眼鏡の鼻あてが緑になるのは緑青!原因と対処法を解説

眼鏡の鼻あてが緑に汚れていたら、一体何の汚れなのか気になる人もいるのではないでしょうか。もしかして眼鏡に苔が生えたの?と、びっくりしてしまう人もいるかもしれません。

ここでは、眼鏡の鼻あてに付着してた緑の汚れの正体や原因、掃除をする方法についてお伝えします。

予防方法についてもご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

眼鏡は顔の中心にくるものです。汚れが付着していると目立つこともありますので、汚れを綺麗にして清潔なメガネを保ちましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネ姿がかっこいい男性とは?女性が求めるメガネ男子

女性がメガネをかけている男性をかっこいいと思ってしまうのには理由があります。いったいどんなところを魅...

メガネレンズの値段の違いとは?自分に合うメガネをかけよう

メガネのレンズには値段の違いがありますが、なぜこんなにも差が出てしまうのでしょうか?私は小学校3年生...

メガネで目が小さくなるのはメイクで解消!自然に仕上げる方法

メガネをかけると目が小さくなるのが近視の人の悩みですよね。かといって、アイメイクに力を入れすぎるとな...

メガネの耳あてが臭いときには交換しかない?対処方法とは

メガネの耳あてがなんだか臭い、水洗いしても匂いが落ちないときにはどうしたらいいのでしょうか?...

サングラスレンズの黄色はどんなシーンに役立つ?色の特徴

サングラスのレンズはどんな色にしたらいいのか迷ってしまいますよね。サングラスの色はシーン別に得意とす...

メガネのネジの締め方とは。ネジなのでドライバーで締めます

メガネのネジって、とっても小さいですよね?その、小さいネジをよく見ると、きちんとプラスかマイ...

サングラスと偏光グラスの違い、メリットとデメリットについて

釣りやゴルフ、アウトドアが好きな人のアイテムとして活躍してくれるのがサングラスです。強い日差しを遮っ...

メガネのフレームの修理ができる素材と難しい素材について

メガネのフレームが折れてしまったという時には、新しいメガネを購入する方も多いと思いますが、修理するこ...

プールでメガネが禁止の場合は?対処方法を紹介します

プールではメガネが禁止なことが多いですよね。普段、メガネをかけている人にとっては困ってしまう問題です...

メガネの鼻パットについた緑の物体の正体と綺麗にする方法

メガネの鼻パットに何やら緑色の物が付着。この物体が一体何なのかわからず、気になっている人もいるのでは...

メガネのフレームなしが似合う男性のタイプを紹介します

メガネのフレームなしが似合うのはどんな男性なのでしょうか?働くときには、知的であったり落ち着いた雰囲...

メガネに似合う髪型とは?メンズにおすすめなヘアスタイル

メガネをかけているメンズに似合う髪型とは?メガネをかけていると暗く見えてしまったり地味に見えてしまう...

メガネの作り方!小さなお子さんや不器用な人でもできる簡単工作

お子さんが夏休みや冬休みの自由研究で悩んでいたら、工作でメガネを作ることを提案してみてはいかがでしょ...

サングラスのフレーム修理ができる場合とできない場合

サングラスのフレームが曲がってしまったときには修理できるものなのでしょうか?メガネのフレームは修理が...

眼鏡のレンズに寿命はある?使い分けで眼鏡寿命を伸ばそう

眼鏡のレンズに寿命はあるのでしょうか?子供のうちは、視力が低下するので視力検査をして以前より視力が下...

スポンサーリンク

眼鏡の鼻あてが緑に!緑に変色する原因は「緑青(ろくしょう)」

眼鏡を使っていてふと見ると鼻あてと接続部分に濃い緑色のものが付いている事があります。メイクにしては濃く、自分から発生したような色ではありません。濃い緑というか明るい青のようなもので鼻あてに発生する事が多いです。

眼鏡の鼻あての緑は鼻あてを接続している金属の成分により、出るさびで緑青といいます。

以前山を散策中に緑青菌という菌を見かけました。濃い緑と薄い青が混ざったような綺麗な色でした。眼鏡の鼻あてに発生するものとは違い色が同じということだけなので安心して下さい。でも顔の周辺にさびがあるのは気持ちが良いものではないです。

