サングラスフレームの色は黒?ブラウン?選ぶポイントを紹介

サングラスのフレームはどんな色だとしっくりくるのでしょうか?まだまだサングラスをかけることに抵抗のある人は多いと思います。

その理由のひとつに、サングラスだけ浮いてしまうのでは?と悩んでいる人は自分に似合うフレームカラーを選ぶことで解決できるでしょう。

あなたに合うフレームカラーを見つける方法を紹介します。ポイントは肌の色や髪の色、小物の色です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネのウェリントン型が似合うのは?メンズコーデを紹介します

ウェリントン型はひとつ持っておくとメンズに役立つメガネと言えるでしょう。しかし選び方を間違えてしまう...

メガネの傷の直し方について対処法やレンズに傷をつけないコツ

メガネの傷の直し方について調べているあなた。その傷をなんとか自分で直せないものかと思っていませんか?...

メガネの正しい選び方【男性編】失敗しないメガネ選びのポイント

メガネのフレーム選びは難しいですよね。今までとはちょっと違うデザインのメガネを掛けたいと思っても...

メガネを常用しなくてはいけない視力メガネをかけるタイミング

メガネを常用するようになる視力はどのくらいなのでしょうか?ゆるやかに視力が低下していると、メガネ...

メガネ【女性30代】の選び方自分に似合うものを見つけよう

老けてみえるのは嫌だけれど、若作りしていると思われたくない微妙なお年頃の30代。髪型や洋服はもちろん...

メガネがサングラスになる跳ね上げとは?跳ね上げ式の特徴

メガネがサングラスになる跳ね上げ式とはどんなものなのでしょうか?サングラスが欲しいけれど、度付きのメ...

メガネのボストン型を女性がかけるときはココがポイント

メガネのボストン型とはどのようなメガネなのでしょうか?ボストン型のメガネが似合う女性のタイプとは?...

メガネの曇り止めのジェルタイプの特徴や使い方をご紹介

寒い時期、困ってしまうのがメガネの曇りですよね。マスクをしていると曇ってしまうのは仕方ないと思っては...

オシャレに見えるメガネコーデ!メガネの形別の印象と合うコーデ

メガネをファッションに上手に取り入れれば、コーデのアクセントになってオシャレ度もアップします。ですが...

老眼鏡の選び方!年齢別の度数と近点チェック・失敗しない選び方

新聞や雑誌を読むとき、気がつくと腕が伸びている。スマートフォンの文字が読みにくいなどの症状に頭を悩ま...

ウェリントンはメガネの中で最もメンズにおすすめのフレームです

「ウェリントン」というメガネの種類についてご存知でしょうか?昔からあるデザインのひとつではありま...

メガネのボストン型が似合う女性とは?ボストンの特徴

メガネのボストンが似合うのはどのような女性なのでしょうか?ボストンフレームに挑戦したいけれど、なんだ...

メガネとコーディネートするときのポイント【レディース】編

メガネをかけるとどうしても地味に見えてしまいますよね。メガネをかけこなしている人とそうでない人に...

カラーレンズメガネのグレーが与える印象とオシャレの楽しみ方

カラーレンズのメガネをオシャレのアイテムとして取り入れてみたいと思っている男性もいますよね。グレーの...

伊達メガネのレンズ交換!持ち込み交換が可能かについてご紹介

目が悪くなくてもおしゃれで伊達メガネをかけている方は、たくさんいらっしゃいます。そしてお気に...

スポンサーリンク

ど定番でハズさないのはサングラスのフレーム色が黒

サングラスを買おうと思った時に、フレームの形だけではなく、色も重要なポイントになります。
いくつも種類があって迷った時は、ど定番でハズさないのはサングラスのフレーム色が黒だという事を覚えておきましょう。

黒は他の色との組み合わせで合わない色がないと言えます。
ですので、落ち着いた色のファッションの時も、明るい色のファッションの時も、黒のフレームはピッタリ来るでしょう。

ただし、どんな色にも合う黒にも唯一気をつけなくてはいけない色もあります。
それは「黒」です。
全身が黒のファッションをしている上に黒いサングラスをかけると、怪しさ満点になってしまいます。
別の色のフレームにしたり、黒以外の色を取り入れた服に変えるようにしましょう。

