メガネを買おう!黒縁の太いメガネの印象と後悔しないメガネ選び

これから黒縁メガネを買おうと思っている男性もいますよね。似合うメガネが見つかれば大人でカッコいい印象の男性になることもできます。

黒縁メガネには、フレームが太いものや細いもの、色々なフレームタイプの物があります。メガネ選びを失敗しないためにも、メガネを購入する前に黒縁メガネの印象や魅力についてチェックしてみましょう。

ここでは、黒縁メガネの印象や使いやすさ、魅力についてお伝えします。黒縁メガネを選ぶ時の後悔しない選び方についてもご紹介しますので、そちらも併せてチェックしてみてくださいね。

自分に似合うピッタリのメガネが見つかれば、印象の良いカッコいい男性に変身することもできます。素敵なメガネを選んで、毎日の生活を魅力的にしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セルロイドのメガネは修理ができない?修理可能な場合もあります

セルロイドのフレームが可愛い!好みという方は少なくないですよね。しかしセルロイドのメガネは修理ができ...

サングラスの紫外線カットの確認方法を紹介します

買ってから何年も使っているサングラスの場合、紫外線カットができているのかどうか気になりますよね。紫外...

メガネの上手な選び方!女子向け40代でも老けて見えないメガネ

40代になるとメガネを選ぶポイントも、いろいろと変わってきますよね。「見やすいメガネ」や「疲れないメ...

老眼鏡とルーペの違いとは?自分に合うメガネをかけよう

老眼鏡とルーペにはどのような違いがあるのでしょうか?老眼鏡は年を感じさせるからとかけるのを先延ばしに...

メガネの鼻パットの位置で正しいのは?ズレないポイントを紹介

メガネの鼻パットの位置が合っていないような…。メガネを使っているといつのまにかずれやすくなってし...

運転はメガネ?コンタクト?それぞれの特徴を紹介します

運転をするときはメガネをかけますか?それともコンタクトですか?慣れているものが一番ですが、運転に向い...

老眼鏡の度数の調べ方は簡単?あなたに合った老眼鏡の探し方

最近、近くのものが見えにくい、新聞を読んだあとに視界がぼやける、などなんとなく違和感を感じ始めたら老...

老眼鏡のレンズの種類とは?それぞれの特徴を紹介します

老眼鏡のレンズにはどのような種類があるのでしょうか?遠近両用、中近両用、近用などのレンズの種類の特徴...

メガネのレンズの非球面とは?非球面レンズの特徴をご紹介

メガネのレンズは非球面のほうがいい?今までは球面レンズだったけれど、進められたとおりに非球面レンズに...

メガネのフレーム持ち込みが安いとは限らない!理由と料金

メガネのレンズだけ交換したいときにはフレーム持ち込みしたほうが安いのでしょうか?フレームが気...

サングラスの選び方のポイントとは?色やイメージで選ぼう

サングラスはどんなものが日本人に似合うのでしょうか?日本人にも似合うサングラスの選び方のポイントとは...

長く使うにはどうしたらいい?セルロイドメガネのお手入れ方法

高級なセルロイドメガネはできれば長く使いたいですよね。しかし、いつのまにか白くなって新しいメガネに変...

老眼鏡と遠近両用の違いとは?遠近両用メガネの選び方をご紹介

老眼鏡と遠近両用メガネにはどどのような違いがあるのでしょうか?どちらも同じものではないの?と思ってし...

メガネがずれる原因は何?ずれるメガネの対処方法

メガネを買ったときににはしっかり調整してもらい顔にフィットしていますが使っているうちになんとなくゆる...

老眼鏡の度数は年齢で上がるもの?自分に合った老眼鏡選び

老眼鏡の度数は年齢と共に上がるものなのでしょうか?45歳だから、このくらいの度数を決めつけるのは止め...

スポンサーリンク

太い黒縁メガネが与える印象

黒縁メガネは使いまわしやすく人気の高いメガネフレームのひとつですが、その使いまわしやすいメガネでもフレームの形や太さによって、与える印象は変化しています。

太い黒縁メガネは個性的でインパクトのある印象

黒縁で太めのフレームとなるとおそらくフレームはプラスチック製のもの、いわゆるセルフレームでしょうから、与えている印象は個性的で存在感があり、なおかつ親しみやすいというものではないかと思います。

このようにメガネはフレームの太さと色、そして素材でもどんな印象を与えるかということが変化するものであるため、最も手軽にイメージチェンジが出来るファッションアイテムのひとつと言えるのではないでしょうか。

