サングラスのフレーム選び【メンズ】自分に似合う形の選び方

サングラスにはさまざまな形があり、どれが自分に似合うのかよくわからないという方も多いと思います。
サングラスのフレームの形に迷う時には、自分の輪郭から似合う形を探すという方法がおすすめです。
そこで、メンズの輪郭別、似合うサングラスの選び方をご紹介します。フレームの形が少し変わるだけでも、顔全体の印象は大きく変わります。
店頭では、気になる形を遠慮せずにいろいろと試してみるのがおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネ【女性40代】の選び方とは?似合うメガネを見つけるコツ

40代女性はどのようにして、メガネを選んだらいいのでしょうか?若作りしすぎるのも、老いて見えるのも嫌...

メガネの形の種類を紹介!自分に似合うメガネの形の選び方を解説

メガネの形には色々な種類があります。これから購入しようと考えている人の中には、どんな形の種類があるの...

メガネが臭いときにはこの消臭方法がオススメ臭い時の対処方法

メガネから臭いがしてくるのは何が原因なのでしょうか?消臭したいけれど、レンズやフレームに影響があるよ...

メガネの鼻パットの位置で正しいのは?ズレないポイントを紹介

メガネの鼻パットの位置が合っていないような…。メガネを使っているといつのまにかずれやすくなってし...

サングラスの似合う形を顔のタイプ別に紹介します

日本人はサングラスが似合わないと思ってはいませんか?実はきちんと顔のタイプに合わせて選ぶことで似合う...

メガネのボストン型が似合うメンズとは?メガネ選びのポイント

ボストン型のメガネが似合うのはどんなメンズなのでしょうか?顔にこのようなコンプレックスがある人はボス...

老眼になったらメガネ?それともコンタクト?対処方法をご紹介

メガネやコンタクトが合わなくなってきたら、老眼の始まりかもしれません。早いと30代から始まる老眼の症...

メガネで目が小さくなるのをどうにかしたい!解消させる方法

メガネをすると目が小さくなるのを解消したいけれど、毎日コンタクトをするのは疲れてしまいますよね。...

メガネの上手な選び方!似合うメガネ探し【レディース30代向け】

30代の女性にとって、メガネ選びは重要ですよね。上手に選ぶとおしゃれに見せることもできますが、一歩間...

ウェリントンメガネは選び方次第でみんなが似合う顔のタイプ

ウェリントンのメガネが似合う顔はどのような人なのでしょうか?誰にでも似合いやすいと言われているウェリ...

メガネで髪型がショートな女子のオススメヘアアレンジ方法

ショートとメガネは相性が良いのを知っていますか?メガネをかけるとどうしても真面目っぽく見えてしまう、...

メガネのフレームなしが似合う男性のタイプを紹介します

メガネのフレームなしが似合うのはどんな男性なのでしょうか?働くときには、知的であったり落ち着いた雰囲...

老眼鏡の度数は年齢で上がるもの?自分に合った老眼鏡選び

老眼鏡の度数は年齢と共に上がるものなのでしょうか?45歳だから、このくらいの度数を決めつけるのは止め...

メガネの鼻パットについた緑の物体の正体と綺麗にする方法

メガネの鼻パットに何やら緑色の物が付着。この物体が一体何なのかわからず、気になっている人もいるのでは...

メガネの黒縁スクエア型が似合う顔型とメガネを選ぶポイント

スクエア型の黒縁メガネは、年齢に関係なく似合う最もベーシックなタイプですが、スクエア型はどちらかとい...

スポンサーリンク

丸顔タイプのメンズに似合うサングラスのフレームの選び方

サングラスは女性もかけるシーンが増えてはいますが、まだまだかけている割合は男性が圧倒的に多いでしょう。サングラスは男性的イメージが強いアイテムで、男性がかけるとより男らしさとかっこよさを強調する事ができます。
是非とも自分に似合ったサングラスを選んでより男らしくかっこよくなりましょう。

サングラスの形には様々なものがあります。
基本的には顔の形が丸い場合には丸さを強調しない角ばった形のサングラス、スクエアタイプやフォックスタイプを選ぶと良いでしょう。
丸い顔は優しくなりすぎる感がありますが、それを角ばったサングラスが辛口に仕上げてくれます。

