メガネが似合わないのはなぜ?似合わない理由とメガネの選び方

メガネをファッションアイテムとして取り入れたいと思っても、自分にはなぜかメガネが似合わない!こんなお悩みを抱えている人もいますよね。

メガネが似合わない理由がわからずに、ファッションに取り入れることをためらっている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、どうしてメガネが似合わないのか、その理由についてご紹介します。もしかしたら、似合わないメガネを選んでいるだけの可能性もありますので、これからご紹介する内容を参考に自分の顔をチェックしてみましょう。

また、似合うメガネの選び方についてもご紹介しますので、ファッションにメガネを取り入れたいという人はこちらも併せて御覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネのレンズの傷消し方法は存在しない?その理由を説明します

自分のメガネのレンズに小さくても傷が付いているのを見つけると、なんとか自分で消そうと考える人も多いで...

サングラスの選び方は眉毛で決まる!似合うサングラスの見つけ方

サングラスでクールに決めたいのに、なぜか面白くなってしまった、こんなことはありませんか?サングラスの...

サングラスのレンズの傷消し方法と長く使用するための心得

お気に入りのサングラスを自分の不注意で落としてしまい、レンズに傷がつくとショックは大きいでしょう。...

メガネが臭いときにはこの消臭方法がオススメ臭い時の対処方法

メガネから臭いがしてくるのは何が原因なのでしょうか?消臭したいけれど、レンズやフレームに影響があるよ...

伊達メガネやレンズなしはダサい?ダサいメガネの特徴

伊達メガネでレンズなしがダサいと言われてしまう理由、メガネでダサいと思われてしまう理由とは?...

メガネをケースに入れる時の正しい入れ方やお手入れ方法を解説

メガネを購入したばかりの人は、メガネをどのように扱うのが正しい取扱い方なのかわからないこともあります...

メガネのセルフレームの調整のやり方と自己流よりも専門店のワケ

メガネが落ちてくる、すぐにずれてしまうなどメガネに不具合はないでしょうか。そのメガネ、もしかする...

メガネコーデは秋が本番!おしゃれに見えるメガネを紹介

夏は暑苦しく見えてしまうメガネも涼しくなってくる秋にはコーデに取り入れたいアイテムとなります。どんな...

サングラスの選び方とは!スポーツをするレディース向け

スポーツ用のサングラスを買うときには、どのようなことを基準に選べばいいのでしょうか?レディー...

メガネのつるがゆるいときの対処法と自分で直すときの注意点とは

メガネのつるがゆるいと感じてきたら、メガネが落ちていたり、下がってきたりするのでとても不便ですよね。...

メガネの洗い方。フレームをキレイに保つ方法と注意点について

メガネの洗い方、知っていますか?レンズとフレームは顔や手の皮脂で汚れています。レンズ...

サングラスの形の種類や特徴とは?似合う型を見つける方法

サングラスにはさまざまな形や種類があります。お店に行ってひとつひとつ合わせるのもいいですが、自分の顔...

マスクでメガネが曇る女子のお悩み解決!簡単な曇り予防法を解説

世の中のメガネ女子のお悩みで多いのが、マスクをした時にメガネのレンズが曇るということではないでしょう...

メガネが似合うコーデとは?メンズにおすすめなコーディネート

メガネをメンズコーデに合わせるときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?メガネの...

メガネの種類をタイプ別に一覧で知りたいなら

メガネと一口に言っても、丸いタイプや四角いタイプなどさまざまなものがあります。それを一覧で知るこ...

