サングラスの選び方について!スポーツ別のおすすめ

サングラスの選び方について。
スポーツシーン別に使用するサングラスは違います。

また、紫外線や、ホコリ・虫などから目を保護する観点からも、アウトドアスポーツをする時には欠かせないアイテムです。

競技別、サングラスの選び方や、サングラスの役割、またサングラスの必要性についてご紹介いたします。

安全、そして快適にスポーツをする上でも、是非用途・目的に合ったサングラスを使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネをかけている高校生女子は、世間からどう思われているのか

メガネはおしゃれアイテムとして認知はされていますが、かけ方によっては野暮ったく見えてしまうこともある...

これって老眼?メガネを外すと見やすい近視の人の見え方

メガネを外すほうが手元がみやすいのは老眼の初期症状なのでしょうか?今まで使っていたメガネの度数が合わ...

サングラスが似合わない人の特徴と似合う人の特徴を説明

おしゃれの象徴でもあるサングラス、挑戦したいけれど日本人には似合わない特徴が当てはまりすぎるのを知っ...

メガネでスポーツをするなら固定しましょう!固定させる方法

スポーツ中にメガネがずれてしまったり、落としてしまうと危険ですよね。激しく体を動かすときにメガネがず...

メガネのレンズが外れたら直せる?外れたときの対処方法

メガネのレンズが外れたら、自分で直すことはできるのでしょうか?無理にはめようとすると、メガネが壊れて...

メガネのレンズの傷消し方法は存在しない?その理由を説明します

自分のメガネのレンズに小さくても傷が付いているのを見つけると、なんとか自分で消そうと考える人も多いで...

メガネと老眼鏡の違いとは?老眼鏡とわかりにくいメガネ

メガネと老眼鏡の違いとは?普段メガネをかけている人が老眼になったときには、どんなメガネに変わるのでし...

老眼になったらメガネ?それともコンタクト?対処方法をご紹介

メガネやコンタクトが合わなくなってきたら、老眼の始まりかもしれません。早いと30代から始まる老眼の症...

メガネの形状記憶フレームの特徴とは?子供におすすめな理由

メガネの形状記憶フレームとはいったいどんなものなのでしょうか?私は小学校3年生からメガネをかけて...

サングラスレンズの黄色はどんなシーンに役立つ?色の特徴

サングラスのレンズはどんな色にしたらいいのか迷ってしまいますよね。サングラスの色はシーン別に得意とす...

メガネの形選び、丸顔に似合う形のメガネ【メンズ編】を解説

丸顔の男性の中には、自分に似合う形のメガネがわからずに頭を抱えている人もいますよね。丸顔のメンズがメ...

メガネに付いた傷は自分で研磨できるの?レンズの傷について

メガネのレンズに付いた傷を自分で研磨して、キレイにしたい!でも、ちょっと待ってください。...

チタンフレームの特徴とは?メガネを選ぶポイントを紹介します

チタンフレームのメガネにはどのような特徴があるのでしょうか?いつもはフチの印象が強いセルフレームをか...

メガネで目が小さくなるのをどうにかしたい!解消させる方法

メガネをすると目が小さくなるのを解消したいけれど、毎日コンタクトをするのは疲れてしまいますよね。...

男性がメガネ姿だとモテるのはナゼ?モテるメガネの探し方

メガネをかけてモテる男性は、メガネをかけていなくてもモテるのでは?と思ってはいませんか?確か...

スポンサーリンク

スポーツ用サングラスの選び方

スポーツ用のサングラスを選ぶときにはできるだけ機能性を重視してサングラスを選ぶことをおすすめします。

スポーツをする上でサングラスに求めるのは紫外線対策となることと、視界をクリアにすること、そして顔にフィットすることです。

これらを満たすためにサングラスを選ぶ際にまず見るのが『レンズの機能』です。

スポーツ用のサングラスに限らず、世の中のサングラスはレンズの色に限らず紫外線をカットしてくれるものかどうかを見分ける手段があります。

それは購入するときにレンズにあるシールなどに記載されているのですが、『紫外線透過率』や『紫外線カット率』という言葉とともに表示されているパーセンテージを確認します。

