顔の小さい人におすすめなサングラスとは?選び方を紹介します

顔が小さいとサングラスが似合わない…。

どうしても子供っぽく見られてしまうと悩んでいる人におすすめなサングラスとは?
確かにサングラスをかけても顔が小さいと子供っぽく見えてしまいますよね。
しかし、サングラスはトータルコーデです。

バランスを考えて選べば、小顔の人も似合うサングラスを見つけることができます。サングラスを選ぶときのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

老眼鏡の度数は年齢で上がるもの?自分に合った老眼鏡選び

老眼鏡の度数は年齢と共に上がるものなのでしょうか?45歳だから、このくらいの度数を決めつけるのは止め...

メガネをするとメイクが見えない、そんなときの対処方法

メガネを普段かけている人はメイクをするときに見えないけれど、そのときだけコンタクトするのも大変ですよ...

メガネの鼻パットの跡が残る原因と跡を付きにくくする方法

メガネを愛用している方の中には、鼻パットの跡がくっきりと残ってしまうという方もいると思います。この鼻...

チタンフレームの特徴とは?メガネを選ぶポイントを紹介します

チタンフレームのメガネにはどのような特徴があるのでしょうか?いつもはフチの印象が強いセルフレームをか...

メガネの黒縁をかけるなら細いもの!オススメな理由とは

黒縁メガネは、真面目な印象を与えることができるファッションアイテムですが、付け方を間違えてしまうと地...

メガネの曇り止めは薬局で買えます!曇り止めについて

寒い時期や花粉症の季節に困ってしまうのがメガネの曇りですよね。このメガネの曇りは気にしていながら...

メガネがずれる原因は何?ずれるメガネの対処方法

メガネを買ったときににはしっかり調整してもらい顔にフィットしていますが使っているうちになんとなくゆる...

メガネの種類とは?名称と似合う顔のタイプを紹介します

いざ、メガネを選ぼうとしてもどんなものが自分に似合うのかわかりませんよね。そもそも、メガネにはどのよ...

老眼鏡の度数の調べ方は簡単?あなたに合った老眼鏡の探し方

最近、近くのものが見えにくい、新聞を読んだあとに視界がぼやける、などなんとなく違和感を感じ始めたら老...

鼻にふきでものコレはメガネが原因?メガネニキビの予防方法

メガネをしていると、鼻にニキビができやすい?鼻の部分、しかもメガネが当たるところにニキビができる...

メガネに鼻当てを付けるには?アイテムや付け方を紹介します

メガネにまつ毛があたってしまう、なぜかすぐにずり落ちてしまう…そんなときには鼻当てを付けるといいでし...

サングラスをかけるとき日本人は眉毛をだすからダサくなる

サングラスは日本人に似合わないと思ってはいませんか?実はサングラスの似合わない原因のひとつに眉毛が出...

メガネの正しい洗い方とは?洗剤を使うなら○○洗剤

正しいメガネの洗い方を知っていますか?あなたがメガネを洗うときに使う洗剤によってはメガネを傷つけて寿...

メガネ【メンズ】の選び方とは?メガネ選びのコツとポイント

いつも同じようなメガネのフレームを選んではいませんか?顔の印象が変わって見えるメガネは、なかなか服の...

長く使うにはどうしたらいい?セルロイドメガネのお手入れ方法

高級なセルロイドメガネはできれば長く使いたいですよね。しかし、いつのまにか白くなって新しいメガネに変...

スポンサーリンク

顔が小さい人に合うサングラスとは?ココがポイント

サングラスの役目と言えば、強い夏の日差しから、目を守ってくれることに他なりません。または、眩しさや紫外線を低減するために着用する人も多くいます。

目を守るためにかけるアイテムとは言え、できれば、海外セレブの様に、カッコよくサングラスをかけ熟したいと願っている人は少なくないでしょう。
今やサングラスは、オールシーズン取り入れられる、アクセサリーの様なものなのです。
しかし、顔の小さい人がサングラスをかけると、逆にそのサングラスの存在だけが大きくなり、イマイチ似合わないということもあるでしょう。大人っぽさを取り入れようとサングラスをかけたはずなのに、逆に子供っぽく見られてしまうことも考えられます。

それは、あなたの顔の大きさに、サングラスが合っていないせいです。あなたの顔が小さい場合は、大きすぎるレンズや、太いフレームのサングラスは避けるべきでしょう。
顔の横幅と同じ位か、それより少し小さいものが全体のバランスがよくみえます。大きすぎると、インパクトが強くなり、バランスが上手く取れません。寄り目を想像させてしまう場合もあります

濃いレンズのサングラスの場合、他人からは目が見えにくくなるため、フレームのトップラインと、眉のラインとの関係はとても重要になります。眉が隠れると重たい印象になってしまいます。ややトップの上から見えるくらいが丁度よい大きさと言えるでしょう。逆に空きすぎると貧弱な感じに見えてしまうため、注意が必要です。

