メガネの形ボストンの特徴と似合うタイプを紹介します

メガネの形、ボストンが気になる…。
いったいどんな人が似合うメガネなのでしょうか?

ボストンフレームの特徴や似合う顔のタイプとは?
また、似合うボストンを見つけるときにはどこをチェックしたらいいのでしょう?

ボストンフレームは、落ち着いた印象を与えることのできる大人なメガネなのでこんな人におすすめです。
仕事でもプライベートでも使えそうですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネクリーナーの超音波洗浄機とは?特徴を紹介します

メガネをキレイにしてくれる超音波クリーナーは、メガネが手放せない人にとって憧れのアイテムですよね。...

サングラスフレームの色は黒?ブラウン?選ぶポイントを紹介

サングラスのフレームはどんな色だとしっくりくるのでしょうか?まだまだサングラスをかけることに抵抗のあ...

オシャレに見えるメガネコーデ!メガネの形別の印象と合うコーデ

メガネをファッションに上手に取り入れれば、コーデのアクセントになってオシャレ度もアップします。ですが...

メガネの耳あてが臭いときには交換しかない?対処方法とは

メガネの耳あてがなんだか臭い、水洗いしても匂いが落ちないときにはどうしたらいいのでしょうか?...

サングラスのフレーム修理ができる場合とできない場合

サングラスのフレームが曲がってしまったときには修理できるものなのでしょうか?メガネのフレームは修理が...

メガネのレンズの正しい外し方と長持ちさせるコツについて

自分がかけているメガネのフレームとレンズの間の汚れが気になる場合、レンズを外してきれいに拭こうと考え...

メガネの耳当ての部分が臭いのは加齢臭かも。臭いを落とす方法

メガネをかけた瞬間、どこからともなく漂ってくる臭い。もしたしたら加齢臭では。加齢臭は耳の後ろ...

メガネの上手な選び方!女子向け40代でも老けて見えないメガネ

40代になるとメガネを選ぶポイントも、いろいろと変わってきますよね。「見やすいメガネ」や「疲れないメ...

マスクでメガネが曇る時の対処法!メガネの曇りを防いで快適に

マスクを着用すると、メガネが曇ることはメガネ愛用者のみなさんが直面する大きな壁です。マスクが曇ってし...

メガネをプレゼントするならこのフレーム!彼氏にあげたいメガネ

そういえば、ブルーライトメガネが欲しいと言っていたような・・彼氏にメガネをプレゼントしたいけれど、ど...

サングラスは偏光レンズと調光レンズどちらがいい?特徴をご紹介

車を運転するときに、眩しくてよく見えないというときはありませんか?サンバイザーを下げても西日のときに...

眼鏡のレンズ交換は他店で購入したフレームでも大丈夫

今使っている眼鏡が合わなくなってきたら、新しいメガネをフレームごと購入するか、レンズだけを交換するか...

メガネのコーティングが剥がれてしまう原因や予防方法を紹介

なんだか最近、よく見えないような・・とメガネを見てみると細かいキズがついている!?なんてことはありま...

サングラスの効果はいつまで?寿命と買い替えどき

サングラスの紫外線をカットしてくれる効果はどのくらいの期間なのでしょうか?サングラスの寿命とは?...

メガネケースを手作りしてみよう!簡単な作り方をご紹介します

メガネケースはメガネを購入したお店のものを使っている人も多いでしょうが、友達が持っているかわいい手作...

