老眼鏡のレンズは交換が必要?変えるタイミングをご紹介

老眼鏡のレンズ交換はいつがベストなタイミングなのでしょうか?そこまで見えないことが不自由でなければそのまま使ってしまう人は多いと思います。

眼科やお店に行くまでもないと、そのタイミングをついつい先延ばしにしてはいませんか?

自分では合っていると思っても、目の疲れや頭痛のような症状が出るときには老眼が進んでいるかもしれません。老眼鏡のレンズ交換のタイミング、自分に合う老眼鏡の選び方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マスクでメガネが曇らないようにする方法やアイテムをご紹介

マスクをするとメガネが曇ってしまうのが嫌!という人は多いと思います。走ったわけでもないのに、息が荒い...

カラーレンズメガネのグレーが与える印象とオシャレの楽しみ方

カラーレンズのメガネをオシャレのアイテムとして取り入れてみたいと思っている男性もいますよね。グレーの...

メガネの印象でどう変わる?女性のメガネはココがポイント

女性のメガネ姿からはどのような印象を受けやすいのでしょうか?メガネをかけると、きつく見られてしま...

メガネのコーティングの寿命と普段の正しいレンズケアについて

今お使いのメガネが「ちょっと見えにくくなってきたなぁ」とか、「細かい傷が気になるなぁ」という方はいま...

丸メガネが似合わない人とは?女性におすすめな丸メガネ

オシャレの定番になりつつある丸メガネ。少し知的さや抜け感を出したいときにさりげなく取り入れたいアイテ...

メガネで前髪がはねるのをふせぎたい!対処方法はコチラ

メガネに前髪がぶつかってはねるのをどうにかしたいときには、このような方法がおすすめです。時間...

面長の男性に似合うメガネの選び方!似合う形とNGな形を紹介

メガネを購入するときは、自分に似合うメガネを購入したいと思いますよね。似合うメガネ選びは、自...

メガネのボストン型が似合うメンズとは?メガネ選びのポイント

ボストン型のメガネが似合うのはどんなメンズなのでしょうか?顔にこのようなコンプレックスがある人はボス...

メガネの曇り止めは薬局で買えます!曇り止めについて

寒い時期や花粉症の季節に困ってしまうのがメガネの曇りですよね。このメガネの曇りは気にしていながら...

鼻のメガネ跡を消す方法!簡単にできる対処方法をご紹介

今までは、時間がたてばすぐに鼻についたメガネ跡は消えていたのに最近はなんだかずっと残っているような…...

メガネの傷を修理したい。自己流がオススメ出来ない理由とは

2・3年使っていると愛用のメガネが曇ったように感じませんか?実はそれには、細かな傷がついてしまっ...

メガネをかけても可愛いと言われる髪型にするなら

メガネを好きな男性は意外と多いのはご存知でしたでしょうか?しかし、メガネをかけると、顔の印象が大...

メガネを選ぼう!似合う形は?面長男性に似合うメガネの形

メガネは人の印象を左右します。メガネを購入するときは、自分の顔に似合う形のメガネを選ぶと、素敵な印象...

メガネをケースに入れる時の正しい入れ方やお手入れ方法を解説

メガネを購入したばかりの人は、メガネをどのように扱うのが正しい取扱い方なのかわからないこともあります...

メガネ【ボストン型】似合う人の特徴や選び方と楽しむコツを紹介

メガネをボストン型のものにしたいけど、自分に似合うかどうかわからないという人もいるでしょう。メガ...

スポンサーリンク

老眼鏡のレンズの交換時期はこのタイミング

老眼鏡のレンズを交換するタイミングは購入から2~3年です。

度数はその年数で変化することが多く、レンズの表面にされている反射やキズを防止しているコーティングもそれくらいで寿命となります。

目の状態やレンズの状態にもよりますが、おおよそそのくらいの期間でレンズの交換が必要になりますので、この期間を目安に交換をしましょう。

老眼はなり始めに目の筋力がかなりの速さで低下していくため度数の進行が早く感じます。
55歳前後になるとその速度は落ち着いてきて、徐々に徐々に視力に影響してくるようになります。