スポンサーリンク

なぜメガネが似合わない?目の位置やレンズの大きさ

メガネ男子は知的でセクシー、クールな雰囲気があるという印象を持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、女子の自分がメガネをかけてもいまいち真面目そうに見えるだけ、女子だからメガネが似合わないのではないかと考えている人もいるかも知れません。

今や女子もお洒落でメガネをかける時代です。知的で女性らしく、魅力的に見せてくれるというのが今のメガネ事情です。

雑誌などに出てくる知的でかわいいメガネ女子を目指して、メガネをファッションに取り入れようとしても、いまいち自分には似合わないと思い、メガネをかけることを諦めかけている女子の皆さん。
自分にメガネが似合わないのはなぜなのか考えたことはありますか。なぜメガネが似合わないのか、その理由は、あなたが似合わないメガネを選んでいるだけなのです。

メガネのレンズに黒目の位置が合っていますか

レンズの中央に黒目がきていると、メガネをかけた印象が自然に見えます。

黒目の位置がレンズ上の方にある場合

頼りない印象になりがちです

原因としては、鼻パッドの幅が広すぎて、鼻の高さにパッドが合っていなく、メガネが下がっている場合があります。特にセルフレームの場合はパッドがなかったり、位置が合わずにメガネが下がってずれてくることも考えられます。鼻パッドのあるメガネを選ぶのが賢明です。

黒目の位置がレンズの下にくる場合

違和感に繋がります。これも鼻パッドとメガネが合っていない可能性が考えられますが、左右のレンズをつなぐ鼻の部分のブリッジの幅が鼻の高さに対して狭い場合もあるでしょう。鼻に合わせたブリッジが広いメガネを選びましょう。

似合わないメガネを選んでしまった時の印象

小顔効果を狙おうと、大きいメガネを選ぶ人もいるでしょう。その様なメガネをセレクトした際には、黒目の位置が内側にきて寄り目に見えてしまうことも考えられます。
逆に幅の小さいすぎるメガネを選んでしまうと、離れ目に見えてしまいます。

フレームは顔の幅と同程度のもの、またブリッジ幅も鼻に合った物を選ぶと、黒目の位置のズレは、解消されます。

なぜメガネが似合わないか気になったら鼻の形をチェック

メガネのブリッジ幅や鼻パッドが、あなたの鼻の形に合っていますか。

なぜ、自分にはメガネが似合わないのかと気になったときには、鼻の形をチェックしてみましょう。自分の鼻とそのメガネが合っていないことも考えられます。

特に注意が必要なのがセルフレームです。セルフレームは、男女問わず人気のフレームで、手頃な価格なものも多くデザインや種類も豊富なために人気があるのも頷けます。しかし、セルフレームに多くあるのがフレームが鼻から落ちてくるという悩みではないでしょうか。

特にお洒落な人に人気の高い海外フレームは、鼻の高い欧米人に合わせて作られている為、鼻パッドが小さいのが現状です。しかし、日本人の鼻は低めですのでしっかりと鼻あてがなければ、ずり落ちてくることも考えられます。ずり落ちた状態では、どんなに素敵なメガネでも、メガネが似合うとは言えません。

メガネの鼻パッドは日本人が開発したと言われている

レンズと目の距離感を出し、ずれないようにする役割があるのです。鼻あての位置が合わない、下にずれてきてしまうようなら、鼻パッドつきのフレームを選ぶことが賢明です。

度が入っているメガネをずり落ちたまま使用していると、視力の低下にも繋がります。もし、気に入ったメガネの鼻あてが小さかったり、鼻あてがついていない場合は、お店で相談して対応してもらいましょう。

実は、メガネは鼻が高すぎても似合いません。鼻が高いと目とメガネの距離が離れ過ぎてしまうため、目が小さく見える場合があります。そのため、似合わないと感じる人もいるようです。その様な時は、逆に鼻あてのない、セルフレームなどを選びましょう。

髪型や洋服にメガネが合わないとメガネが似合わないこともある

メガネは顔に合っているはずなのに、なんとなくしっくりこない。そのメガネが似合わないのはなぜなんだろうと頭を抱えている人にチェックしてもらいたい事があります。

髪型や洋服に、そのメガネは合っていますか

メガネだけが、何故か浮いているという人を見かけたことはありませんか。全体を見るとお洒落なのに、なぜメガネだけが浮いて見えるという人の特徴の多くは、大抵ヘアスタイルやファッションに、メガネだけが溶けこんでいない場合があります。

