サングラスのフレーム選び【メンズ】自分に似合う形の選び方

サングラスにはさまざまな形があり、どれが自分に似合うのかよくわからないという方も多いと思います。
サングラスのフレームの形に迷う時には、自分の輪郭から似合う形を探すという方法がおすすめです。
そこで、メンズの輪郭別、似合うサングラスの選び方をご紹介します。フレームの形が少し変わるだけでも、顔全体の印象は大きく変わります。
店頭では、気になる形を遠慮せずにいろいろと試してみるのがおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

眼鏡のレンズの交換は、どのように行えば良いのか

購入した時はしっかり見えていた眼鏡でも、数年経つとなんだか見えづらくなってしまったり、うっかりレンズ...

オシャレに見えるメガネコーデ!メガネの形別の印象と合うコーデ

メガネをファッションに上手に取り入れれば、コーデのアクセントになってオシャレ度もアップします。ですが...

メガネの印象は色でこんなにも違いが?似合う色の確認方法

メガネの印象が大きく変わるフレームの色はついつい無難なものを選んでしまいがちです。しかし、あ...

メガネのテンプルを自分で調整する方法。熱で曲げる合わせ方

普段使っているメガネがずり落ちるようになって、メガネをよく見てみるとテンプルの部分が曲がっていたり、...

メガネをかけている高校生女子は、世間からどう思われているのか

メガネはおしゃれアイテムとして認知はされていますが、かけ方によっては野暮ったく見えてしまうこともある...

眼鏡フレームの似合う・似合わないを見極めるポイント

似合う眼鏡のフレームはどのように判断したらいいのでしょうか?毎回、同じようなものを選んでしまいがちな...

メガネのツルの直し方!曲がったプラスチックフレームを直す方法

プラスチックメガネを愛用している人の中には、メガネのツルが曲がって困っている人もいるのではないでしょ...

メガネの乱視の度数はどのように表示される?乱視について

度付きのメガネをかけているのに見えにくい、もしかして視力がまた悪くなってしまったのでは・・その症状も...

メガネを常用するときの度数とは?メガネの作り方を紹介します

仕事のときだけメガネをかけているけれど、普段も見えにくくなっているときには常用メガネが必要なのでしょ...

サングラス【レディース】の選び方ポイントはバランス

レディースがサングラスを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? 選び方を間違えて...

サングラスを購入する際のメンズの度付きの選び方や相場をご紹介

かっこいいサングラスが欲しいけれど普段からメガネをかけているから、もし買うとしたら度付きのサングラス...

伊達メガネのレンズ交換!持ち込み交換が可能かについてご紹介

目が悪くなくてもおしゃれで伊達メガネをかけている方は、たくさんいらっしゃいます。そしてお気に...

サングラスの色んな形の名称について知りたい

サングラスと一言で言っても、さまざまな形があります。あまりサングラスに詳しくない人は、「丸いレン...

メガネの鼻パットの跡が残る原因と跡を付きにくくする方法

メガネを愛用している方の中には、鼻パットの跡がくっきりと残ってしまうという方もいると思います。この鼻...

サングラスのフレームの種類と特徴。女性向け似合う形の探し方

女性向けのサングラスもいろいろな種類があり、どれを選べばいいか悩む方は多いと思います。形もさまざ...

スポンサーリンク

丸顔タイプのメンズに似合うサングラスのフレームの選び方

サングラスは女性もかけるシーンが増えてはいますが、まだまだかけている割合は男性が圧倒的に多いでしょう。サングラスは男性的イメージが強いアイテムで、男性がかけるとより男らしさとかっこよさを強調する事ができます。
是非とも自分に似合ったサングラスを選んでより男らしくかっこよくなりましょう。

サングラスの形には様々なものがあります。
基本的には顔の形が丸い場合には丸さを強調しない角ばった形のサングラス、スクエアタイプやフォックスタイプを選ぶと良いでしょう。
丸い顔は優しくなりすぎる感がありますが、それを角ばったサングラスが辛口に仕上げてくれます。

