サングラスが似合う条件とは?似合わないならココを変えよう

サングラスが似合う条件とはいったいなんでしょうか?私もサングラスなんて恥ずかしくてかけることができないと思っている人間の一人ですが堂々とかけている人を見るといいなぁと羨ましくも思っているのも否めません。

サングラスなんて似合うはずないと決めつけてはいませんか?似合う条件に当てはまらないのなら当てはまるものを選べばいいだけです!

今年こそサングラスデビューしてみませんか?サングラスが似合う条件を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

老眼鏡は必要?近視でメガネをかけている人の老眼鏡の選び方

近視でメガネをかけている人は老眼にならないというのはホントでしょうか?なぜ、このように言われているの...

サングラスのフレームの種類をおすすめ顔タイプ別に紹介します

サングラスは日本人に似合わない?いえいえ、そんなことはありません。自分の顔のタイプにあったフレームの...

伊達メガネのレンズ交換!持ち込み交換が可能かについてご紹介

目が悪くなくてもおしゃれで伊達メガネをかけている方は、たくさんいらっしゃいます。そしてお気に...

メガネがサングラスになる跳ね上げとは?跳ね上げ式の特徴

メガネがサングラスになる跳ね上げ式とはどんなものなのでしょうか?サングラスが欲しいけれど、度付きのメ...

メガネでメイクをしたら濃くなりがち可愛いく見えるメイク方法

メガネを掛ける時にメイクをするとなぜか、頑張っている感が出すぎてはしまいませんか?コンタクト...

メガネのスポーツ用を子供に買うときのポイントや選び方

子供にスポーツ用メガネを買うときには、どのようなことが選ぶポイントとなるのでしょうか?スポー...

メガネの鼻当ての直し方のコツと道具を紹介。直す時の注意点も

数年使ったメガネは色々なところに不具合が出てきます。鼻当ての部分もぶつかったり、普通に使って...

サングラスの形の種類と特徴!正しいメンズサングラスの選び方

メンズのサングラスにはさまざまな形があり、自分に似合う形はどれなのだろうと迷う方も多いと思います。...

メガネと髪型のロングを合わせるときのおすすめヘアスタイル

髪型のロングはいろいろなヘアアレンジができますがメガネと合わせるときには、どんなスタイルがおすすめな...

メガネの黒縁が似合うメンズとは?似合うメガネを見つける方法

メガネの黒縁をかけたメンズが好きな女子は多いようです。しかし、誰でも似合うというわけではありません。...

スクエアメガネが似合う人とは?知的なレディースになれるメガネ

スクエアメガネはメンズに人気なメガネですが、レディースにもおすすめなメガネとなります。とくに、ビジネ...

メガネを作る時に必要な視力と度数について正しく理解しましょう

メガネを作るためには視力検査だけすればいい、そう思っていませんか。実は、視力だけではなく「度...

眼鏡と老眼の遠近両用とは?遠近両用メガネの特徴や選び方

眼鏡と老眼の遠近両用レンズにはどのような特徴があるのでしょうか?また、遠近両用メガネを選ぶときに気に...

メガネを買おう!黒縁の太いメガネの印象と後悔しないメガネ選び

これから黒縁メガネを買おうと思っている男性もいますよね。似合うメガネが見つかれば大人でカッコいい印象...

マスクでメガネが曇らないようにする方法やアイテムをご紹介

マスクをするとメガネが曇ってしまうのが嫌!という人は多いと思います。走ったわけでもないのに、息が荒い...

スポンサーリンク

サングラスが似合う条件は顔の形と違うフレームを選ぶこと

同じ日本人でもサングラスを格好良くかけている人と、なんだかサングラスが似合わない人がいますよね。
それは、顔の良し悪しだけで決まるものではありません。
サングラスの似合う条件は顔の形と違うフレームを選ぶことにあります。

四角い顔の人が四角いフレームをかけたり、丸顔の人が丸いフレームをかけると言うのも、決して悪いことではありません。
しかし、その輪郭を気にしているという人は、それが強調されてしまい、なんだかサングラスが似合わないなんてことも起きる可能性があります。

