サングラスの似合う形を顔のタイプ別に紹介します

日本人はサングラスが似合わないと思ってはいませんか?実はきちんと顔のタイプに合わせて選ぶことで似合う形のサングラスを見つけることができるのです。

顔が大きいから、エラが張っているから…のようなお悩みがあっても大丈夫!きっとあなたに似合うサングラスがあるはずです。

サングラスを選ぶときのコツやポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネのアンダーリムが似合う顔のタイプを紹介します

メガネにはさまざまなフレームの種類がありますが、その中でも個性的な印象を与えるアンダーリムにはどのよ...

眼鏡のレンズが外れたときにはどうしたらいい?対処方法とは

眼鏡のレンズが外れたときには、すぐ直したいために自分で無理にはめてしまいたくなってしまいますが、それ...

メガネの曇り止めは薬局で買えます!曇り止めについて

寒い時期や花粉症の季節に困ってしまうのがメガネの曇りですよね。このメガネの曇りは気にしていながら...

メガネレンズの選び方とお店によって値段が違う理由

今までと同じメガネを使っていて、「ちょっと最近見えにくくなってきたなぁ…」そう思うことが多くなってき...

メガネの鼻パットについた緑の物体の正体と綺麗にする方法

メガネの鼻パットに何やら緑色の物が付着。この物体が一体何なのかわからず、気になっている人もいるのでは...

メガネは顔の形で似合うかどうかが決まりますタイプ別にご紹介

メガネは顔の形によって似合う、似合わないがありますが自分の顔にはどんなメガネが似合うのか知りたいです...

カラーレンズメガネのグレーが与える印象とオシャレの楽しみ方

カラーレンズのメガネをオシャレのアイテムとして取り入れてみたいと思っている男性もいますよね。グレーの...

ウェリントンメガネが似合う女性のタイプとは特徴を紹介

ウェリントンメガネにはどのような特徴があるのでしょうか?女性にも人気のあるウェリントンメガネの特徴を...

メガネケースを手作りしたい人必見!簡単な作り方を紹介します

メガネケースを手作りする人が増えてきていますが、裁縫が苦手だと作れないのではないかと思ってしまうこと...

眼鏡フレームの白よごれの原因と綺麗にする方法!眼鏡を大切に

愛用している眼鏡フレームに白よごれが付着していたら、どうしてそんなよごれがついてしまったのか、原因が...

老眼鏡と遠近両用の違いとは?遠近両用メガネの選び方をご紹介

老眼鏡と遠近両用メガネにはどどのような違いがあるのでしょうか?どちらも同じものではないの?と思ってし...

似合うサングラスサイズの選び方とおすすめカラー

サングラスは選び方を間違えてしまうと、なんだか残念になってしまう恐ろしいアイテム。眩しさをしのぐもの...

メガネで目が小さくなるのはメイクで解消!自然に仕上げる方法

メガネをかけると目が小さくなるのが近視の人の悩みですよね。かといって、アイメイクに力を入れすぎるとな...

メガネの耳あては交換が可能!交換のタイミングと気になる費用

メガネの耳あて部分が気になることありませんか?かけた感じが今までと違った感じがする。何だか違和感を感...

ウェリントンとボストン、二つのメガネの違いについて知りたい

メガネのフレームには数多くの種類がありますが、その中でもウェリントンとボストンは人気の高いメガネの種...

スポンサーリンク

サングラスの似合う形はこちら。丸顔さんの場合

丸顔さんの特徴として、顔の輪郭に丸みがある事です。

頬辺りに肉付きがよかったり童顔に見られる事が多いです。

  • サーモント
    上のフレーム部分が太くなっている形のサーモントタイプは、カジュアルにもスポーツにも合わせやすい形です。丸顔さんがおしゃれにかける事ができるおすすめの形です。よりエッジの効いているものを選びましょう。
  • ウェリントン
    似合う人が多いと言われているウェリントンも、太めのフレームを選べば引き締め効果があります。

