サングラス【スポーツ】で野球をする人に選んでほしいのはコレ

スポーツサングラスにはさまざまな種類があり、どんなものを選べばいいのか迷ってしまいますよね。
野球をするときには、どのようなスポーツサングラスが適しているのでしょうか?

野球ならではの、選ぶポイントとは?
サングラスをするのは恥ずかしいとかけない人もいるかもしれませんが、野球用サングラスにはこのようなメリットがたくさんあります。

野球用のサングラスの特徴や選び方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

顔のタイプ別メガネの選び方とは?モテるメガネを見つける方法

自分の顔に合うメガネの選び方とは?なんとなくいつもと同じような無難なものを選んではいませんか?...

サングラスのフレームの種類をおすすめ顔タイプ別に紹介します

サングラスは日本人に似合わない?いえいえ、そんなことはありません。自分の顔のタイプにあったフレームの...

メガネが似合うコーデ【冬】のポイントを紹介します

冬のコーデはなんとなく重くなりがち。メガネをするとなおさら地味に見えてしまう、そんな悩みを解決するコ...

紫外線カット効果のあるサングラスが女性におすすめな理由

サングラスは強い日差しから目を守ってくれる効果がありますが、それ以外にも嬉しい効果があります。女...

メガネのスポーツ用を購入する!野球用を選ぶときのポイント

子供が野球をするときにはどのようなスポーツ用メガネを選んだらいいのでしょうか?小学生のうちは壊してし...

メガネのテンプルの長さとは?短いもの見つける方法

メガネを選ぶときにはどんなことを基準にしていますか?似合う、似合わないで選ぶことはもちろん掛け心地も...

メガネのセルフレームの調整のやり方と自己流よりも専門店のワケ

メガネが落ちてくる、すぐにずれてしまうなどメガネに不具合はないでしょうか。そのメガネ、もしかする...

メガネでスクエアタイプが似合うのは?メンズメガネの特徴や印象

メガネのフレーム選びは本当に一苦労ですよね。いくつのもの店舗に足を運んで、いくつかを試しに掛けてみた...

サングラスのフレーム修理ができる場合とできない場合

サングラスのフレームが曲がってしまったときには修理できるものなのでしょうか?メガネのフレームは修理が...

メガネで前髪が邪魔なときのヘアアレンジと対処方法

メガネに前髪がかかって邪魔、こんなときはどうしたらいい?切ったほうがいい?それとも保留?伸ばすべき?...

メガネの耳あてが臭いときには交換しかない?対処方法とは

メガネの耳あてがなんだか臭い、水洗いしても匂いが落ちないときにはどうしたらいいのでしょうか?...

サングラスと偏光グラスの違い、メリットとデメリットについて

釣りやゴルフ、アウトドアが好きな人のアイテムとして活躍してくれるのがサングラスです。強い日差しを遮っ...

メガネの鼻パットについた緑の物体の正体と綺麗にする方法

メガネの鼻パットに何やら緑色の物が付着。この物体が一体何なのかわからず、気になっている人もいるのでは...

ウェリントンとボストンの違いを解説!似合うメガネを見つけよう

メガネを購入しようと考えている人の中には、ウェリントンとボストンのどちらのメガネを購入しようか悩んで...

スクエアメガネが似合う人とは?知的なレディースになれるメガネ

スクエアメガネはメンズに人気なメガネですが、レディースにもおすすめなメガネとなります。とくに、ビジネ...

スポンサーリンク

野球をするときにスポーツサングラスが必要な理由

野球をする時にサングラスを使うと、どんなメリットがあるのか調べてみました。
自分が野球をしているときの悩みがサングラスで解消できそうか、考えつつ見て行きましょう。

野球用サングラスのメリット

フライボールのエラーを防ぐ

太陽光のまぶしさは、フライボールを取るうえで天敵となります。
日中に屋外で野球をプレイするなら、このフライボールをキャッチするときに弊害となる太陽光を遮るために、サングラスをしている方が有利に働くこともあります。
まぶしさによってエラーが出てしまうのは何とも悔しいものです。
サングラスの着用で直接太陽を見なくて済むので、野球用サングラスはフライボールでのエラーを防げる確率が上がるという効果を得られます。