緑に汚れた眼鏡の鼻あてを掃除する方法

眼鏡の鼻あてにはさびや変色を起こしてしまうような汚れが付いています。

鼻あて付近の掃除方法

シリコン製の鼻あての場合はあまり力を加えると接続している部分のシリコンが割れてしまうため、優しく洗うか慎重に一度はずしてから洗いましょう。もし破損してしまっても購入店で変えてもらえる事が多いです。細かな場所を拭く場合は爪楊枝や丈串の先にティッシュやコットンを巻いて拭き取りましょう。その後は細かな部分を洗うには、小筆を使うと便利です。そのまま水洗いも良いですが、食器洗いを薄めた少量の水分を綿棒に含ませ拭くと綺麗に取れます。綺麗に取れたら水を溜めた洗面器の中で洗面器のふちに当たらないように浮かしながら震わせます。振るわせる事で奥に入った洗剤の成分を洗い出します。最後に弱く出した流水で洗い流し、乾いた眼鏡クロスで拭きましょう。

掃除の時間がないときに眼鏡の鼻あての細部汚れを綺麗にする方法

眼鏡の鼻あての緑青の応急お手入れ法

ティッシュを使って鼻あて付近を拭きましょう。指で接続部分の金属の根元を拭こうとすると鼻あてのシリコンが割れて破損してしまうため、先の細いものの先にティッシュを巻いて拭い取りましょう。

近くに綿棒がある場合は綿棒の先を少し指で潰し平らにした状態で鼻あて部分を拭くと細かな場所や奥にも届き綺麗に掃除する事が出来ます。

緑青をみてしまってそのままかけているのも気になってしまいますよね。目への影響もあるのではと心配になってしまいます。そのままにせず簡単に掃除をしましょう。

眼鏡の鼻あてが緑になったらパーツを交換する方法も

緑青は眼鏡の鼻あての付近だけではなく大きな範囲付いてしまうと変色や色素が沈着してしまいます。

セルフメンテナンスは応急処置として、眼鏡を購入した場所や、眼鏡店に行って相談しましょう。

  • 洗浄してもらう。
    眼鏡店の洗浄の機械で洗浄してもらいましょう。緑青をしっかり取り除いてもらった後、細かな振動が出る洗浄機を使って他に潜んでいるかもしれない緑青を振るいだしてもらいましょう。まだ緑青の発生箇所が小さく範囲が狭い場合は洗浄でおさえる事ができるでしょう。
  • 部分的に交換してもらう。
    鼻あて部分だけの緑青であれば、細かな部分まで緑青を除去してもらい、シリコンの鼻あての部分のみ交換してもらいましょう。眼鏡の調整の時についでに交換してもらうこっとがありますが、購入店だからなのか、作成したときのカルテを見て無料で交換してもらっています。点検のついでに交換をしてもらってはいかがでしょうか?交換をお願いする時は金額を確認してから依頼しましょう。
  • 広範囲の場合は
    眼鏡店に相談し手を尽くしてもらいましょう。あまり状態がよくない場合は購入を検討しなければならない場合があります。

眼鏡の鼻あての汚れを予防する方法

眼鏡は日ごろからメンテナンスを行う。

眼鏡が見えないと生活できない状態だと眼鏡をかけない時間はあまり無く、メンテナンスなんて思い付かないほど生活に密着していますが、メンテナンスをする事で緑青の発生を軽減する事が出来ます。顔の皮脂や外部からのほこりなどがついている場合があります。ほこりや砂でレンズに傷が付かないようにスライドしながら拭く事は避けましょう。
鼻あての部分は綿棒やコットンなどの柔らかい素材を使って拭き、それだけでは気になる場合は流水を使って洗い流しましょう。そのままでは水によって眼鏡が痛んでしまうことがあるので水分の除去もお忘れなく。

普段簡単に掃除をしたい場合は

着なくなった面素材のシャツや服を手頃な大きさにカットし洗浄後に拭く布にしましょう。着込んだ服は程よく柔らかくなり眼鏡を優しく拭くことができるでしょう。切った部分が毛羽立ったり、糸くずが出てくる場合は大きめに切って布のふちが付かないようにサッと拭きましょう。

鼻あての接続部分が無いものを選ぶ。

鼻あてとフレームの間に金属の接続が無いものがあります。私はまつげがぶつかってしまうためそのタイプは苦手なのですが、もし高さが欲しい場合は貼り付けるタイプの鼻あてが市販されており、素材がシリコンタイプのものはどのような形状のものにも貼り付ける事が出来る柔軟な素材でできています。また重ねてつける事が出来るものがあり高さが欲しいときや、顔の形に合わせて使う事が出来ます。