顔が小さい人におすすめなサングラスをタイプ別に紹介

顔の小さい人であっても、その顔の形は様々だと思います。その輪郭に合わせたフレームのサングラスを選ぶと良いでしょう。顔と逆の形のフレームを選ぶことで、顔の形の欠点を上手にカバーしてくれます。顔と同じ形のフレームを選んでしまうと、その欠点が寄り強調されてしまうので注意が必要です。

顔より大きすぎるフレームは、寄り目に見えてしまいます。顔の横幅に近いフレームを選ぶと良いでしょう。印象が良くなります。

ウェリントン型であれば、どんな顔の形の人でも似合います。もし、自分の顔がどんな形に属するのか、タイプが分からないようであれば、ウェリントン型を選ぶと良いでしょう。

初めてサングラスを選ぶのであれば、このウェリントン型がおすすめ

丸顔の小顔さん

あなたの顔が丸顔であれば、フレームの上部が眉毛の様に太くなっているブロウタイプのサングラスが似合います。少しばかり男性的なイメージのあるこのサングラスですが、太めのブロウラインによって目力が強くなるため、知的で大人っぽい印象になるでしょう。

三角顔と四角顔の小顔さん

フォックス型のサングラスフレームは、キツネの目のようにフレームが斜め上に釣り上がっているのが特徴です。きつく見られそうとか、教育ママの様な印象になってしまうと敬遠している人もいるかもしれませんが、ヨーロッパでは、知的でエレガントな印象があるとして人気の形でもあります。目尻部分に視線が集まるので、リフトアップの効果が得られます。輪郭をよりシャープに見せたいという四角顔の人にも、チャレンジしてもらいたい形です。

面長顔の小顔さん

フレームの天地の幅が広く、丸みのあるボストン型のサングラスフレームは、面長の人に良く似合います。日本人に最も多いと言われているのが、この面長の顔ですが、大人っぽく落ち着いた雰囲気に見えるのも特徴と言えるでしょう。
顔の縦幅の長さを気にする人もいると思いますが、ボストン型のサングラスを選ぶことで、メガネに縦幅ができる分、顔の長さを緩和してくれます。シャープな印象になりすぎてしまうという時も、このボストン型のサングラスが良いでしょう。

顔が小さい人は控えめなサングラスが似合う?選ぶポイント

顔が小さい人がサングラスをかけてしまうと、フレームが大きく浮いているような感じになったり、サングラスが全面に押し出された印象になってしまうこともあるため、サングラスが似合わないと思いがちです。

実はそんな事はありません。顔の小さい人であれば、顔の小さい人に似合うサングラスを選ぶべきです。例えば、自分の顔に合うような大人のフレームがないのであれば、子供用のサングラスを選んでみてもよいかもしれません。また、海外の小さめのオシャレなブランドのサングラスを選ぶというのも手でしょう。

顔が小さい人は、控えめなフレームのサングラスのほうが、似合いやすいと言えます。フレームが太かったり、フレームの色が濃いサングラスを選んでしまうと、そのサングラスの存在が前面に出過ぎてしまい、違和感があります。レンズの色も優しい色にすると、自然に顔に溶けこんでくれます。

顔が丸くて小さい人におすすめなのは四角いサングラス

日本人は、どちらかと言えば、幼い印象に見られがちです。顔が小さくて、更に丸顔の人であれば、特にそう見られることも多いでしょう。

その可愛らしい雰囲気を、打破しようとサングラスをかけて見たものの、イマイチ似合わないと言うのであれば、少しばかり角ばった形のサングラスを選んで見るとよいでしょう。顔を引き締めて、大人っぽい印象に見せてくれます。

どんな顔の形の人でも似合う、ウェリントンであれば、顔が丸くて小さい人であっも、そうでない人でも、同じ効果が得られるはずです。どんな顔の形の人も、知的な印象になるはずです。かっちりシルエットで、できる女を演出するのも悪くないでしょう。

顔が小さくてもサングラスとのバランスがよければOK

自分は顔が小さいから、サングラスが似合わないなんて思う必要はありません。似合うサングラスを選べばよいのです。似合うサングラスを選んだら、自分の髪型とのバランスもしっかりと見てみましょう。

前髪や長い髪で、サングラスや目元は隠れてはいませんか。顔に髪が大幅にかかっていると、サングラスをかけたときに、暗いイメージに見られがちです。

髪をアップにしたり、後ろで束ねたり、耳を出してみたりすることで、目の周りがスッキリし、サングラスも似合いやすくなります。

折角オシャレなサングラスを選んだのですから、是非、そのオシャレさをナチュラルに強調したいものです。ですから、髪型にも気を使う必要があります。もちろん、サングラスが似合うかどうかは、ファッションも重要な要素でしょう。。

サングラスとのトータルコーデができていれば、小顔であってもバランスよくサングラスをかけることができるでしょう。
あなたに似合っているサングラスを見つけて、オシャレ度をぐっと上げてしまいましょう。