メガネがサングラスになる跳ね上げとは?跳ね上げ式の特徴

メガネがサングラスになる跳ね上げ式とはどんなものなのでしょうか?サングラスが欲しいけれど、度付きのメガネが外せない、つけ外しではなくサングラスをかけたいけれど、使わないときもあるという人におすすめな跳ね上げ式のサングラスの特徴を紹介します。

メガネをかけている人はクリップ式のものがいいでしょう。しかし、どんなときに使うかで選び方を変える必要があります。

跳ね上げ式のサングラス選びで失敗しないように、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネのレンズはキズがつくもの?キズを予防する方法とは

メガネのレンズにキズがついてしまう理由には意外にもこんなことが含まれています。乱暴に扱っているわけで...

メガネが重いのは頭痛の原因?軽くする方法を紹介

メガネが重いとすぐにズレてしまったり、頭痛の原因のような気がしてしまいますよね。メガネが重いと感じる...

メガネが臭いときにはこの消臭方法がオススメ臭い時の対処方法

メガネから臭いがしてくるのは何が原因なのでしょうか?消臭したいけれど、レンズやフレームに影響があるよ...

老眼用メガネの選び方!自分にピッタリを探す正しい方法を紹介

老眼用のメガネの選び方とは、どんなことに気をつけて選んだらいいのかわからないという人もいるでしょう。...

眼鏡と老眼鏡の違いは何?老眼鏡を初めて買う場合

眼鏡と老眼鏡にはどのような違いがあるのでしょうか?手元が見えにくい、今かけている眼鏡を外すと見え...

サングラスの紫外線カットと色の違いについて。大人女子の選び方

肌のシミやそばかすが気になる大人の女性には、サングラスで紫外線カットをするのがおすすめです。サングラ...

メガネマスクの曇らない方法とは?予防する方法をご紹介

メガネをしていてマスクをつけると、どうしても曇ってしまいますよね。この眼鏡が曇ってしまうのを予防する...

メガネに鼻当てを付けるには?アイテムや付け方を紹介します

メガネにまつ毛があたってしまう、なぜかすぐにずり落ちてしまう…そんなときには鼻当てを付けるといいでし...

カラーレンズメガネは夜にかけてもいい?夜も使えるメガネ

夜に運転をすると、対向車のライトが眩しく感じるときがありますよね。そんなときはカラーレンズメガネが必...

メガネの形の選び方。輪郭に合わせた自分に似合うメガネの探し方

メガネを選ぶ時には、自分にはどんなフレームの形が似合うのかよくわからないという方は多いと思います。自...

メガネのレンズに傷がついてしまったときの対処方法

メガネのレンズに傷が!?落としたりぶつけてしまったのであれば買い替え時と諦めがつきますが、いつのまに...

男性がメガネ姿だとモテるのはナゼ?モテるメガネの探し方

メガネをかけてモテる男性は、メガネをかけていなくてもモテるのでは?と思ってはいませんか?確か...

眼鏡の鼻あての掃除方法!歯ブラシや歯間ブラシで綺麗に掃除

眼鏡の鼻あてには、緑色の汚れやメイク・皮脂汚れなどが付着してしまうことがあります。掃除をしたいと思っ...

メガネの横幅が大きいものはあるの?メガネの合わせ方

メガネの横幅があるものが欲しい!顔の大きい人におすすめなメガネとは?どのようなメガネを選んだらい...

メガネ女子はかわいい!男子にモテるかわいいメガネ女子になろう

メガネをかけている女子をかわいいと思う男性はたくさんいます。女性からしてみれば、どうして男性がメガネ...

