メガネがずれるのはどうして?防止する方法を紹介します

メガネがずれるのはどんなことが原因なのでしょうか?フィッティングをしてもらってしばらくするとまたずれてしまうときはこんなことが理由かもしれません。

ずれてしまう理由はいくつかありますが、できればお店に行くことなく自分で解決したいですよね。そんなときにはこのようなアイテムがおすすめです。防止することも大切ですが、一番の解決はやはりあの方法でしょう。その方法とは?

メガネがずれるのを防止するアイテムや対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サングラスの選び方とは?運転をするときに適したものをご紹介

運転をしているときにサングラスをかけたいと思う場面があっても、毎日のことでなければ車のサンバイザーで...

メガネをかけてメイクが崩れるのを防ぐには?鼻部分のメイク方法

メガネをかけていると、どうしても鼻部分のメイクがよれてしまいますよね。鼻は皮脂が出るところだからと諦...

メガネでスポーツをするなら固定しましょう!固定させる方法

スポーツ中にメガネがずれてしまったり、落としてしまうと危険ですよね。激しく体を動かすときにメガネがず...

メガネに似合う髪型とは?女子におすすめなのはこのヘアスタイル

メガネ女子に似合うのはどんな髪型なのでしょうか?ショート、ボブ、ロングと髪の長さ別におすすめなヘアス...

老眼鏡のレンズ交換の値段の相場はいくら?老眼鏡の買い替えどき

こないだ買ったばかりなのに、よく見えないなんだかしっくりこないというときには老眼鏡のレンズを交換して...

家メガネ女子を嫌いな男性はいない?さらに可愛く見せる方法

家でメガネ女子に変身する姿を彼氏に見せるならココだけは手を抜かないでください!メガネ姿をドキ...

メガネが似合う髪型とは?女性におすすめなヘアスタイル

女性に似合う髪型別おすすめメガネを紹介します。そろそろメガネを変えようと思っているのなら、髪型に合わ...

メガネの位置が正しいかチェック!自分でできるフィッティング

メガネがよく落ちてしまう、きつくてメガネをかけにくいなど、メガネに関してのお悩みをお持ちの方もいます...

メガネを超音波で洗浄!超音波洗浄機の使い方と使えないメガネ

メガネの細部まで綺麗に洗浄したいときは、超音波で洗浄をする方法があります。メガネ屋さんに置いてある、...

メガネフレームの正しい選び方。似合うフレームを見つけるルール

メガネのフレームにはたくさんの種類があり、自分に似合うメガネを探すのは難しいですよね。フレー...

メガネのウェリントンとは?女性に似合うウェリントンをご紹介

ウェリントンメガネはどのようなメガネなのでしょうか?オフィスでも使いやすいウェリントンメガネ...

メガネ【女性40代】の選び方とは?似合うメガネを見つけるコツ

40代女性はどのようにして、メガネを選んだらいいのでしょうか?若作りしすぎるのも、老いて見えるのも嫌...

メガネの黒縁が似合う女性と似合わない女性の違いを紹介

メガネの黒縁はシンプルだからこそ似合う女性、似合わない女性がハッキリします。しかし、自分の顔のタイプ...

運転免許取得に必要な視力とメガネ等と明記された場合の注意点

運転免許を取得するには、視力検査をパスしなければなりません。不合格になってしまった場合はメガネ着用が...

メガネの正しい選び方【男性編】失敗しないメガネ選びのポイント

メガネのフレーム選びは難しいですよね。今までとはちょっと違うデザインのメガネを掛けたいと思っても...

スポンサーリンク

メガネがずれる原因とは

フィッティングしてもらっても、メガネがずれる場合には原因がいくつか考えられます。

油分でずれる

皮脂、ファンデーションなどの油分、基礎化粧品などの油分があると、すべる事がずれる原因になります。

メガネの時は、化粧は控えめにナチュラルにした方がおすすめです。
パウダーでサラッとブラシでのせる位にして、最後に手でピタッと押さえて馴染ませましょう。
その時に油分が残っていないかチェックします。

