サングラスが似合わない女性の特徴と似合うサングラスの選び方

サングラスをしてオシャレを楽しみたいと思っても、サングラスが似合わない女性もいます。自分にはサングラスが似合うのか知りたい人もいますよね。

サングラスが似合わない顔にはいくつかの特徴があります。

ここでは、サングラスが似合わない女性の特徴についてお伝えします。自分にサングラスが似合うかどうか不安な人は、これからご紹介する内容を参考にして自分の顔をチェックしてみましょう。

また、顔の形に合わせて似合うサングラスを選ぶ方法や選び方のポイントについてもご紹介しますので、そちらをも考にしてサングラスを選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネが必要となる視力はどのくらいなのか理解しよう

視力が下がってきたと自分でも感じてはいるものの、メガネはかけたくないと感じている人も多いでしょう。...

メガネの調整の頻度とは?フィッティングのタイミング

メガネを買ったときに調整をしてもらってその後、どのくらいの頻度でまた行けばいいのかよくわかりませんよ...

メガネがずれるのはどうして?防止する方法を紹介します

メガネがずれるのはどんなことが原因なのでしょうか?フィッティングをしてもらってしばらくするとまたずれ...

男性にしてもらいたいメガネと髪型!かっこいいは作れる

メガネ男子が悩む髪型、どんなものが似合うのか迷走している人は多いのではないでしょうか?メガネ...

メガネとファッションの相性は大切!男性向けメガネの選び方

自分に合ったメガネ選びに迷った時には、どのようなことを基準に選べばいいのでしょうか。失敗のないメ...

メガネを外すと別人になるのを防ぐには?ギャップを減らす方法

メガネを外すと別人になる時、それがプラスに働けばいいですがマイナスに働くのはどうにか避けたいですよね...

眼鏡の大きいサイズをチェックするには?大きい眼鏡の見つけ方

眼鏡で大きいサイズはどれですか?と聞くのはなかなか勇気が必要ですよね。そんなときに役立つのが、自分で...

メガネ【ボストン型】似合う人の特徴や選び方と楽しむコツを紹介

メガネをボストン型のものにしたいけど、自分に似合うかどうかわからないという人もいるでしょう。メガ...

遠視の眼鏡で目が大きくなるのはナゼ?遠視メガネの特徴

遠視の眼鏡はどうして目が大きく見えてしまうのでしょうか?この違和感から、かけたくないと子供に言われた...

メガネのべっ甲フレームとは?メンズにおすすめなフレームを紹介

メンズのメガネ選びで迷うことと言えば、黒にするか茶にするかではないでしょうか?茶色のメガネに...

サングラスは安物でも効果はあるの?紫外線対策はココを確認

サングラスの安物は効果がないどころか、紫外線対策には向いていない?!色の濃いサングラスをかけていれば...

眼鏡のレンズが外れたときにはどうしたらいい?対処方法とは

眼鏡のレンズが外れたときには、すぐ直したいために自分で無理にはめてしまいたくなってしまいますが、それ...

サングラスの選び方は眉毛で決まる!似合うサングラスの見つけ方

サングラスでクールに決めたいのに、なぜか面白くなってしまった、こんなことはありませんか?サングラスの...

サングラスが似合わない理由と似合うサングラスの選び方を解説

サングラスをファッションに取り入れたいと考えていても、自分にはサングラスが似合わないというお悩みを抱...

メガネの印象をプラスに変える方法!男性向けメガネの選び方

メガネには良い印象を与えるときと悪い印象を与えてしまうことがありますがメガネ男子の印象をもっとアップ...

スポンサーリンク

鼻が低い女性はサングラスが似合わない?コツを掴んで似合うサングラスを見つけよう

街などで格好良くサングラスをかけている人に憧れて、自分もサングラスを試着してみたら、びっくりするほど似合わなかったなんて事を経験した方もいらっしゃることでしょう。
ただ単に見慣れていないからということも考えられますが、そういった理由以外にも、鼻が低い女性はサングラスが似合わないと言われていることもありますが、
日本人やアジア人の多くは、鼻の低い人が多いです。また、元々サングラスは、鼻の高い人の多い西洋から伝わったものです。

しかし、諦めるのはまだ早いです。
鼻が低ければ、サングラスのブリッジがアーチ形になっているものを選んだり、レンズももう少し小さめの物を選んだり、鼻当てにパッドを追加するなどして調整をすれば、充分に似合うサングラスを見つけられるはずです。