そのメガネが似合うかどうかは、顔だけでは判断できません。髪型や洋服などのトータルバランスが、そのメガネに合っているかどうかも重要なポイントなのです。

メガネを購入する際には、顔だけを鏡でみて似合っているかどうかを判断する人がいますが、できれば全身が映る鏡でメガネをかけた状態をチェックしてみましょう。

メガネは横からも確認し、全体のバランス見ることが大切

普段身に付けているファッションをして眼鏡店に足を運ぶのもよいでしょう。

ガッチリした人が華奢なメガネを付けたり、逆に華奢な人が厳ついメガネをすると、バランスが悪くなってしまいます。
メガネの色も注意したところです。身に付けている洋服や、肌や髪の色や形にも、メガネが似合うかどうかは大きく影響されるのです。それだけ、メガネを選ぶ際には、バランスはとても重要になってきます。

メガネが似合わないのはなぜ?顔の形とメガネの形が合っていない

自分の顔の形と、そのメガネが合っていますか。

自分にはメガネが似合わないのはなぜだろうと思っている人もいるかも知れませんが、あなたの顔の形に選んだメガネが似合っていない可能性も考えられます。

あなたの顔の形はどんな形ですか。自分の顔の形と同じ様なメガネを選んでしまうと、より顔の欠点を強調してしまうため似合わないことがあります。例えば丸顔の人が丸みのあるメガネを選んでしまうと、よりその丸みが強調されてしまい不自然に見えてしまいます。

メガネは顔の形の特徴を打ち消す様なタイプをセレクトすると、バランスが取れて印象が良くなる

丸顔の人であれば、スクエアタイプのメガネなどを選び、顔にシャープさを足すことで、顔のラインにスッキリとした印象を与えることができます。

あなたにメガネが似合わない原因は、あなたが美人すぎることも考えられます。小顔で鼻が高い人は美人な人が多いのですが、小顔の人がメガネをかけると、そのメガネの存在が強調され過ぎてしまうため、似合わない場合もあるのです。

鼻筋が通っていているような鼻が高い人は美人な印象がありますが、日本人様に作られているメガネの場合、その鼻に合わない事も考えられます。
鼻パッドの位置が合わず滑り落ちてしまったり、鼻が高いせいで目とレンズの距離が離れてしまい、更に度が入っていると目が小さく見えてしまうことも考えられます。

海外製のメガネなどは、鼻が高い北欧の人の為にデザインされていることもあるため、その様なメガネを選ぶとしっくりくるでしょう。

美人すぎる場合は、メガネがその美しさを邪魔してしまい似合わないということもあるでしょう。主張の強いメガネを選んだのであれば尚更です。メガネの特徴と、美人である特徴が喧嘩してしまいます。

美人すぎる人は、目立たない色合いの縁無しメガネなどで、メガネの印象を抑えて上げると似合うこともあります。

似合うメガネの選び方

なぜメガネがこんなにも似合わないかと悩んでいる人は、似合わないメガネを選んでいるだけなのです。是非、似合うメガネの選び方を参考にして、メガネを選んで見て下さい。
できるだけお洒落に見せようと、流行のメガネを選ぶ人は少なくありません、しかし、必ずしもそのようなメガネがあなたに似合うとは限らないのです。

顔の形や顔のパーツ、肌の色、ファッション、メイク、すべてトータルバランスでそのメガネがあなた似合っているのかどうかを確認し、メガネを選ぶ必要があります。

また、すべてが完璧であったとしても、サイズや位置のズレがあなたをメガネが似合わない人にさせている可能性もあります。ですから、しっかりとしたメガネ店でフィティングしたものをかけるということはとても重要になります。デザインはともかく、サイズ調整は慎重に行うべきでしょう。

もし、今のメガネが合わないと感じるようであれば、メガネを変えるのは勿論のこと、メガネに合わせたファッションやメイク、髪型を心がけてみるのもよいでしょう。

全体のバランスを気にすると、今のメガネが似合うこともある

自分に合ったメガネを見つけるというのは勿論のこと、どんな自分になりたいのか、そのメガネ似合わせて自分を変えてみるというのも手です。

自分に合ったメガネを選ぶのか、メガネに自分を合わせるのかはあなた次第です。似合うメガネはきっとあります。諦めずに、これぞという一本を見つけて、素敵なメガネライフをお過ごしください。