ふだん眼鏡をかけている人がサングラスの度付きを買う時の選び方

眼鏡ではなく度付きのサングラスが欲しい、運転をしているときなど普段眼鏡をかけている人は眩しいときにサングラスがあればなぁと思うことは一度や二度ではないと思います。

私も運転をしているとき、西日が眩しいときにはサングラスがあれば…と何度思ったことでしょう。

では、度付きのサングラスをいざ買おうというときにはどのように決めたらいいのでしょうか?
度付きサングラスを選ぶときのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネのボストン型を女性がかけるときはココがポイント

メガネのボストン型とはどのようなメガネなのでしょうか?ボストン型のメガネが似合う女性のタイプとは?...

老眼鏡のレンズの種類とは?それぞれの特徴を紹介します

老眼鏡のレンズにはどのような種類があるのでしょうか?遠近両用、中近両用、近用などのレンズの種類の特徴...

メガネのレンズが外れた時の応急処置とNGなこと・修理方法

愛用しているメガネのレンズが外れてしまったら困りますよね。特にお気に入りのメガネの場合、修理をし...

プールでメガネが禁止の場合は?対処方法を紹介します

プールではメガネが禁止なことが多いですよね。普段、メガネをかけている人にとっては困ってしまう問題です...

メガネの洗い方。フレームをキレイに保つ方法と注意点について

メガネの洗い方、知っていますか?レンズとフレームは顔や手の皮脂で汚れています。レンズ...

サングラスのフレーム選び【メンズ】自分に似合う形の選び方

サングラスにはさまざまな形があり、どれが自分に似合うのかよくわからないという方も多いと思います。...

老眼鏡と遠近両用の違いとは?遠近両用メガネの選び方をご紹介

老眼鏡と遠近両用メガネにはどどのような違いがあるのでしょうか?どちらも同じものではないの?と思ってし...

メガネとコーディネートするときのポイント【レディース】編

メガネをかけるとどうしても地味に見えてしまいますよね。メガネをかけこなしている人とそうでない人に...

メガネが似合わないのは鼻のせい?似合うメガネの選び方

鼻にコンプレックスのある人はメガネが似合わないと思ってはいませんか?実は、メガネが似合わないという人...

メガネの形の選び方。輪郭に合わせた自分に似合うメガネの探し方

メガネを選ぶ時には、自分にはどんなフレームの形が似合うのかよくわからないという方は多いと思います。自...

メガネでレディースのスクエアが似合うタイプや選び方を紹介

スクエアメガネとはどんなメガネなのでしょうか?また、どんな顔のタイプの人が似合うのでしょう。...

サングラスの度付きで安いのは?失敗しない購入の方法

サングラスの度付きで安いものを買おうかどうか迷っているなら、ここを確認して決めると失敗しにくいです。...

メガネの曇り止めのジェルタイプの特徴や使い方をご紹介

寒い時期、困ってしまうのがメガネの曇りですよね。マスクをしていると曇ってしまうのは仕方ないと思っては...

メガネのつるが白くなる原因と対処法、お手入れの際の注意点

愛用しているメガネのつるが白くなる時ありませんか?メガネが全体的にくすみ、白く汚れてしまった...

サングラスのサイズ表記はどこ?サイズの確認方法

サングラスのサイズを確認するときにはここの表記を見ましょう。サングラスをかける前に自分の顔にはまるか...

スポンサーリンク

サングラスの度付きを買う前に確認しておきたい事

サングラスはおしゃれ目的として使用する人も多いですが、もちろん使用目的がちゃんとある人も多いです。

そして、その目的によって選び方が違ってきます。

視力が悪い人は、見やすくするために度付きが必要です。

また、視力がそんなに悪いと実感していなかったけど、実は必要な視力だったという事も多いです。

度付きが必要な目安

眼が疲れることが多かったり、ピントが合いにくくなったと感じている場合。

字が見えにくかったり、遠くの看板が見えにくい場合。

サングラスが必要な場面

自然光や外灯、対向車のライトなどが眩しく感じる場合。

反射の光が眩しく感じる場合。

車の運転中、ガラスや海から映る反射が気になる場合。

アウトドアやスポーツ、ドライブなどで見やすくしたい場合。

白内障がある場合。(白内障がある場合は、紫外線をよりカットする必要があるのでメガネ屋さんで伝えて下さい)