●合わせるの事が難しいサングラス
丸みのあるラウンドやティアドロップ、ボストンなどは、顔の丸みを強調させてしまいます。

●ポイント
角があるシャープさがあるものがおすすめです。
角があるものを選ぶ事によって丸みをカバーしてくれたりバランスをとりやすくしてくれます。太めのものを選びましょう。

面長顔さんにおすすめなサングラス

面長さんの特徴として、曲線が少ない事です。頬辺りに丸みが少なく、スッキリした涼しげな雰囲気です。

  • ティアドロップ
    昔から流行に左右されずに男性に人気があるティアドロップは、ジャケットなどと合わせるのがおすすめです。
  • ボストン
    シャープになりすぎてしまう事を避けたい場合、丸みのあるボストン型は和らげてくれる効果があります。
  • ウェリントン
    縦幅のあるウェリントンは合わせやすいです。

●合わせるの事が難しいサングラス
細めのフォックスは、シャープに見えすぎてしまいキツイ印象になってしまう事があります。

●ポイント
フレームが太めで縦幅があるものがおすすめです。
縦幅のあるものを選ぶ事によって縦幅をカバーしてくれたりバランスをとってくれます。

サングラスの似合う形とは? 三角顔さんはボストン

三角顔さんの特徴として、アゴがすっきりして見えます。小顔に見られスッキリとした雰囲気です。

  • ブロー
    底辺のしっかりあるブロー型は大人な印象を与える事ができ、アゴのラインもカバーできます。
  • フォックス
    斜め上に目尻に向けてつり上がったような形のフォックスは、フェイスラインを引き立たせてくれる効果があります。
    クールな印象を与えます。
  • ボストン
    上下の幅が広めで丸みもあるボストン型は、シャープになりすぎになってしまう事を防いでくれる効果があります。

●合わせるの事が難しいサングラス
大きめのサーモントやボストンはバランスがとりにくいです。

●ポイント
丸みのものが印象を和らげてくれるのでおすすめです。
上の部分にデザイン性があるものや太さがあるものなど、上側に目線がいくようなものが自然に気になるところがカバーができてバランスがとりやすいです。

だいたいのサングラスは似合う形となる四角顔さん

四角顔さんの特徴として、しっかりとした印象に見えます。

より男性らしい雰囲気があります。

  • ボストン
    ボストンの丸みが印象を和らげてくれるため優しさを出せます。
  • フォックス
    つり上がったような形のフォックスは、顔の輪郭が引き締まって見えるために、リフトアップしたようにシャープに見せる効果があります。
  • オーバル
    角張りをカバーしたいなら曲線的なオーバルのフレームをかけてバランスをとるのもおすすめです。

●合わせるの事が難しいサングラス
サイズが合っていれば、比較的どの形でも合いやすいです。

●ポイント
大きめのもので丸みがある形がおすすめです。
丸みのあるものを選ぶ事によって和らげてくれバランスをとってくれます。

サングラスが似合う形かどうかを見極めるポイント

  • 眉の見え方
    サングラスのフレーム上部のラインは、眉のラインから出過ぎないものを選びましょう。少し覗く位がベストです。眉のラインにフレームのラインも沿っているかチェックしましょう。
  • ブリッジの太さ
    左右のフレームとフレームを繋いでいる部分にかけて鼻上部にあるブリッジは、曲線的であればあるほど優しさや柔らかさの印象を与え、直線的であればあるほど男性的な印象や個性的な雰囲気を与えます。
  • テンプルの太さ
    目尻側から耳にかけているテンプルの部分は、細いほど華奢な印象、太いほどカジュアル感やクール感、モード感を与えます。
  • フレームの横幅
    フレームの横幅は、顔と同じ幅以内にしましょう。ちょうど同じ位か少し狭い位がバランスを取りやすいです。逆にフレームが大きすぎてしまうと寄り目に見えてしまう原因になります。
  • フレームのレンズの傾き
    横から見て、前の方に傾きが大きいものはワイルドなイメージを与えます。逆に傾きが少ないものは落ちついた大人なイメージを与えます。

人それぞれ似合うものは違います。似合うものを把握するのはもちろん、実際に店舗の鏡の前で合わせてよく選びましょう。