面長タイプのメンズが探すサングラスの選び方

面長タイプの顔の形にはどんな形のサングラスも似合います。

ただ気をつけたいポイントが一点だけありあます。レンズの縦の長さです。レンズの縦の長さが短いと顔の長さが長く見えてしまうので、レンズの縦の長さが長めのものを選びましょう。そうすると顔の中でのサングラスの占める割合がバランスよくなります。
どんな形でも似合うとなると非常に種類のあるサングラスの中から選ぶときに迷ってしまうという場合には、ティアドロップタイプやボストンタイプをお勧めします。ティアドロップは雫のように下部のレンズが垂れ下がった形をしているので顔の中間部分の面積が程よく隠されてバランスが良くなります。
ボストンタイプはサングラスの存在感が強く感じられる形なので、面長の顔に負けずにどっしりと決まります。
他の顔型では使いこなすのが難しい形ですが、面長タイプの方なら難なく使いこなす事ができます。

逆三角形タイプのメンズに似合うフレームの形

逆三角タイプの顔型には、サングラスの形の前にやはりレンズの縦の長さが重要になります。レンズの縦の長さが短めのものを選ぶと顔の下部のシャープなラインを強調せずに和らげて見えるようにできます。
サングラスの形はオーバルタイプやウェリントンタイプがお勧めです。
オーバルは横に細長くて丸みのあるレンズの形なので、逆三角形タイプの顔にぴったりです。かけると違和感無くお洒落で優しい印象に仕上げてくれます。
ウェリントンタイプはメガネらしいベーシックな形で適度に丸みのある形が顔に馴染み誠実で穏やかな印象を与えてくれます。

四角顔タイプのサングラスの選び方

顔の形が四角形に近いメンズの場合には丸い形のサングラスをかけると似合います。

エラが張ったベース型も四角顔に分類されます。ラウンドタイプやオーバルタイプなどの丸みの強いフレームをかけると、堅く見られがちな印象を柔らかいものに変えることができます。人は角には尖った堅い印象を、丸には優しい印象を受けるものです。その印象効果を利用するのです。

このように顔の形に合わせて似合うサングラスの形を紹介させて頂きましたが、実際人の顔は千差万別です。顔の輪郭に特徴がある場合は参考にして頂き、他は目の大きさや位置、鼻の高さや頬の肉付きなどによって似合うサングラスは異なってきます。特に影響が大きいのが眉毛の位置と形です。サングラスの上のラインが眉毛のラインと重なると自然でかっこよく決まります。
似合うサングラスはかけてみないとわかりません。私は普段メガネをかけていますが、メガネを選ぶときも同じです。フレームだけ見るととても素敵に見えてもいざかけてみると全く当てはずれな場合が多々あります。フレームの太さやちょっとしたカーブの具合でかけた時の印象は大きく違ってくる場合があります。
先入観にとらわれずにとにかく色々な形のサングラスをかけてみましょう。
実際に数多くの形のサングラスをかけて鏡を見る事が、自分に似合う一品を見つけられる秘訣です。

サングラスのレンズカラーの種類と選び方

サングラスの形が決まると次はレンズの色です。

レンズの色も実に様々な種類があり、色によって外部から見る印象だけではなく視界の見易さや気分も変わってきます。
まず、外部からみたところでは、ミラータイプのレンズは最も外部から目が見えづらくなります。外から目を見られずにハードな印象にしたい場合にはミラータイプのレンズがお勧めです。
黒やグレー系はオーソドックスで男らしくかっこよく決まります。視界ももともとの色合いを変えずに見えるので、見え方が自然です。眩しさを防ぐのにも最適な色です。
青系のレンズは赤や黄色系の色が弱まって見えます。自動車のライトなどの光が強すぎて不便を感じる場合には良い色です。外から見た印象は涼やかでお洒落ですね。
茶色系のレンズは黒やグレー系よりも穏やかで優しい印象になります。職業的にハードに見られると良くない場合などには良いでしょう。見え方は輪郭が明確になるので事物をはっきりと捕らえてみたいときに適しています。この2点を統合するとバスの運転手さんなどにもぴったりですね。
緑系は一言で言うと「自然色」です。見え方はもともとの色をバランスよく自然に見る事ができ、気持ちも自然と落ち着きます。しかし、外部から見た印象は都会的なお洒落さんでしょうか。

サングラスといえば黒グレー系か茶色のイメージが強いので、それ以外のカラーレンズをかけていると「こだわりをもって選んだお洒落な人」という印象を受けます。