自分は卵型の顔だと思っていても、厳密な分類で言えば丸顔かも知れません。
ちょっと違和感を感じたら、別の形のフレームのサングラスを試着してみましょう。

サングラスが似合う人はこの条件を外さない

特段イケメンというわけでもないのに、そつなくサングラスを着こなしている人ってよくいますよね。
サングラスが似合う人はこの条件を外さないからだと思われます。
フレームの形以外にも、こういったことを実践してみましょう。

サングラスの鼻パッドが自分の鼻に合っているか

サングラスによっては、鼻パッドが高く作られていたり、低く作られているものがあります。
鼻が高い人は鼻パッドが低くても問題ありませんが、鼻が低い人ですと鼻パッドが高くないと、サングラスと上手くバランスを取ることが出来ません。
鼻パッドの高さはメガネ店に相談すれば変えることが出来ますので、合わないと思ったら相談してみましょう。

眉毛はサングラスで隠れるか

サングラスをかける時に、眉毛が大きく離れていると、なんだか間の抜けた感じになってしまったり、幼く見えてしまうこともあります。
出来ればサングラスで眉毛が隠れるか、眉毛がサングラスに掛かる程度になるものを選びましょう。

濃いサングラスは日本人に似合わないことが多い

サングラスと言えば、真っ黒に濃いレンズを思い浮かべると思いますが、濃いサングラスは日本人に似合わないことが多いので要注意です。

日本人の多くは、ホリの深い外国よりも平坦な顔をしています。
そんなのっぺりした日本人の顔ですと、濃いサングラスは合わないことが多いです。

ですので、真っ黒なレンズのサングラスをかけた時に似合わないと感じたら、グレーや青などの色の薄いサングラスを試してみてください。
思っていた以上に似合う可能性があります。
サングラスのレンズは、他にも黄色やグリーンなどもありますので、濃淡の違いや色の違いを変えれば、自分に似合うサングラスが見つけられます。

その時は、服装もサングラスを相性の良いものを選ぶようにしましょう。
ちゃんとおしゃれにしないと、せっかくのサングラスがもったいないですよ。

サングラスが似合う条件。髪型について

サングラスが似合う、似合わないは、自分の顔とサングラスのバランスだけではなく、髪型も大きく関わってきます。
サングラスが似合う髪型にして、より格好良くなりましょう。

短髪の人がサングラスをかける場合

サングラスをかける時は、ツルを耳にかけますので、中途半端な長さだと、もみあげ付近の髪がハネてしまったり、かと言って髪をツルの内側に入れたら、ぺしゃんとして変な感じになってしまいます。
そうならないように、髪は短くしましょう。
特にツーブロックにするともみあげ周りがスッキリしますので、サングラスとの相性もバッチリです。

長髪でサングラスをかける場合は服装に気をつけよう

中途半端な長さだともみあげ周りの髪をどうしていいのかわからなくなりがちですが、いっそ長い髪でしたら、髪がツルの外側にあっても変なハネ方をしません。
とはいえ、長髪の男性がサングラスをかけると怪しい感じになりがちですので、服装にも気を使うことを忘れないようにしましょう。

テーマパークや海なら誰でもサングラスが似合う!気にせず楽しみましょう

天気の良い日のテーマパークや海は日差しが厳しいですから、サングラスをかけている人を多く見かけます。
その時に「あの人サングラスが似合わなくて変だな」と思うことは少ないのではないでしょうか。
強い日差しのせいか、不思議とテーマパークや海なら誰でもサングラスが似合うのです。
似合うかどうかなどを気にせず楽しみましょう。

サングラスは元々日差しの眩しさを抑えたり、紫外線から目を守るためにかけられるものです。
似合うかどうかも大切ですが、機能面でもしっかり確認して購入するようにしましょう。

安いサングラスの中には、レンズの色が濃いだけで、UVカットの機能が備わっていないものもあります。
そういったサングラスは、開いた瞳孔から紫外線が多く入ってしまいますので、瞳にダメージが加わってしまったり、日焼け止めを塗っているのに肌が日焼けをしてしまうこともあります。
必ずUVカット機能のあるサングラスを選びましょう。

また、サングラスは5年ほど経つとUVカットの効果が弱まってしまいます。
5年前後のタイミングで新しいサングラスに買い替えたり、レンズを新しいものに交換しましょう。

そのようにして、サングラスを選んでいけば、自分に似合うだけではなく、機能面でも優れたサングラスを購入することが出来ます。