通常のメガネよりも度付きのサングラスがあると便利な場面がたくさんあります。
また、目的によって合ったレンズカラーも違ってきますのでご紹介します。

眼鏡ではなくサングラスの度付きが欲しいと思ったときは

そのフレームによっては、通常のメガネや通常のサングラスのフレームを、度付きのサングラスに変更する事が可能な場合があります。

メガネ屋さんで、今までのレンズを外して、カラーが入った度付きのレンズを入れてもらうのです。

しかし、レンズのカーブが急なものや、レンズの厚みなどによって出来ない場合もあります。

また、紫外線防止効果はどの位必要かによってもレンズが違いますし、スポーツタイプのゴーグルのようなサングラスや、ハイカーブのもの、偏光レンズや調光レンズのものは値段が変わってきます。

偏光レンズや調光レンズについては詳しく後ほどご紹介します。

基本的には、度付きの通常のレンズ代とカラーレンズ代となりますが、店舗によっても違いがありますので確認しましょう。

最初からフレームも購入する場合は、そのフレーム代とカラーレンズ代となります。

度付きのサングラスを購入するときにレンズの種類をチェックしましょう

サングラスと言っても、レンズに種類がいくつかあります。

通常のカラーレンズ、偏光レンズ、調光レンズ、ミラーレンズなどがあり特徴があります。

  • カラーレンズ
    度なし、もしくは度付きなどのレンズに好きなカラーを選んで入れます。
    色は薄いものから濃いもの、フルカラーやグラデーションがあるものがあり、様々なカラーから選べます。
  • 偏光レンズ
    物や水面などに光が当たって乱反射する光を遮る事ができます。
    ぎらつきがなく光の反射からの眩しさが抑えられます。
  • 調光レンズ
    紫外線の量で光を遮る効果が変化し、紫外線が多い時には色が濃くなり、室内や夜などでは色がクリアに近くなります。
  • ミラーレンズ
    レンズ表面にミラーコーティングされていて、太陽の光を跳ね返す事が可能です。
    水面や雪などの太陽光の跳ね返りなども眩しさを抑えてくれます。

眼鏡をサングラスに!レンズカラーの選び方

ファッションだけではなく、カラーによって効果が違ってきます。
必要な効果から選んで快適に過ごせるようにしましょう。

  • グレー系
    光を多く抑えてくれて、色調も変わりにくいので景色の邪魔もしないです。
  • ブルー系
    赤やオレンジ、黄色系の光を抑えるので、車のヘッドライトの眩しさを抑えてくれます。
  • ブラウン系
    青色系の光を抑えるのでちらつきが気になる人や、遠くの景色が見えやすくゴルフや晴天の運転に向いています。
  • イエロー系
    暗くなりにくいので、曇りの日や暗くなってからも使用できて、夜のドライブでの対向車のライトの眩しさをカットしてくれます。
  • グリーン系
    色味が自然なので疲れにくいです。アウトドアなどに向いています。
  • ブラウンやグレー
    色の濃さは、濃ければ濃いほど眩しさを抑える効果がありますが、場合によっては(室内などでは)見えにくくなったり夜はかけれなくなったりします。
    また、濃ければ濃いほど瞳孔が開きやすくなるので、紫外線カット率が多く必要になってきます。

眼鏡をサングラスの度付きに買い換えるときのポイント

フレームを購入する時や持っているフレームを持参して、カラーを入れてもらった度付きのサングラスにしてもらいますが、合う合わないがあるので、出来ない場合もあります。
フレームの大きさやレンズなど、前もってメガネ屋さんで確認しましょう。

また、サングラス(色がついているレンズ)は全て紫外線カットが入っていると思っている人がいますが別ものです。

色が濃いレンズを選ぶ人や、紫外線が気になる人、白内障の人などは「UVカット99%以上」もしくは「紫外線透過率1.0%以下」を選びましょう。

可視光線透過率80%以上のサングラスだと光を遮らないので、天気が良くない日にも使用できます。

いつどのように使用するかによって選びましょう。

もちろん視力が悪い人はレンズの厚さも出てしまいます。

なのでフレームにもある程度の厚みがあるものを選ばないといけません。

度数や店舗にもよりますが、あまりにも度数が強かったり乱視が強ければ別料金になりますし、出来ない場合もあります。

眼科さんで処方してもらっても、信頼できるメガネ屋さんで視力を測ってもらってもいいでしょう。