周りや顔全体をマッサージすると、跡と一緒にむくみも解消することが出来ます。
    この時にあまり強くマッサージをすると、肌を摩擦で痛めたり、余計に赤くなってしまいますので、適度な強さで行いましょう。

鼻につくメガネ跡を消したい!そんなときには

「鼻につくメガネ跡を消したい!」そんなときには、こういった方法もありますので、参考にしてみてください。

  • 蒸しタオルを当てる
    メガネ跡がつく理由がむくみであった場合は、顔に蒸しタオルを当てて、むくみを取りましょう。
    やり方は、タオルを少し熱めのお湯で湿らせて絞るか、濡らしたタオルを電子レンジで温めると、手軽に行うことが出来ます。
    どちらの場合もヤケドには注意しましょう。
  • パックをする
    メガネの跡がついてしまったら、パックをしてケアすると言う方法もあります。
    パックをして肌に張りを持たせると、メガネの跡も消すことが出来ます。
  • お風呂に入る
    お風呂に入って全身の血流を良くすると言うのも、メガネ跡を消すのに有効な方法です。
    38℃から40℃ほどのお風呂にゆっくり浸かって、むくみもメガネ跡も消し去ってしまいましょう。

鼻についたメガネ跡をすぐに消すにはメイクが有効

「マッサージしたり、蒸しタオルをする時間がない!」といったように、時間に余裕がない時に鼻についたメガネ跡を、すぐに消したい場合にはメイクが有効です。

最も簡単なの、はメガネ跡の部分にファンデーションを塗ることです。
そうすれば、鼻についてしまった跡もカバーすることが出来ます。
ただし、塗りすぎるとそこだけ不自然な感じになってしまいますので、あまり厚塗りをしないようにしましょう。
ちなみに塗る前にあぶら取り紙で脂を取っておくと、より化粧保ちが良くなります。

また、メガネの跡が赤くなってしまった場合は、コンシーラーや、イエローかグリーンのコントロールカラーを使うと、よりカバー出来ますので、いつも赤くなってしまうという人は、常備するようにしましょう。

塗り終わったら、フェイスパウダーで仕上げをして、自然な仕上がりにするようにしましょう。

鼻にメガネ跡がつきにくいメガネに変えるのもオススメ

メガネの跡を消す方法はいくつかあるとは言え、出来ればいつもメガネの跡がつかないようにしたいですよね。
そんな時は、鼻にメガネ跡がつきにくいメガネに変えるのもオススメです。

メガネの鼻当ての多くは、プラスチック素材で作られています。
プラスチックは肌当たりは良いですが、硬いので鼻に食い込んでしまうこともあります。
そういった場合は、シリコン製やスポンジタイプの鼻パットをつけてみてはいかがでしょうか。
シリコン製やスポンジタイプの鼻当ては柔らかいので、今までより鼻にメガネの跡が付きづらくなるはずです。

シリコンタイプは汗で蒸れるかも知れませんし、スポンジタイプは劣化が早いので頻繁に交換が必要なこともあり、デメリットもありますが、使ってみると鼻が楽になったり、メガネがずれる事が少なくなるなどの良いこともありますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

このようにして、鼻についてしまったメガネ跡を消す方法や、予防する方法はいくつかありますので、自分に合った方法を行いましょう。