同じ黒縁のメガネでも素材が金属のメタルフレームに変わると相手に与える印象はクールなものになります。

そんな特徴を知っておくと、イメージチェンジがしたいなと思ったときに効果的にメガネを使えるかもしれませんね。

太いフレームも人気!黒縁メガネは使いやすいアイテム

黒縁メガネはビジネスでもプライベートでも使い回せるため、そうした点でも使いやすいフレームです。

太めなものでも形状によりビジネスシーンで使っても違和感をもたせませんし、メタルフレームなら知的で信頼できる印象を与えてくれるアイテムです。

ビジネスシーンでのメガネ

スクエアやウェリントンのようなフレームが愛されており、スクエアは直線的でシャープなデザインがきちんとしているイメージをプラスしてくれるためビジネスで使いやすいメガネといえます。

ウェリントンは逆台形型のフレームのメガネなのですが、昔からあるクラシックなタイプのフレームで安定感があるというようなイメージを持たれる方が多く、セルフレームとメタルフレームが組み合わさっているような物もあり男性でも使いやすく、なおかつビジネスにも合わせやすいと人気です。

フレームの与える印象で仕事でもプライベートでも使いやすいアイテムとなりますので、黒縁メガネがほしいならどんなフレームがどんな印象を持たれやすいかということも加味して考えていくとさらに効果が引き出せそうですね。

黒縁メガネで人気の形

黒縁ネガネの中でも使いやすいと人気のフレームは、先述したふたつのほかにボストンと呼ばれるフレームがあります。

ボストンフレームはウェリントンよりも丸みのあるフレームが特徴なのですが、こちらはクラシカルな印象のあるフレームでメイクやファッションとのバランスが取りやすいと女性に人気です。

ファッション誌などでモデルが使用していたことがきっかけで火が付き、クラシカルでレトロなイメージが可愛らしいと使う方がぐっと増えました。

メタルフレームの華奢なものがより可愛らしい雰囲気を出しやすく、黒縁ならどんなファッションでも合わせやすいためそういったものを使っている方が多いです。

メガネはこのようになりたい雰囲気で選ぶということも重要です。

自分がメガネをかけているときにどんなふうに見られたいか、どんな自分が好きかなどで判断してみて、好きなフレームを選んでみましょう。

太いフレーム?細いフレーム?似合う黒縁メガネの選び方

様々なファッションに合わせやすい黒縁メガネですが、自分の輪郭や顔のパーツに合わせて色々なフレームを試しながら選んでいくのがおすすめです。

メガネは自分の眉から顎の3分の1の長さの縦幅のレンズの物を選ぶ

なおかつレンズの中央、もしくは内側寄りに瞳が来ていることを確認してください。

顔に食い込んだり、あまりにも大きすぎたり、耳が痛いということがなければ大丈夫です。

黒縁のメガネは基本的にかっちりとした印象を持たせるメガネですが、合わせるお洋服によって雰囲気を変えられるメガネでもあります。

カジュアルに見せたいときはカジュアルなお洋服に合わせてみる、ビジネスシーンに合わせるならかっちりとした印象をより引き立たせられる形にしてみましょう。

メガネを購入するときは次の項目で紹介する最終チェックも忘れずに行って、お気に入りのメガネを手に入れてくださいね。

お気に入りの黒縁メガネを見つけたら最終チェックを忘れずに

メガネはデザイン性だけでなく掛け心地も大切です。

先述した顔に合っているかのチェックの後はフィッティングをしてもらうことをおすすめします。

顔を左右に振ったときにずれてしまってはいけません。
店員さんにしっかりとフィッティングしてもらい、ずれることがなく、骨格に合う形にしてもらい、使っているうちに痛くなってきた、というようなことが無いようにしましょう。

もし大きめな黒縁レンズのメガネを選んだとしたら、使っているうちに重さに耐えきれなくなってしまうかもしれません。
もしスタイリッシュに見せようと、レンズ幅の短めなフレームを選んだとしたら、視野が狭くなったことに慣れるまで時間がかかってしまうかもしれません。

メガネを購入するときはデザインだけでなく、かけて生活してみることを想像して初めて分かることなどもあります。

購入するときにしっかりと鏡の前で確認し、さらにレンズを入れる前の状態で少し動いて本当にフィットしているかなどを調べましょう。

満足行くものであれば、そこではじめてレンズを入れてもらって購入に至りましょう。

失敗しないメガネ選びはレンズを入れるまでの間に気になることを調べ、疑念を解消すること

少し面倒だと思うかもしれませんが、メガネはファッションアイテムであり、視力の矯正器具です。

似合っていることやずれないこと、掛けていて痛くないこと、視力にあっていることなど全て含めて快適なメガネと言えるのではないでしょうか。

自分が快適に使えるメガネかきちんとチェックしながら選んでいきましょう。