また、同じ黒いフレームでも、太さが違ったり、光沢の有る無しでも雰囲気が変わりますので、それも踏まえたサングラス選びをしましょう。

サングラスフレームがブラウン色だと柔らかい印象に

サングラスのフレームを定番の黒にするのも良いですが、ブラウン色だと柔らかい印象になるので、こちらもおすすめです。

特に髪を茶髪など明る色にしている人は、ブラウン色のフレームが馴染むはずです。
細いフチのメタルフレームも良いですが、太いフチのセルフレームもおすすめです。色や模様のバリエーションの多さもおすすめポイントです。
チョコレートのような一色のブラウンより、べっ甲柄のブラウンは、落ち着いた大人の雰囲気がありますので、一度試着をしてみてはいかがでしょうか。

「黒だと重たい雰囲気になる」と感じた時は、ブラウン色のフレームも試してみましょう。
また、ブラウンは、日本人の肌の色とも馴染みが良いので、別の色のフレームだとしっくり来なかったのが、ブラウンにするとしっくり来たなんて事もよくあります。
フレームを選ぶ時は、見た目の雰囲気だけではなく、髪や肌の色との相性を見るようにしましょう。

サングラスのフレームの色から受ける印象とは

サングラスのフレームの色から受ける印象とはどういったものなのでしょうか。
紹介するのはごく一部ですが、それぞれの色の特性を理解して、サングラス選びにお役立てください。


  • 黒は高級感もあるため、使いやすい色ですが、同時に重たく見えたり、暗く見えることもあります。
  • ブラウン
    ブラウンは、落ち着きと温もりを持つ特徴のある色です。
  • シルバー
    ゴージャスでありながら、渋く落ち着いたイメージのあるシルバーは、大人のシャープなイメージも持っています。
  • ゴールド
    ゴージャスの一言しかないとも言えるゴールドですが、逆にそのやりすぎ感が遊び心のある大人の雰囲気を演出してくれます。

  • ファッションの差し色にも使われる赤は、女性らしい色ですが、一方で攻撃に的に見える一面もあります。

サングラスフレームは太さや素材も選ぶポイント

サングラスフレームは、色や形だけではなく、太さや素材も選ぶポイントです。

サングラスフレームと使われる素材の主なものは、金属で出来たメタルフレームか、プラスチックで出来たセルフレームです。
後は、べっ甲、竹、木などもありますが、それらは特殊ですので、選ぶ機会は少ないでしょう。

メタルフレームはフレームを細くできるという特徴があります。
ですので、顔周りをスッキリ見せることが出来ます。
また、細かい装飾が可能ですので、ツルの部分に繊細な装飾を施す事が出来ます。
エレガントさを求めるのなら、メタルフレームがおすすめです。

一方でセルフレームはフレームが太くなる事を活かしたデザインを楽しむことが出来ます。
また、模様やカラーバリエーションが多く、レトロ感を出したり、アバンギャルドな雰囲気を出して楽しむことも出来ます。

どちらの素材にするかは、自分のファッションとの相性で決めると良いでしょう。

サングラスのフレーム色で迷ったときは小物を確認

サングラスのフレーム色で迷ったときは小物を確認するというのも、ひとつの方法です。
というのも、サングラスをかける時に、帽子との組み合わせや、バッグとの相性を見ると失敗しないからです。
いつも身につけている帽子やバッグ、スカーフ、ベルトなどを見て、それと同じか、同系色のフレームの色を選ぶようにしましょう。

特にそういった小物は身につけないという人は、サングラスをかける時の服装の色に合わせた色のフレームを選ぶようにしましょう。
毎日サングラスをかける人は少数です。
恐らく、アウトドアや、スポーツ、旅行などの時にかけるのではないでしょうか。
その時の服装は、普段のファッションとは異なると言う方も多いと思いますので、それに合わせてフレームを選ぶと良いでしょう。

そのようにしてサングラスのフレームの色を選べば、自分にピッタリのものが必ず見つけることが出来ます。