運転免許の取得・メガネやコンタクトで視力補助をして検査を

車の運転免許証を取得したくても、視力が悪いと裸眼で視力検査をパスすることができません。そんなときは、メガネやコンタクトのような視力補助器具をつけて視力検査を受けることになります。

車を安全に運転することができないと、事故を起こしたり、運転中に危険な状態になることもあります。

視力が悪くて免許を取得できなときは、自分や周囲の安全を考えてしっかりとメガネやコンタクトを装着しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネは使い分けたほうがいい?度数によっての違いとは

メガネは度数で使い分けをしたほうがいいのでしょうか?メガネをすると視力が下がる、メガネをかけないと負...

長く使うにはどうしたらいい?セルロイドメガネのお手入れ方法

高級なセルロイドメガネはできれば長く使いたいですよね。しかし、いつのまにか白くなって新しいメガネに変...

プールでメガネが禁止の場合は?対処方法を紹介します

プールではメガネが禁止なことが多いですよね。普段、メガネをかけている人にとっては困ってしまう問題です...

メガネの耳あてがあたって痛いときにはフィッティングに行こう

メガネの耳あて部分があたって痛い・・・。こどもが触ったときに歪んでしまったのが原因?メガネ屋...

メガネの調整が必要なときとは?幅が気になるときはココを確認

メガネの幅がなんだかしっくりこない・・これは調整が必要なのでしょうか?メガネを購入して、定期的にフィ...

サングラスのレンズの傷消し方法と長く使用するための心得

お気に入りのサングラスを自分の不注意で落としてしまい、レンズに傷がつくとショックは大きいでしょう。...

運転免許取得に必要な視力とメガネ等と明記された場合の注意点

運転免許を取得するには、視力検査をパスしなければなりません。不合格になってしまった場合はメガネ着用が...

メガネが似合うファッションコーデをご紹介!女子必見です

メガネ女子になりたいと思っても、どんなファッションコーデにすればいいのか迷う人も多いのではないでしょ...

サングラスで紫外線対策効果の強いものは?選び方のポイント

サングラスで紫外線対策が強いものが欲しいときには、どんな選び方をしたらいいのでしょうか?イメ...

メガネのネジはホームセンターで手に入れて自分で修理。裏技も

メガネを使っているうちに、自然とネジが緩んでレンズが外れてしまうことがありますね。外れてしまった...

伊達メガネのレンズ交換!持ち込み交換が可能かについてご紹介

目が悪くなくてもおしゃれで伊達メガネをかけている方は、たくさんいらっしゃいます。そしてお気に...

サングラスの横幅が合わない。調整する方法や対処方法

サングラスの横幅が合わないときには調整が必要ですが、他のお店で購入したものでも直してもらうことはでき...

老眼鏡の選び方!年齢別の度数と近点チェック・失敗しない選び方

新聞や雑誌を読むとき、気がつくと腕が伸びている。スマートフォンの文字が読みにくいなどの症状に頭を悩ま...

メガネの印象は色でこんなにも違いが?似合う色の確認方法

メガネの印象が大きく変わるフレームの色はついつい無難なものを選んでしまいがちです。しかし、あ...

メガネが似合うかどうかのポイントは?選び方を紹介します

似合うメガネはどのように選べばいいのでしょうか?似合うものを知るには、まず自分の形を知ることが大切で...

スポンサーリンク

メガネは必要?車の運転免許証をとるために必要な視力

日々の生活に欠かせない車。
住んでいる地域によっては車がなくても不便なく生活できる場合もあると思いますが、就活等の理由によっては車があった方が良いなんてことも少なくありません。

そんな車を運転するためには当然ながら免許が必須となります。

免許を取得するための費用など条件は取得する免許によっても異なりますが、どの免許でも1つだけは必ず共通していることがあります。

それは「視力」です。

免許を取得する視力の条件

免許の種類によってそれぞれで定められている一定以上の視力がなければ、取得することはできないようになっているのです。

一定以上とは「両方の目で0.7以上」「片方の目では0.3以上」

基本的には上記の視力を上回っていない場合には免許を取得することができません。

ただ、この前述した視力は一般的な普通自動車の運転免許を取得する場合の視力ですので、原付や大型の免許になると定められている一定以上の視力は異なってきますので注意が必要です。