スポンサーリンク

メガネのボストンはどんな形?特徴とは

ボストンメガネが人気があるとは聞くけれど、ボストンはどんな形なのでしょうか。

その形や太さ、素材によっても印象が変わるし、似合う似合わないあるので知っておきましょう。

ボストン型とは

まん丸のレンズのラウンド型から、ボストン型は、フレームの下の方にいくにつれて狭くなるような形です。

ラウンド型の仲間で、丸みがあるために逆三角形まではいきませんが、下の方が上部分のフレームに比べて少し細くなっているのが特長です。

ウェリントン型と共にクラシックタイプとして有名なボストン型のメガネをかけた時に与える主な印象は、優しさや柔らかさなどがあります。

また、ボストンでも、より丸みがあるものや、フレームの上の部分が太くなっているサーモントタイプなど種類があり、それぞれ与える雰囲気が変わってきます。

同じボストンと言っても、なりたい印象や顔の形やによって形や素材、色などを選びましょう。

似合う顔の形やポイント、眉との合わせ方などをご紹介していきます。

ボストンの形が似合う顔のタイプ

人それぞれの顔の形によっても、似合うメガネは違ってきます。

顔の形別で似合うとされているボストンメガネの選び方のポイントをご紹介します

逆三角に近い顔の形の方

アゴが目立ちにくいように、丸みがあるボストンメガネを選んでカバーしましょう。

面長に近い顔の形の方

レンズの縦幅でバランスがとれるものを選びましょう。
縦幅がある程度あるとカバーしやすいです。

ベースに近い顔の形の方

エラを自然にカバーしてくれると同時に、程よい丸みが優しく見せる効果もあるのでおすすめです。

丸顔に近い顔の形の方

丸みが強いメガネをかけてしまうと、顔の丸みも目立たせてしまうために、より丸みが少ないものがおすすめです。

ボストンメガネは丸みがあるので難しいですが、合わせるとしたら、より下側にいくにつれて小さくなっていたり、縦幅が短いものを選びましょう。

特にフレームの上部のフレームが太くなっている、サーモントタイプでエッジがよりあるものがいいでしょう。

もちろん全てサイズが合っているかなども大切ですので、合ったものを選びましょう。
次に選び方のポイントをご紹介します。

メガネのボストンを選ぶときのポイント

顔の形別に似合うメガネの特徴をある程度把握したら、自分に合ったサイズや、なりたい印象によっての選び方を知っておきましょう。

目の位置の合わせ方は他のメガネと違う

通常のメガネは、メガネのレンズの中心辺りに黒目がくるようにかける事が基本なのですが、大きめのボストンメガネの場合ですと、少しだけ黒目が内側になるものを選ぶと、バランスもよくカッコよくかける事ができます。

メタル素材

顔なじみがいいメタル素材は、知的な印象やクールな印象を与えます。
スーツやキレイな服装に合わせやすいです。

セル(プラスチック)素材

カジュアルやスポーティー、ポップな服装に合わせやすいです。
個性的さや優しさ、親しみやすい印象を与えます。

黒いフレーム

レトロ感を出したり、メガネにポイントをおいて強調しやすくできます。

デミカラー

べっ甲系であるデミ柄は、合わせ方によってオシャレ感や柔らかさを出す事ができます。

濃いカラー

引き締め効果があるために、スッキリ見せる効果があります。

薄いカラー

色によって柔らかさや顔なじみのよさを印象付ける効果があります。

メガネ選びは眉の形も似合うか似合わないかのポイント

メガネを選ぶときは、眉の形のラインとメガネのフレームの上部分のラインが自然に沿っているものが基本です。
ただし、別の場合もありますので注意しましょう。

メガネを選ぶときは眉の形のラインに注意

ストレートに近い真っすぐ眉さん

メガネのフレームの上の部分も丸みの少なく眉に自然に沿っているものを選びましょう。

緩やかなカーブがあるアーチ眉さん

メガネのフレームの上の部分が眉に沿って丸みがあるもを選びましょう。

眉尻側に向かって上がっている眉さん

フレームの上の部分の眉頭の部分で合わせましょう。
丸みのあるものなどでバランスを取る事で、自然に見せたり優しく見せる事が出来ます。

眉が濃い目のしっかり眉さん

フレームが細いものや、クリア感があるもの、メタル素材のものなどで抜け感を出してバランスを取りましょう。

メガネのボストンは老眼鏡としてもおすすめ

ボストンメガネは、個性を出したり、抜け感を出したり、柔らかい印象や優しい印象を与えたり、おしゃれにかける事もできるので、伊達メガネとしても人気があります。

クリアレンズでもUVカット効果があるレンズにしてサングラス代わりにして目を守ったりするにも、大きめのボストンにおすすめです。

大きめのボストンメガネだと、伊達メガネやサングラスにお勧めなのですが、逆に度数が強い方など、あまりお勧めできない場合もあるので注意です。

通常の近視用レンズのメガネなどでは、度数が強くなればなるほどレンズが厚くなってしまいます。
しかしレンズが大きいものなら、その厚みも更に出てしまうのです。

レンズが厚ければ厚いほど。歪みの原因になり見え方が疲れやすくなります。

周りの人から見ても、近視の人は目が小さく見えたり、遠視の人は目が飛び出ているような不自然に見えたり、顔のラインも歪んで見えてしまいますので気をつけましょう。

老眼鏡としてボストンメガネを使用する事も可能です。
また、度数やレンズの大きさによって遠近両用レンズや中近両用レンズにも使用可能だったりしますので、メガネ屋さんに相談してみましょう。