メガネの鼻パットの跡が残る原因と跡を付きにくくする方法

メガネを愛用している方の中には、鼻パットの跡がくっきりと残ってしまうという方もいると思います。この鼻パットが残る原因にはどのようなことがあるのでしょうか。
そこで、鼻パットの跡が残る場合に考えられる理由と、跡を残りにくくする方法をご紹介します。

特に女性の場合は鼻パットの跡が気になるものです。メガネを外した後にも跡が残っていると、ちょっと老けた印象に見えてしまいがちです。なるべく跡が残らないように、これからご紹介することを試してみて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネで目が小さく見える時のメイク方法!近視女子のお悩み解決

近視用のメガネをかけている女性の中には、メガネのせいで目が小さく見えてしまう事に頭を悩ませている人も...

老眼鏡のレンズは交換が必要?変えるタイミングをご紹介

老眼鏡のレンズ交換はいつがベストなタイミングなのでしょうか?そこまで見えないことが不自由でなければそ...

サングラスが似合う条件とは?似合わないならココを変えよう

サングラスが似合う条件とはいったいなんでしょうか?私もサングラスなんて恥ずかしくてかけることができな...

プールでメガネをかけられないときはどうする?ゴーグルの選び方

普段、メガネをしている人がプールに行くときに困ってしまうのが目の悪さですよね。プールによってはメガネ...

メガネでレディース【40代】に似合うものとは?メガネの選び方

40代女性に似合うメガネとはどんなメガネなのでしょうか?似合うメガネの探し方は顔の形や普段の服装...

メガネで前髪がはねるのをふせぎたい!対処方法はコチラ

メガネに前髪がぶつかってはねるのをどうにかしたいときには、このような方法がおすすめです。時間...

メガネのブリッジが折れた時の修理とお店に行けない時の対策

普段使っているメガネのブリッジが折れてしまった!そんな時に真っ先に浮かぶのが「折れたフレームを瞬...

メガネをかけてメイクが崩れるのを防ぐには?鼻部分のメイク方法

メガネをかけていると、どうしても鼻部分のメイクがよれてしまいますよね。鼻は皮脂が出るところだからと諦...

メガネに付いた傷は自分で研磨できるの?レンズの傷について

メガネのレンズに付いた傷を自分で研磨して、キレイにしたい!でも、ちょっと待ってください。...

メガネの洗い方。フレームをキレイに保つ方法と注意点について

メガネの洗い方、知っていますか?レンズとフレームは顔や手の皮脂で汚れています。レンズ...

メガネに鼻当てを付けるには?アイテムや付け方を紹介します

メガネにまつ毛があたってしまう、なぜかすぐにずり落ちてしまう…そんなときには鼻当てを付けるといいでし...

メガネの選び方を解説!ウェリントン型メガネは面長顔におすすめ

メガネを上手にファッションに取り入れることで、なりたい印象になることができます。人気の高いウェリント...

ウェリントンメガネは選び方次第でみんなが似合う顔のタイプ

ウェリントンのメガネが似合う顔はどのような人なのでしょうか?誰にでも似合いやすいと言われているウェリ...

【メガネの修理】フレームについているネジ紛失の費用や修理方法

メガネのフレームが緩んでいると思ったら、よく見るとネジが取れている!すでにネジ紛失!なんてことがあり...

メガネが似合わない女性とは?似合うメガネの見つけ方

もしかして私はメガネが似合わない女?コンタクトに疲れてしまった女子がたどり着くメガネスタイル。...

スポンサーリンク

メガネの鼻パットの跡が付きやすい原因

メガネを長時間利用していると、どうしても外した時に鼻パッドの跡がついてしまって取れないという悩みを抱えている人も少なくないのではないでしょうか。メガネを外した時、鼻パッドの跡が残っていると格好悪いだけでなく、恥ずかしいなんてこともあるでしょう。

初めのうちは跡が付いてもすぐ消えたのに、最近はなかなか消えない、なんとなく黒ずんできているような気もするという人もいるかもしれません。実際、鼻パッドで鼻の同じ場所が圧迫され続けていると、そこに跡がつき、それを放置しておくと何れ色素沈着を起こし、跡が取れないということに成りかねません。

メガネの鼻パッドの跡がつく原因は様々です。

鼻パッドの高さが自分の鼻に合っていなかったり、テンプルの先の耳の部分がしっかりと耳にかかっていなかったり、顔の長さより長いせいでずり落ちてくることもあげられます。鼻パッドは広すぎても狭すぎても、メガネが下がってきて跡が付きやすくなります。

またメガネが顔の幅にあっていない場合は、こめかみが痛くなったり、メガネがずり落ちてきて鼻パッドの跡が付きやすくなります。またメガネが重い場合も、そのメガネを支えている鼻パッドの部分に跡が付きやすい原因となるのです。

購入時には、メガネ店でしっかりと顔に合わせてフィッティングしてもらったはずです。しかし、使用しているうちに歪んできたり、鼻パッドが広がってきたりすることは珍しいことではありません。

フィッティングしてもらってから随分と経過している場合には、太ったり痩せたり、顔の肉付きも変わっていることもあるでしょう。その様な場合には再度フィッティングして調整してもらわなければ顔にぴったりとは合わないでしょう。顔にしっかりと合っていないと、ずり落ちてきたり、鼻パッド部分への負担が大きくなり、跡がつくことに繋がってしまいます。

メガネの鼻パットの跡が気になる時の対策

メガネの鼻パッドの跡が気になるのであれば、対策として、メガネ店で再度フィッティングして調整してもらう事が無難です。

歪みや広がりによって、メガネの鼻パッド部分に必要以上に力がかかっている可能性も考えられます。メガネは使っているうちに、曲がったり歪んだりしてきます。落としたりぶつけたりしたわけでは無いのに、なぜずれてしまったのだろうと思う人もいるかも知れませんが、熱や経年劣化によってもズレは生じます。