これは『紫外線透過率』なら数字が小さい方が紫外線をカットしていて、『紫外線カット率』なら数字が大きいほうが紫外線をカットしています。

さらにレンズにいろいろな加工を施されているものなどがあるのですが、その種類によっても見え方が変わってくるのでそうした機能面を重視して選ぶほうがいいでしょう。

サングラスが必要なスポーツの定番ゴルフ。サングラスの効果と選び方について

サングラスが必要になるスポーツは様々ありますが、その中でもゴルフは最もサングラスを必要とするスポーツと言っても過言ではないくらい、サングラスが必須アイテムとなります。

そのためスポーツサングラスの中でもゴルフに向いているものという商品が販売されているほどで、そのゴルフに向いているサングラスというのはどんな機能を持っているのかまとめてみました。

ゴルフ用サングラスの特徴

ゴルフに向いているサングラスはブラン系やピンク系のレンズが入ったサングラスです。
レンズの機能としては紫外線とブルーライトをカットし、偏光レンズに加工されているものです。
偏光レンズは反射を遮り視界をクリアにしてくれるレンズの加工です。
さらに顔にしっかりフィットしずれないという機能も持っているものになります。

これらの機能を満たしているものがゴルフをする上で必須アイテムとなるサングラスの条件です。

スポーツ用のサングラスは、決しておしゃれアイテムではありません

スポーツサングラスはおしゃれのために使用しているのではなく、それをつけることで得られる効果を得るためにかけています。

スポーツをしている際には目で見ることは大切なことになりますが、それを遮るもの、例えば空気中を漂っているゴミや虫、車などから跳ねる石や雨風、紫外線などから目を守るためにかけます。

そしてそれらの効果を得るために重要となってくる部分がずれないフィット感です。

隙間が空いてしまうと目を守れませんし、ずれて見にくい状態になってしまうとかけている意味がありません。

レンズもカラフルでいろいろなものがありますが、それもおしゃれのためにいろいろなものがあるわけでなく、個人の目により見えやすい色というものの種類や濃さが違うためにいろいろな種類のレンズがあるのです。

必要に応じてかけるべきかそうでないかを見極める必要もあります。
スポーツの上でサングラスをかけるなら、機能が重要視されます。

サングラスの選び方。どんなスポーツにも共通して言えることは『サイズ』

スポーツサングラスを選ぶ際にはサイズにも注目しましょう。

サイズがしっかりと合っているものでなければ性能がうまく発揮されません。
そのため装着したときにレンズがしっかりと目元を覆っているかを確認します。

頬にレンズが強く触れていたり、フレームがこめかみに食い込んでいたりという状態もあまり良くありませんので、そうした状態でない、しっかりとフィットするものを選ぶようにしましょう。

ストレスを感じない自然なフィット感のものを選ぶと、実際にスポーツをするときに動いてみてもずれることなく、ストレスなく使えるものを選べると思います。

これと同じでレンズの色も自分が周囲をみるときに見やすい色、ということを軸に選んでいくのがいいと思います。

そのスポーツサングラスを使う環境によってベースの色は相性があると思いますが、それをどれくらいの濃さにするかなどは個人差が出てくるものです。

見やすい環境を作れるサングラスを探しましょう。

紫外線対策にはサングラスが必要。安全にスポーツを楽しむには

スポーツサングラスを持つなら紫外線対策されているものを選ぶほうが安全にスポーツを楽しめます。

この機能がついているかどうかということは先述しましたが、『紫外線透過率』や『紫外線カット率』の機能があり、それぞれしっかりとカットしているパーセンテージであることが必要です。

色が濃くてもこの機能がないものもありますし、色のついていないものでも紫外線を99%カットしているというものもあります。

紫外線カットを目的としたレンズを使っているスポーツサングラスを選ぶということをしっかり行っておかないと、目が紫外線の影響を受けてしまうので購入時にはきちんとチェックして選びましょう。

紫外線の影響で白内障や黄斑変性症、角膜炎などのリスクが高くなります。
見えにくい、歪むなどの症状が出ることもあるためできることなら紫外線をカットできる環境にすることが望ましいです。

自分にぴったりなスポーツサングラスを見つけて、スポーツをより楽しめる環境を作れるといいですね。