サングラスの度付きで安いのは?失敗しない購入の方法

サングラスの度付きで安いものを買おうかどうか迷っているなら、ここを確認して決めると失敗しにくいです。

普段メガネをかけている人は、サングラスをかけるときだけコンタクトにしたり、メガネに上からかぶせるタイプのものを使用していますよね。

そんな煩わしさから開放してくれるのが、度付きのサングラス。この度付きのサングラスを買うときのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの選び方【面長メンズ編】選び方の基本と似合うメガネ

「面長の自分にはどんなメガネが似合うんだろう」こんなお悩みを抱えている男性もいますよね。メガネの選び...

老眼になったらメガネ?それともコンタクト?対処方法をご紹介

メガネやコンタクトが合わなくなってきたら、老眼の始まりかもしれません。早いと30代から始まる老眼の症...

メガネのサイズの測り方とは?サイズを確認して眼鏡を選ぼう

メガネにはサイズが書いてあるのを知っていますか?測り方を知っておくのもいいですが、自分の顔のサイズに...

メガネのテンプルを自分で調整する方法。熱で曲げる合わせ方

普段使っているメガネがずり落ちるようになって、メガネをよく見てみるとテンプルの部分が曲がっていたり、...

メガネをかけている高校生女子は、世間からどう思われているのか

メガネはおしゃれアイテムとして認知はされていますが、かけ方によっては野暮ったく見えてしまうこともある...

メガネの黒縁が似合う女性と似合わない女性の違いを紹介

メガネの黒縁はシンプルだからこそ似合う女性、似合わない女性がハッキリします。しかし、自分の顔のタイプ...

サングラスの選び方について!スポーツ別のおすすめ

サングラスの選び方について。スポーツシーン別に使用するサングラスは違います。また、紫外線...

サングラスは偏光レンズと調光レンズどちらがいい?特徴をご紹介

車を運転するときに、眩しくてよく見えないというときはありませんか?サンバイザーを下げても西日のときに...

シルバーフレームのメガネを選ぶならココがポイント

シルバーのメガネフレームをかけたいけれど年齢よりも上に見られてしまうのでは?地味に見えてしまいそうと...

メガネで似合う色を見つけるには?いろいろな診断方法をご紹介

自分に似合う色とは?顔の印象に大きな影響をあたえるメガネの形にこだわる人は多いと思いますが、自分に似...

メガネの鼻パットについた緑の物体の正体と綺麗にする方法

メガネの鼻パットに何やら緑色の物が付着。この物体が一体何なのかわからず、気になっている人もいるのでは...

眼鏡を掛けている人の印象と魅力!モテるメガネ女子の作り方

眼鏡を愛用している女性にとって、「メガネ女子は男性から見てどんな印象を持たれているんだろう」と気にな...

サングラスの紫外線カットの確認方法を紹介します

買ってから何年も使っているサングラスの場合、紫外線カットができているのかどうか気になりますよね。紫外...

メガネのレンズが傷だらけになる原因とは?予防方法をご紹介

メガネを大切に扱っていても、レンズにキズがついてしまうことがあります。なぜメガネのレンズは、いつ...

サングラスの選び方、ドライブ向きのサングラスは

サングラスを選ぶ時は、見た目のデザインや予算などから決める選び方をしている人が多いと思いますが、かけ...

スポンサーリンク

サングラスの度付きで安いものが欲しい

スポーツが趣味だという人も多いと思います。マラソンや自転車など、屋外でスポーツをする時、あなたはサングラスを使っていますか。

視力が悪く、メガネを外したら何も見えないなんて人は、スポーツのときだけ、コンタクトレンズにサングラスという人もいるかもしれません。

もちろん、普段使用しているメガネのままでマラソンや自転車に乗ってもよのかもしれませんが、眩しい場合は、その眩しさに耐えられなく、目が充血などしてしまうこともあるでしょう。サングラスをかければ、紫外線から目を守ることが可能になります。

ちょっと高価になるかもしれませんが、度付きのサングラスを作るという手もあります。気になるところは値段でしょう。安くて機能的であればそれに越したことはありません。
一体どうしたら、安い度付きのサングラスを手に入れることができるのでしょうか。スポーツ用のサングラスフレームには湾曲しているものが多く存在します。その様なフレームに度付きのサングラスレンズを入れるのは難しくなります。交換自体を行っていないお店もあります。

しかし、メガネフレームであれば、度付きのカラーレンズを入れることは可能です。カラーの濃淡も自分の好みで選ぶことができるでしょう。

もし、今、使っていないメガネがあるのであれば、そのフレームを利用して、サングラスをつくることもできます。持ち込みでレンズ交換の対応ができるメガネ店もあるので、確認してみるとよいでしょう。

なんと、メガネを送るだけでレンズの交換が可能なネットサービスも存在します。
度が変わってそのままにしているメガネや、レンズに傷がついて放置しているメガネがあれば、今の度数がわかるメガネと一緒に郵送するだけで、お店に持ち込んで交換するのと同様に、色つきのカラーレンズに交換してくれるのです。

忙しくてなかなかメガネ店に行けない場合でも、ネットで安くサングラスを作ることができれるのは、非常にありがたいと言えるでしょう。

サングラスの度付きをネットで買うときには視力がどのくらいかを確認

度付きのサングラスは、ネットでも購入することができるのです。
もちろん、お持ちのメガネフレームにレンズだけを交換してもらい、サングラスにするというのは、安く度付きのサングラスを作るのに最も有効な方法でしょう。中には、スポーツするので、普通のサングラスではなく、スポーツ用の度付きのサングラスがほしいという人もいるかもしれません。