視力が悪くて車の運転免許証を取得できないときはメガネやコンタクト装着で再検査

運転免許試験の視力検査を通過できない場合には、もう1回視力検査を受けなおさなければいけません。

メガネかコンタクトを購入して改めて試験場に向かうこと

また、試験場での視力検査には受付時間がありますから、時間内に間に合わない場合には日を改めて足を運ぶ必要があります。

こうした二度手間は体力的に疲れるのはもちろんのこと、気持ち的にも悲しくなってしまうもの。

基本的には「前もって」用意しておくことが大切

「最近見えづらいなぁ…」

と少しでも自分の視力に不安を感じるのであれば、予め用意した上で視力検査に臨むことをオススメします。

コンタクトをして視力検査を受ける時は自分で申請しよう

運転免許取得時に必要になる「一定以上の視力」ですが、どんな方法で視力を上げるかは人それぞれだと思います。
メガネで視力を上げる人もいればコンタクトで視力を上げる人もいるでしょう。

「コンタクト」で視力を上げる場合には注意が必要

コンタクトをつけて視力検査を受ける際には、視力検査をしてくれる警察官にコンタクトをしている旨を伝える必要があるのです。

なぜなら発行される運転免許証の運転できる条件という欄に「メガネ等」と記載をする必要があるからです。

そのため、コンタクトをつけて視力検査を受ける場合は自ら申告するか、警察官に聞かれた際には嘘をつかずに答えるようにしましょう。

メガネじゃなくてコンタクトだからと言って視力検査が通らないということはありませんので安心して下さいね。

普段は問題がないのになぜ?運転免許の視力検査のときに目が疲れていると視力が低下することも

目は顔のパーツの中でも特によく使う部分のひとつですの、で使い方には注意しなければいけません。

  • 「明日は運転免許試験だから」と過度な勉強をする
  • スマホの使い過ぎ
  • ゲームのやり過ぎ

目の使い方によってはこうした「使い過ぎ」が原因で、視力検査に落ちるなんてことも考えられます。

そのため、基本的には免許取得の試験(視力検査)を受ける前日は、目の負担にならないような行動を心がけることが大切です。

メガネがあるからコンタクトがあるからと安心せずに、視力検査の前日はいつも以上に目を気遣ってあげるようにして下さいね。

視力が悪いと免許が取れない!合わないメガネやコンタクトは作り直しを

メガネやコンタクトを装着して運転免許の視力検査に臨んだものの、結果は「×」。
大丈夫だろうと思っていた場合には尚更気が滅入ってしまいますよね。

しかしどんなに落ち込んでも視力検査に合格することはありません。

スムーズに免許を取得するためにも一定の視力以上を確保できるメガネやコンタクトを用意しましょう。

また、メガネやコンタクトを作り直してそれでもやっぱり不安に感じるようであれば、一度眼科で視力検査を受けると良いかもしれません。
医療機関を通して一定の視力があることを確認できれば、気持ち的にも安心して再度運転免許の視力検査を受けられるはずですよ。

レーシックをしたときは運転免許の限定解除をしよう

視力矯正では「レーシック」もあります。

レーシックとは?

レーシックとは簡単に説明すると視力を矯正するための手術のことです。
メガネやコンタクトを使う必要はなくなり、裸眼で過ごすことができるようになるのが、レーシックの大きな特徴のひとつとなっています。

レーシックをしている人は何か手続きが必要?

前述したようにレーシックをした人は「裸眼」で過ごすことができるようになります。

ですから、免許証の条件欄に「眼鏡等」との記載がある場合には、その記載事項を変更するための手続きを行わなければいけません。

警察署や運転免許センター等に行きレーシックをしている旨を伝えて記載事項の変更してもらうようにしましょう。

詳しい手続きの方法や手続き可能な時間、手続きに必要な持ち物や手続きに関する料金等は警察署のホームページで確認してみて下さいね。