このことから、見えにくいなと感じたらレンズを交換していくことが必要になる場合も考えられます。

見えにくい状態を作らないよう、対処をしていきましょう。

老眼鏡のレンズを交換したほうがいい見え方の目安

老眼は年齢によって進んでいきます。
定期的な測定を行い、今使っている老眼鏡のレンズが合っているかを調べていきましょう。

自宅でも指先を使って見えているかを判断できる基準があります。
目の前に指を一本持ってきて、それをどんどん前に離していきます。
するとそのうちはっきり見える場所に止まると思うのですが、そのはっきり見える地点と目の距離が遠ければ遠いほど老眼が進んでいます。

この目から指先までの距離が近点距離と言われるものなのですが、この近点距離を補ってくれるのが老眼鏡です。

老眼鏡が必要だと感じる状態には個人差がありますので、距離を測ってみてなおかつ見えにくいなと感じることが増えているなら老眼鏡の使用を考えましょう。

目の病気や乱視のある方はこの調べ方で老眼が進んでいるかどうか調べられません。
もしこのはかり方で老眼を確信したとしても、老眼を疑ったらひとまず眼科を受診して、しっかりとした医師の診断を受けましょう。

老眼鏡のレンズ交換をするかどうかは使い方で決めましょう

老眼鏡のレンズ交換のタイミングは使い方によっても変化してきます。

今使っている老眼鏡のレンズが矯正してくれているのが一番近くを見るためのものだとして、それよりもちょっと遠くを見たい、となったときはもちろんそのレンズではあまり見えなくても仕方がありません。

老眼鏡は手元から1m先までがよく見えるような度数のものや、それより先の手元から3~5mほどが見えるものなどレンズの種類があります。

この場合はさらに先まで見えるものを新たに購入し、近くを見るときと、少し遠くを見たいときでその2つの老眼鏡を使い分けるようにすると、今までよりももっと色々なものが見やすくなると思います。

このような使い分けでより、見える範囲が広がりますのでそういった使い方も考えつつ、レンズを交換するかどうかということを考えていきましょう。

老眼鏡に違和感を感じたら相談してください

老眼鏡をかけていて見え方に違和感を感じたら、購入店で相談しましょう。

視力も含めて老眼になっているかどうかを調べてから、メガネを作ってもなんだか違和感のある見え方をする、ということがあります。

このような場合は普段の使い方により見え方に違和感が出てきているということもあります。

遠近両用メガネ、という単語。老眼鏡を作るときには嫌というほど耳にしたと思いますが、これは遠くを見るための焦点と、近くを見るために焦点が一枚のレンズに付いているものです。

そのため仕事でパソコン作業が多い方などがこのタイプのレンズをかけていると見え方に違和感を感じやすくなったりします。

その理由はパソコン作業は手元や顔から50cm以内の距離を見る作業なのに対し、遠くも見える焦点を持ったレンズを使っているために視界に歪みが発生しやすい環境を作っているのです。

このような使い方によって違和感を感じる環境を作っていたりもするため、できるだけ自分がメガネを使いたいと思う環境に合わせてレンズを選んでいくのが大切です。

例で出した場合だとパソコン作業の多い方に向いているレンズは中近と呼ばれる近くから3~5m程が見えるレンズです。

老眼鏡は慣れるまで時間がかかります。交換や保証のあるお店で買いましょう

普通のメガネでも聞く話ですが老眼鏡も慣れるまでに時間が必要です。

レンズの特徴に慣れるまでも時間がかかりますし、はじめてのメガネが老眼鏡だという方はなおさら時間がかかると思います。

そのためあまりにも慣れないからレンズを交換して度数を下げたい、などの事案が起こったときに対応できるよう、お店で老眼鏡を作るときにレンズやフレームの交換などにも対応してくれる保証のあるお店かということを注意しておきましょう。

保証のあるお店が大半ですが、対応してくれるところばかりではないため、できるだけそういった部分も注意しながら老眼鏡選びをしていくことが大切です。

そして快適な老眼鏡を手に入れるために必要なのが、何に困っていて、何を見たいのか、1日にどれくらい使うのか、というような具体的なことがわかっていることです。

それらをしっかりと考えて快適に使える老眼鏡を作りに行きましょう。