スポンサーリンク

メガネがサングラスになる跳ね上げ式の特徴

メガネがサングラスになる跳ね上げ式の特徴についてご紹介します。

跳ね上げ式のサングラスとは

跳ね上げ式のサングラスは、メガネの上にサングラスのレンズが被さっており、サングラスのレンズだけを持ち上げると、車のボンネットが上がるようにサングラスのレンズが跳ね上がるタイプの事です。

これは元々メガネとサングラスがくっついているタイプと、普通のメガネに跳ね上げ式のサングラスをクリップで留めて追加するタイプに分かれます。

クリップで留めるタイプでしたら、メガネかサングラスのどちらかが壊れたとしても、いっぺんに買い直したり修理する必要がありませんので、非常に経済的です。
また、メガネにくっつけて使用しますのでいちいちサングラスを掛けるために出したり、外した後にしまう必要もありませんので、手間いらずなアイテムです。

メガネがサングラスになる跳ね上げ式の値段とは

跳ね上げ式サングラスの値段とは、どのくらいのものなのでしょうか。

クリップタイプの跳ね上げサングラス

度入りではありませんし、構造もシンプルなので、値段はお手頃な千円から5千円ほどの非常にリーズナブルな価格帯です。
ツルではなくクリップで支えますので、軽くて省スペースなのも魅力です。
値段も安いので、状況や服装に合わせて色違いのレンズを購入してみるのも良いかも知れません。

クリップタイプ以外の跳ね上げメガネ

メガネの上から重ねがけをすることが出来るゴーグルのようになっているものもありますので、ご自身のメガネの形状や好みによって、タイプやデザインを選ぶようにしましょう。

レンズはUVカットの機能はもちろんですが、偏光レンズのものをおすすめします。
偏光レンズは太陽の反射光の眩しさを抑えながら、周りの景色はハッキリ見えますので、車の運転や釣りをする人向けのレンズと言えます。

メガネをサングラスにできる跳ね上げを選ぶときの注意点

メガネをサングラスにできる跳ね上げを選ぶときの注意点についてもご紹介します。

クリップタイプにも、メガネの上から重ねがけ出来るタイプにも言えることですが、「その跳ね上げ式のサングラスは、自分のメガネにつけられるものなのか」という事を必ず確認しましょう。

おおよその商品は、一般的なメガネに対応できるように作られていますが、メガネの形状によっては、付けられない場合もあります。
フレームが大きいものだったり、フレームの形が特殊な場合は、よく確認をして購入しましょう。
実際に店頭に行って、合わせておけば、自分のメガネと合わないものを間違って購入してしまうことは無くなるでしょう。
メガネ店以外にも、ホームセンターにも売られていますので、そういった場所に足を運んで試してみましょう。

メガネとサングラスが一体の跳ね上げ式の価格

メガネとサングラスが一体の跳ね上げ式の場合の価格は、どのくらいになるのでしょうか?

メガネとサングラスが一体になっていますから、クリップタイプよりも外れる心配も少ないですが、メガネの部分が度入りになりますので、値段は少しお高めの1万円から2万円ほどです。
ただし、オプションなどによっては、さらに価格が高くなる場合もありますので、ご了承ください。

一体のタイプは、レンズを拭く時にメガネ二つ分拭くような手間もありますが、本体とくっついていますので、「サングラスを付けておくのを忘れた」とか、「サングラスを置いてきちゃった」などのことがなくなりますので、便利な形式のものと言えます。

また、一体のタイプはあまり種類がないため、自分のメガネに追加できるクリップタイプか、メガネの上から重ねがけするタイプが主流のようです。

跳ね上げ式サングラスの選び方

跳ね上げ式サングラスの選び方についてご紹介します。

跳ね上げ式のサングラスはクリップタイプでしたら軽いですし、上から重ねがけが出来るタイプは、見た目がおじさんっぽくなることもありません。
しかし、どちらもメガネの上にサングラスを重ねる事になりますので、その分煩わしくなったり、重さが追加されてしまいます。

ですので、自分がどういったシーンで使用するのかなどを考えて選ぶようにしましょう。
自動車の運転や釣りなど、あまり体を動かさないような場面でしたら跳ね上げ式のサングラスがおすすめですが、スポーツやアスレチックなどの体を動かす場面ですと、跳ね上げ式のサングラスは邪魔になってしまう可能性が高くなります。

ですので、スポーツなどでサングラスを使用する場合は、度入りのサングラスや、レンズが動かないサングラスの方がおすすめです。

とはいえ、跳ね上げ式のサングラスは手軽でリーズナブルな便利なものです。
自分の使用する場面や、メガネの形状に合っているのであれば、是非購入も検討してみてください。