鼻が低いとメガネがずれやすい

鼻が低ければ鼻のところで抑えられないので、どうしてもずれてきてしまいます。

また、海外のメーカーのものや男性用につくられているメガネもサイズ感が大きめですので、ずれやすい場合が多いです。

メガネを購入する時は試着が重要です、ご自身にしっかりと合うものを探しましょう。

次にメガネのずれを防止する方法をご紹介します。

メガネの鼻部分がずれるのを防止したいなら

メガネがずれる原因が分かったら、鼻の部分がずれる防止方法をご紹介します。

鼻パッドが付いているメガネ

いつもメガネがずれるという人がメガネを購入する時におすすめなのは、鼻パッドが付いているものの方がお勧めです。

シリコンなどで滑りにくい素材を選ぶ

汗をかきやすかったり、油分が多い人でもある程度滑りにくくなります。また、パッドをその人それぞれの鼻の角度に応じて調整が出来るものが好ましいです。

鼻パッドがついていないメガネの場合

鼻パッドが付いていない、プラスチックタイプのメガネの場合は、滑りやすく、また、鼻の形や高さに合わないと落ちてきてしまいやすいです。

シールタイプの滑り止め

鼻があたる部分に貼るシールで厚みや大きさに種類があり、滑り止め効果があります。
クッションタイプのものなど色々あり、安いものだと500円ほどでも市販されています。

加工

鼻パッドがついていないプラスチックタイプのメガネでも、別料金で鼻パッドを取り付ける事が可能なメガネ屋さんがあります。
店舗によって違いますので、購入したところで詳しく聞いてみましょう。

次は耳の部分がずれるのを防止する方法をご紹介します。

メガネの耳部分がずれるのを防止するアイテム

普段は大丈夫でも、スポーツや激しい動きをする時は、耳の部分からもメガネがどうしても落ちてきそうになってしまいます。
ずれるのを気にしながらだと悪影響を与えるけど、視力的に外す事も難しい場合もあります。

そのような時は、耳のところで滑らないようにできるものが便利です。

ずれる事が気になる場合は滑る事を防いでくれるシリコン素材のものがおすすめです。

また、赤く爛れてしまいやすい人には、肌に優しいコーンパットなどもあります。

耳の後ろ側に滑り止めがくるように取り付けるもの、テンプル(つる)に幅広く取り付けるもの、テンプルの自分の好きな位置に調節して付けるもの、先セル(耳にかける部分)に付けるものなど種類があります。

色や大きさ、形など種類が豊富ですのでお手持ちのメガネに合わせて試してみましょう。

また、激しいスポーツなど特にずれるのを防止するためにはバンドタイプのものもありますのでご紹介します。

スポーツでメガネがずれるのを防止するには

激しいスポーツをする時に、滑り止めだけだと落ちてしまいそうで怖い場合は、バンドタイプのものがあります。

スポーツ用バンドなどとして市販されていて、お子様から大人まで使用できるように調整が可能で伸縮性もあります。

メガネやサングラスのテンプルを、スポーツバンドの両端に付いているシリコン製の輪に差し込み、引っ張るだけで締まり取り付けられるものが殆どです。

左右から後頭部を幅広のバンドが通るようにつけるので、本格的にスポーツをする時や、元気なお子様におすすめです。

付ける時の髪はしっかりとまとめてある方が付け外しもしやすく、邪魔になりにくいです。

様々なメーカーから出しているのでデザインや色などお好みのものを探しましょう。

お値段は通常のメーカーのもので安いものだと700円位からありますが、100円均一などでも売っているところもあるようです。

メガネのずれるのはお店で直すのが一番 扱い方にも気をつけましょう

メガネがずれるなら、1番はメガネ屋さんで調整、フィッティングしてもらう事がいいでしょう。

最初は大丈夫だと思っていても、付けたり外したりするうちに、メガネは少しずつ歪んでしまいます。

その歪みを調整してもらうためにも、メガネのメンテナンスをしてもらうためにも定期的に購入したメガネ屋さんに行く事をおすすめします。

メガネの歪みを最小限にするために気をつける事

メガネを外す時は、必ず両手でテンプルの部分を持って、出来るだけ真っすぐに外します。

  1. 両手で少し持ち上げて、耳から外します
  2. 真っすぐ前に出します
  3. テンプル部分を手前にしたら、左からたたみます
  4. 置く時はメガネケースやメガネ立てに置きます

プラスチック等の硬さのあるメガネケースやテーブルなどに、レンズ側を下にして置かないように注意しましょう。