サングラスはオシャレ目的だけではなく、目を保護するためかける方もいますから、サングラスを買うことを諦めて目を危険にさらすなんてことの無いようにしましょう。

女性の顔とサングラスの幅が合っていないとサングラスが似合わない

鼻に特に問題が無くても、やっぱりサングラスが似合わないなんて事はありますよね。
そういった場合は、女性の顔とサングラスの幅が合っていないと言うことが考えられます。

レンズの幅が小さいものは顔が大きく見えてしまいますし、レンズが顔から大きくはみ出すようなサングラスは、アンバランスな印象になってしまいます。
小顔の人なら小さいフレームでも上手く着こなす事が出来ますが、多くの女性は小顔に見せたいと考えるのではないでしょうか。
ベストなのは、自分の顔のに対してサングラスの幅が同じくらいか、顔の幅より少し大きいくらいです。

またあまり大きすぎると、調子に乗っていると思われて、周囲から浮いてしまいます。
自然にサングラスを着こなすためには、自分の顔の幅に合っているものを選びましょう。

肌の色合いによってもサングラスが似合わない女性がいる

「鼻の高さも丁度いいし、顔の幅に合わせたサングラスにもしている。なのにまだサングラスが似合わない」なんてことも充分にあり得ます。
他に考えられる原因は、肌の色合いによってもサングラスが似合わない女性がいるといった理由からです。

日本人は、肌が白くも褐色でもない、中間の肌色をしています。
そのため、レンズの色によっては、肌の色と馴染まず、違和感が出てしまうことがあります。
そんな時に試していただきたいのが、「黒以外のカラーレンズ」または「薄い色のレンズ」です。

特に薄い茶色のレンズは日本人との肌なじみが良いと言われていますので、試しに薄い茶色のサングラスなどの他の色もかけてみてください。
もしかしたら、「同じフレームなのに、今度はしっくり来た」なんてことがあるかも知れません。

サングラス似合わない女性は眉と目の間隔が広い

さまざまな条件をクリアしたはずなのに、「まだなんだか違和感が…」そのようにサングラス似合わない女性は、眉と目の間隔が広い可能性があります。

サングラスをかけた時にベストとされる眉毛の位置は、サングラスで眉毛が隠れるか、サングラスから少し眉毛が出ているくらいです。
それに対して、眉と目の間隔が広い人は、サングラスから眉毛が大きく飛び出して見え、なんだか常にビックリしているように見えてしまいます。

そのように見えないようにするためには、サングラスの上側が眉毛と同じくらいになるものを選ぶか、眉毛の上側を剃るなどした後に、眉毛の下側を眉毛ペンシルで描き足すという技を使う必要があります。
自分の眉毛の形が極端に変わってしまいますので、強くはおすすめしませんが、自分の容姿を変えたいという人は、そういった思い切った行動をしてみるのも良いかも知れません。

自分の顔の形に合わせた似合うサングラスの選び方

人間は顔幅だけではなく、顔の形もさまざまです。
そんなさまざまな顔の形に合わせた、自分に似合うサングラスの選び方をご紹介します。

まず、サングラスは横の幅だけではなく縦の幅も重要になってきます。
レンズの縦幅は、眉毛から顎にかけての長さの3分の1が理想とされています。
ですので、面長な人は、「ウェリントン」や「ティアドロップ」のようなレンズの縦幅が広いものがおすすめです。

縦幅が短く見える丸顔の人は、レンズの縦幅が狭くてシャープに見える「スクエア」がおすすめです。

顔の縦幅は短いけど、顎が尖ってシャープな三角顔の人は、そのシャープさを活かす「フォックス」がおすすめです。

エラが張っていて輪郭が四角人は、柔らかく見える「ボストン」や「ティアドロップ」がおすすめです。

実際には試着するのが一番ですが、自分の顔のタイプを念頭に置いて、サングラスを選ぶ参考にしてください。

自分に似合うサングラスを選ぶポイント

自分に似合うサングラスを選ぶポイントで、他の大事なポイントをご紹介します。

それは、「髪型とファッション」です。
いくら自分の鼻や肌の色や輪郭と合っているサングラスを選んでも、髪型やファッションと合っていなければ、ものすごくアンバランスなものになります。
逆に言うと、髪型やファッションが合っていれば、輪郭とのセオリーとズレてしまったとしても、しっくり来るという可能性もあるのです。

ですので、サングラスを試着する時は、自分の顔と合うかを見るだけではなく、全体も鏡に写して、髪型とファッションとの調和が取れているのかも見るようにしましょう。

そうすれば、「自分はサングラスが似合わない」と思っている女性でも、他のタイプのサングラスをかければ、しっくり来るものが見つかるはずです。