何年も前にフィッティングしたっきりというのであれば、尚更です。顔の肉付きが変われば、掛け心地もかわってきます。ちょっとした違いでさえ、フィッティングに影響してくるのです。ですから、定期的にメガネ店でフィッティングして調整してもらうことが理想です。

定期的にメガネを調整してもらえば、掛け心地も良くなり鼻パッドへの負担が軽減され、跡がつきにくくなるでしょう。

大抵は無償でやってもらえますが、有料の場合でも1000円前後で調整は行えるはずです。

今の鼻パッドを、シリコンの鼻パッドに取り替えるという手もあります。大抵の場合は、元からハードパッドの鼻パッドがついています。ハードパットの利点は、耐久性と透明度が高く変色や変形しにくいという点です。しかし、汗をかくとメガネが落ちてきたり、鼻パッドがあたって痛くなるということもあります。

そんなときは、シリコンの鼻パッドに交換してみると良いでしょう。シリコン素材の鼻パッドは、柔らかく吸着性があり、肌に程よくフィットしてくれるはずです。ズレ落ちるのを防いでくれるでしょう。そのため鼻に跡がつきにくくなります。フレームの構造から、交換ができないものもありますが、メガネ店に出向いて相談してみると良いでしょう。取替が可能な場合は、安価であることが殆どです。

メガネの鼻パットは跡が残らないような特徴のものも

メガネの鼻パッドの位置が徐々に下がってくることは、不快以外の何者でもありません。下がったメガネをかけた状態では、正しい視力が得られないこともあります。

メガネが下がってくると、鼻パッドの跡が鼻に付きやすくなってしまう原因になります。

しかし、鼻パッドが変えられないセルフレームなどでは、鼻パッドの位置を調整したり、シリコンに変えたりすることは不可能です。

そんなときは、鼻パッド部分に貼り付ける、透明のシリコンタイプの鼻パッドシールを使用してみてはどうでしょうか。鼻パッドが付いていないメガネにも使用することがきます。

特にオシャレなセルフレームには、欧米などの海外製の物が多く、鼻の高い欧米人の顔立ちに合わせて鼻パッドが小さくなっている為、鼻の低い日本人には合わない事があります。そのせいで、鼻パッドがあなたの鼻に合わず、跡がつくこともあるでしょう。そんなときこそ、この貼り付けるタイプの鼻パッドをつけて見てください。高さや安定性を得ることができ、跡が残りにくくなります。

その様なメガネでなくとも、どうしても鼻パッドの跡が残ってしまうという人は、鼻パッドに直接貼るパフの様なシールもあります。化粧パフと同じ素材なので、化粧がも剥がれにくく安心です。しかし、透明ではないため若干目立つという難点もあります。目立つことを気にする場合は、シリコン製のものが無難かもしれません。

鼻パットの跡が残る原因はメガネの重さも影響

メガネを長時間使用すると、どうしてもできてしまう鼻パッドの跡。そこの跡がなかなか消えず、鼻筋が痛むという人は、メガネの重さが影響している可能性も考えられます。

少し前までは、フレームはガッチリとしたものが主流でした。しかし、現在は軽量化も進み、セルフームで合っても見た目以上に軽いというものも増えてきています。その様な軽いフレームに変えたり、レンズも薄くしたりなどの工夫次第で、メガネを軽くすることは可能です。

メガネ自体の重さを軽くすれば、それだけ鼻にかかる重さが少なくなり負担が減ります。負担が減れば、当然跡はつきにくくなるでしょう。跡が付いても、すぐに消えたり、それほど凹んでいないことを実感できるはずです。

勿論レンズが小さくなったり、細いフレームにすれば、その分メガネの重みは小さくなります。そんなデザインのメガネが似合わない、ちょっと大きめのフレームがいいという人は、是非メガネ店で相談してみましょう。

気に入ったオシャレなフレームの中にも、軽いフレームのものがあるかもしれません。レンズが少々大きくなったとしても、フレームを軽くすれば、その分重さは軽減されるでしょう。

鼻パットがないデザインのメガネに変えてみる

鼻パッドの跡がどうしても気になるという人は、いっそ、鼻パッドのないメガネをチョイスするという手もあります。

頬骨の端にパッドが付いているメガネも存在します。女性であれば、髪の毛で隠れることも多い為、前からは見えにくいというのも利点です。鼻にある鼻パッドのせいで、化粧が剥がれてしまうということもないでしょう。

ツルの部分にモダンが2つついていて、前後の側頭部を挟むことで、鼻パッドを無くしたというメガネもあります。但し、こめかみを圧迫してメガネのズレを防いでいるので、痛いと感じたり、頭痛になりやすい人は注意する必要があるでしょう。

世の中には、鼻パッドの跡に悩む人が大勢います。メガネをかけている人であれば、誰でも一度は悩むはずです。そういうことから、この様なメガネが生まれたのかもしれません。

しかし、鼻パッドの跡がついてしまったのであれば、そのまま放置しておくといづれ色素沈着に繋がってしまいます。寝る前などには鼻パッドの跡に蒸しタオルをあて、血行を促進して上げるとよいでしょう。その後軽くマッサージして上げると尚良いです。

毎日、鼻は鼻パッドで押されています。一日中あなたのメガネを支えていたのですから、その労をねぎらって、毎日優しくいたわってあげるべきです。そうすることは、少しでも鼻パッドの跡を残りにくくする方法なのです。

毎日続けることが大切です。色素沈着になってしまってからでは、どうすることも出来ません。少しでも、鼻パッドの跡が残らないように、工夫してあげることが大切です。