面長タイプのメンズが探すサングラスの選び方

面長タイプの顔の形にはどんな形のサングラスも似合います。

ただ気をつけたいポイントが一点だけありあます。レンズの縦の長さです。レンズの縦の長さが短いと顔の長さが長く見えてしまうので、レンズの縦の長さが長めのものを選びましょう。そうすると顔の中でのサングラスの占める割合がバランスよくなります。
どんな形でも似合うとなると非常に種類のあるサングラスの中から選ぶときに迷ってしまうという場合には、ティアドロップタイプやボストンタイプをお勧めします。ティアドロップは雫のように下部のレンズが垂れ下がった形をしているので顔の中間部分の面積が程よく隠されてバランスが良くなります。
ボストンタイプはサングラスの存在感が強く感じられる形なので、面長の顔に負けずにどっしりと決まります。
他の顔型では使いこなすのが難しい形ですが、面長タイプの方なら難なく使いこなす事ができます。

逆三角形タイプのメンズに似合うフレームの形

逆三角タイプの顔型には、サングラスの形の前にやはりレンズの縦の長さが重要になります。レンズの縦の長さが短めのものを選ぶと顔の下部のシャープなラインを強調せずに和らげて見えるようにできます。
サングラスの形はオーバルタイプやウェリントンタイプがお勧めです。
オーバルは横に細長くて丸みのあるレンズの形なので、逆三角形タイプの顔にぴったりです。かけると違和感無くお洒落で優しい印象に仕上げてくれます。
ウェリントンタイプはメガネらしいベーシックな形で適度に丸みのある形が顔に馴染み誠実で穏やかな印象を与えてくれます。

四角顔タイプのサングラスの選び方

顔の形が四角形に近いメンズの場合には丸い形のサングラスをかけると似合います。

エラが張ったベース型も四角顔に分類されます。ラウンドタイプやオーバルタイプなどの丸みの強いフレームをかけると、堅く見られがちな印象を柔らかいものに変えることができます。人は角には尖った堅い印象を、丸には優しい印象を受けるものです。その印象効果を利用するのです。

このように顔の形に合わせて似合うサングラスの形を紹介させて頂きましたが、実際人の顔は千差万別です。顔の輪郭に特徴がある場合は参考にして頂き、他は目の大きさや位置、鼻の高さや頬の肉付きなどによって似合うサングラスは異なってきます。特に影響が大きいのが眉毛の位置と形です。サングラスの上のラインが眉毛のラインと重なると自然でかっこよく決まります。
似合うサングラスはかけてみないとわかりません。私は普段メガネをかけていますが、メガネを選ぶときも同じです。フレームだけ見るととても素敵に見えてもいざかけてみると全く当てはずれな場合が多々あります。フレームの太さやちょっとしたカーブの具合でかけた時の印象は大きく違ってくる場合があります。
先入観にとらわれずにとにかく色々な形のサングラスをかけてみましょう。
実際に数多くの形のサングラスをかけて鏡を見る事が、自分に似合う一品を見つけられる秘訣です。

サングラスのレンズカラーの種類と選び方

サングラスの形が決まると次はレンズの色です。

レンズの色も実に様々な種類があり、色によって外部から見る印象だけではなく視界の見易さや気分も変わってきます。
まず、外部からみたところでは、ミラータイプのレンズは最も外部から目が見えづらくなります。外から目を見られずにハードな印象にしたい場合にはミラータイプのレンズがお勧めです。
黒やグレー系はオーソドックスで男らしくかっこよく決まります。視界ももともとの色合いを変えずに見えるので、見え方が自然です。眩しさを防ぐのにも最適な色です。
青系のレンズは赤や黄色系の色が弱まって見えます。自動車のライトなどの光が強すぎて不便を感じる場合には良い色です。外から見た印象は涼やかでお洒落ですね。
茶色系のレンズは黒やグレー系よりも穏やかで優しい印象になります。職業的にハードに見られると良くない場合などには良いでしょう。見え方は輪郭が明確になるので事物をはっきりと捕らえてみたいときに適しています。この2点を統合するとバスの運転手さんなどにもぴったりですね。
緑系は一言で言うと「自然色」です。見え方はもともとの色をバランスよく自然に見る事ができ、気持ちも自然と落ち着きます。しかし、外部から見た印象は都会的なお洒落さんでしょうか。

サングラスといえば黒グレー系か茶色のイメージが強いので、それ以外のカラーレンズをかけていると「こだわりをもって選んだお洒落な人」という印象を受けます。