目の保護になる

屋外で野球を行う時は天気や風向きによって条件は違えども、屋内で行うよりも目に異物の入る確率が上がります。
風に乗ってグラウンドの土や砂が目に入ってしまうと競技の妨げになります。
それらを防ぐためにもサングラスは効果を発揮してくれます。

視力矯正にも使用できる

野球用サングラスに度付きのレンズを採用することで視力矯正も行えます。
コンタクトを着用せずメガネと同じ感覚で、さらに太陽光や紫外線を防ぎながら使えるので今までよりも快適に野球を楽しめるようになります。

これらのような理由で野球用サングラスを使っている方が多く、これらのことにお悩みの場合は取り入れてみてもいいかもしれません。

野球用のスポーツサングラスを選ぶときのポイント

野球用にサングラスを新調するときは、いくつか気を付けたいことがあります。
スポーツの時に使うものですから、耐久性や機能性についてはしっかりと選びたいものです。

どんな点にどんなふうに気を付けて選ぶのかいいのか、ポイントをまとめてみました。

耐久性が重要なポイント

スポーツサングラスを選ぶうえで、耐久性は重要なポイントとなります。
野球はスポーツの中でも激しい動きを伴うものです。
サングラスが外れてしまったり、飛んでしまったりしたときにも、壊れないものであることが必要になってきます。
レンズだけでなくフレームにも耐久性の違いがありますので、よく比較して長期的に使える耐久性のあるものを選びましょう。

スポーツサングラスは紫外線カット率の高いものを

次に重要なのが紫外線カット率です。
紫外線はカット率の高いものを選びましょう。
野球用サングラスを使うのは屋外が基本となります。
野球を行うのは原則天候のいい日なので、長時間にわたる炎天下でも耐えられるよう紫外線カット率が高く、目を紫外線から守れるものがお勧めです。

紫外線カット率は商品により異なり、カット率が50%のものもあれば99パーセントのものもあります。

販売されているものなら表示のあるものがほとんどだと思いますので、注目しておきましょう。

野球用サングラスはフィット感が重要

さらに大事な判断基準、それはフィット感です。

スポーツをするときにはズレの無いサングラスを使いたいですね。
野球をしているときに競技の妨げにならない適度なフィット感のものを選ぶ必要があります。
しっかり固定できるものでも長時間付けていると、耳や鼻などサングラスの当たっている部分に痛みが出てくることもありますし、あまりに緩いとサングラスのずれが気になって競技に集中できません。
ずれるものは飛んでいったまま紛失してしまったということもありますので、フィット感のちょうどいいものを探しましょう。

サングラスは実際にかけて試してみてかけ心地を確認したうえで、自分の骨格に合うサイズ感、さらに骨格に合うフィッティングを行ってもらいより快適に使える状態にするのがいいでしょう。

野球用のスポーツサングラスで一番大切なこと

野球のためにスポーツサングラスを選ぶポイントを紹介してきましたが、その中でも一番重要と言えるのがレンズについてです。

サングラスにはいろいろなレンズがありますが、野球をする環境下で必要な視界を確保できるレンズは「偏光レンズ」という種類のものになります。

この偏光レンズとは、まぶしさの原因である反射光をカットしてくれるレンズのことです
レンズの間に特殊なフィルムを挟み込むことで、まぶしさを軽減してくれるのです。
まぶしさを軽減してくれるといっても普通のサングラスとは違い、反射光をカットしているためより視界がクリアになります。

この偏光レンズには色が付くことで偏光の力を発揮できるという特徴があるため、同じ偏光レンズでも色が薄いものと濃いものだと濃いものの方が反射をカットする度合いである偏光度が高いということになります。

実際に野球をプレイしているときに、どのようなまぶしさを感じているかということを思い出しながら、自分の見え方似合う色と偏光度のものを選ぶのが、より野球を楽しめる環境を作ることにつながるでしょう。

自分の目の特徴や視力なども確かめながら、自分の快適な見えやすさのサングラスを選びましょう。