なかなか店に出向く時間もないし、できれば、ネットでその様なスポーツサングラスを安く手に入れたいと考えている人もいるはずです。
実は、ネットでも安い度付きのスポーツサングラスは購入が可能です。そのためには、自分の度数のデータをネットの購入先に伝える必要があります。

以前、メガネを作った時と同じ度数でよいのであれば、そのデータを元に作成してもらうと良いでしょう。あなたは、自分の検眼データをお持ちですか。眼科で調べた場合は処方箋をお持ちだと思います。

今のメガネの度数が合わなかったり、度数が分からない、データがどこかにいってしまったという人は、眼科で視力検査をしてもらうと良いでしょう。

コンタクトを使用している場合は、コンタクトの外箱やレンズパッケージに明記されている度数を記入すれば大丈夫です。

また、それもわからないとなれば、持っているメガネと同じ度数でつくることもできるので、そのメガネ自体をお店へ送付して、そのメガネと同じ度数で、度付きのサングラスをつくることができます。但し、メガネを1本しか持っていない人は、郵送している間はメガネを使用できなくなります。2本以上メガネを持っている人であれば問題はありませんが、できれば検眼データを知らせる方が無難でしょう。

サングラスの度付きが安いからといって合わせずに買うと失敗しやすい

そのような度付きのサングラスを、安いからと言ってすぐに購入してしまうと、届いてかけた時に、イマイチ顔にしっくりと来ないなんてことも考えられます。
ネットなどで購入する場合は、実際かけて確認することも出来ないため、そのサングラスのフレームが自分に似合わないなんてこともあるかもしれません。

もともと、使用していたメガネを使ってサングラスを作るのであれば、その様な失敗は考えにくいのですが、とくに度付きのサングラスを作る場合は、簡単に買い換えることも難しい事が多く、慎重に選ぶ必要があります。

フレームから選ぶ場合は、どんなサングラスが自分にあうのか、たくさんかけてみて慎重に選ぶ事をオススメします。

顔の形は人それぞれです。あなたはどんな顔ですか。顔の形にあうサングラスを選ぶことで、失敗せず購入することができるでしょう。

  • 丸顔
    丸顔の人であれば、スクエア型やウェリントン型のサングラスがおすすめです。しっかりとシェイプされているため、カッコよくきまります。
  • 三角顔
    顔の幅に近い、オーバル型やボストン型のサングラスが似合います。
  • 四角顔
    丸みのあるフレームで張ったエラを柔らかい印象にしてあげるのが良いでしょう。オーバル型やボストン型のサングラスをオススメします。
  • 面長
    顔の長さを緩和するためにも、ボストン型やウェリントン型の様な天地の幅が広いサングラスフレームを選ぶとよいでしょう。

サングラスの度付きが安いネット販売を利用するときは

同じサングラスであったとしても、お店で買うのと、ネットで購入するのでは価格が違う場合があります。ネットショップでたまたまセールになっていたなんてときには、できれば安い方で購入したいものです。

しかし、ネットの方が安いからと言って、何も考えずに購入してしまうと、実際届いた時に、かけてみたら印象が違ったり、同じものだと思っていたものが、実際少しデザインが違ったりなんてことも考えられます。

出来れば、品番などを確認して、店舗に置いてあるものが、本当に同じものなのか、そしてメガネ店でそのサングラスを実際かけてみて、自分に本当に似合うかどうかを確かめてから、買うのがベストでしょう。

届いて開けてみた時、思っていたのと違ったり、気に入らないなんてこともありえます。ネットで購入する場合は、開封後でも返品が可能化どうか、その点も確認するべきでしょう。

安いネット販売では、レンズのサイズまで明記されているところが少ないのが現状です。よって、本当にジャストなサイズかどうかの判断が難しくなります。届いてみると、レンズの厚さも思ったような厚さでない場合もあるでしょう。サングラスの色はなかなかネットの商品画像では判断しにくいところもあります。

度付きのサングラスであれば尚の事、安いネット販売を利用するのは注意が必要になります。

サングラスの度付きを安く買うならお店がおすすめ

度付きのサングラスを購入するのは、なかなかハードルが高い事かも知れません。なぜならそれは値段が高いからという人も多いでしょう。

普通のメガネであれば、それなりに安いメガネ店もありますが、サングラス、更にスポーツで使うものとなれば、どんなメガネ店にも置いているというものではありません。

また、スポーツサングラスは、カーブが付いているものが多く、度付きのレンズがそのカーブに対応出来ない場合もあります。その場合は、特注になってしまうため、値も張ります。出来上がるまでの時間もかかることが多いでしょう。

ネットであれば、度付きのスポーツサングラスを安い値段で数日で作ることが可能なお店も存在します。しかし、できればメガネ店に出向いて、度付きのサングラスを作るべきです。

安い値段でスポーツサングラスを作る事ができる店も存在します。メガネをかけてお店へ出向くだけで、簡単にそのメガネから度数を調べてサングラスを作ってくれるのです。検眼データがなくても、使用しているメガネが1本しかなくても大丈夫です。

レンズの在庫さえあれば、1時間弱で作ってもらえるので、その日に使用することも可能です。実際かけてみて、似合うかどうかも確認することができるでしょう。そのカーブと度数が違和感がないか、その場で確認してから作ることも可能になります。

近くにそのようなメガネ店がない場合は、ネットで度付きのサングラスを作るのも良いのですが、レンズの色や、形、見え方、自分にそのサングラスが似合うかどうか確認することができるので、できれば店舗に出向いて作ることが無難です。

今では、そんな度付きのスポーツサングラスも安い価格で購入できる時代です。安いサングラスを求めて、いろいろ調べてみるところから始めてみるのも良いかもしれません。