サングラスをかけるとき日本人は眉毛をだすからダサくなる

サングラスは日本人に似合わないと思ってはいませんか?実はサングラスの似合わない原因のひとつに眉毛が出ていることがあります。

なぜ、日本人はサングラスから眉毛が出てしまうのでしょうか?その理由と対処方法を紹介します。

服を買うときには、自分に似合うかどうか試着をして合わせますよね。サングラスもじっくり向き合うことによりあなたに似合うものを見つけることができますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【メガネに似合う髪型】ボブヘアーのおすすめヘアアレンジを紹介

メガネに合うボブの髪型には一体どんなアレンジ方法があるのでしょうか。メガネとボブスタイルでオシャレを...

メガネの傷消しに消しゴムはNG!傷をつけない使い方とは

メガネの傷消しに消しゴムや研磨剤を使う方法がありますが、これらの方法はオススメできません。メガネ...

メガネの耳あては交換が可能!交換のタイミングと気になる費用

メガネの耳あて部分が気になることありませんか?かけた感じが今までと違った感じがする。何だか違和感を感...

メガネで印象を優しい雰囲気にするには?色や形の選び方

メガネの印象で知的や真面目に見えるのは嬉しいポイントでもありますが、それに加えて冷たく見えたりきつく...

メガネのネジの締め方とは。ネジなのでドライバーで締めます

メガネのネジって、とっても小さいですよね?その、小さいネジをよく見ると、きちんとプラスかマイ...

メガネのテンプルの長さとは?短いもの見つける方法

メガネを選ぶときにはどんなことを基準にしていますか?似合う、似合わないで選ぶことはもちろん掛け心地も...

サングラスの選び方は眉毛で決まる!似合うサングラスの見つけ方

サングラスでクールに決めたいのに、なぜか面白くなってしまった、こんなことはありませんか?サングラスの...

メガネのウェリントンが似合わない顔のタイプとは?選ぶポイント

メガネのウェリントンフレームが似合わないのはどんな顔のタイプの人なのでしょうか?誰にでも合いやすいと...

顔のタイプ別メガネの選び方とは?モテるメガネを見つける方法

自分の顔に合うメガネの選び方とは?なんとなくいつもと同じような無難なものを選んではいませんか?...

眼鏡とサングラスの2wayになる調光レンズとは?特徴をご紹介

普段からメガネをかけている人は、まぶしくともサングラスをかけることができませんよね。そんなときに役立...

メガネを常用しなくてはいけない視力メガネをかけるタイミング

メガネを常用するようになる視力はどのくらいなのでしょうか?ゆるやかに視力が低下していると、メガネ...

老眼鏡の度数の調べ方は簡単?あなたに合った老眼鏡の探し方

最近、近くのものが見えにくい、新聞を読んだあとに視界がぼやける、などなんとなく違和感を感じ始めたら老...

老眼鏡とルーペの違いとは?自分に合うメガネをかけよう

老眼鏡とルーペにはどのような違いがあるのでしょうか?老眼鏡は年を感じさせるからとかけるのを先延ばしに...

メガネの鼻パッドの黄ばみが気になる時には交換がおすすめ

鼻パッドが付いたメガネを長く使っていると、どうしても鼻パッドの黄ばみが気になりますよね。メガ...

メガネのフレーム「ウェリントン」とは?特徴と選び方をご紹介

メガネはフレームによって印象がガラリと変わりますよね。そんなメガネのフレームの「ウェリントン」にはど...

スポンサーリンク

サングラスの似合う日本人と似合わない日本人は眉毛が違う

海外の映画の俳優モデルなどがサングラスを格好良くかけこなしているのを見て、少しでも近付こうと似たようなサングラスをかけてみたら、思いのほか似合わないくてガッカリしたなんて経験はありませんか?

そのような事が起こるのは、「自分が日本人で、向こうは外国人だから」と思う方も多いでしょう。
それは、半分正解で半分間違いです。
というのも、同じ日本人でも、サングラスが似合う人はたくさんいます。
そのようにサングラスの似合う日本人と似合わない日本人の差が出てしまう大きな理由の一つは、「眉毛が違う」という事にあります。

日本人は外国の人に比べて、目と眉毛の間に距離があります。
そのため、サングラスとかけた時に、眉毛が隠れずに飛び出して見えるのです。
それが自分が他の人から見ても、間抜けに見えたり、子供っぽく見えたりしてしまう原因になるのです。
日本人でもサングラスが似合う人は、目と眉毛の距離が近いため自然にかけこなす事が出来るのです。

日本人の眉毛にしっくりくるサングラスとは

上手く眉毛が隠れるようなサングラスを見つけることが出来れば良いのですが、なかなかそうはいかない場合もあります。
日本人の眉毛にしっくりくるサングラスとは、どのような選び方をすれば良いのでしょうか。

それは、「レンズの色が薄いサングラス」を選んで見るのです。
例えば、真っ黒なレンズのサングラスや、ミラーレンズのサングラスを選ぶと、表情は見えずミステリアスで格好良い目を想像してしまいます。
その時に、眉毛がピョコッと飛び出していると、そのミステリアスな雰囲気は台無しになってしまい、最悪の場合は間抜けに見えてしまうこともあります。
しかし、レンズの色が薄いサングラスをかけると、目の表情が見えるようになり、その目とバランスが取れているのであれば、多少眉毛が飛び出していても、それほど不自然に感じなくなるのです。

サングラスは眉毛が隠れるように選ぶのがポイント

サングラスをかける時に、クールに見られたいのであれば、サングラスは眉毛が隠れるように選ぶのがポイントです。
眉毛を隠すために、こういった事を実践してみてはいかがでしょうか。

鼻当ての高さを調整する

例えば、顔よりもやや小さい紙などを顔の前に持ってきた時に、顔に張り付くくらい紙を近づけたら、紙は顔からはみ出して見えます。
しかし、腕を伸ばして紙を顔から離すと、紙は顔全体、または顔の大部分を隠すのではないでしょうか。
コレをサングラスでも応用するのです。
顔との距離が近いサングラスは、メガネ店で鼻当てを高くしてもらったり、鼻パッドを追加して鼻当ての高さを調整しましょう。
そうすれば、眉毛とサングラスの位置も調整できるはずです。

フレームが大きいサングラスにする

横に長くて細いサングラスはキリッとして、格好良いイメージもあり、人気のあるデザインです。
しかし、細長いサングラスは、眉毛が隠れづらいので、なんだか似合わないという人も少なくありません。
そういった時は、フレームが大きいサングラスにしてみるのはいかがでしょうか。
フレームが大きくて代表的なものとしては、「ウェリントン」、「ボストン」、「バタフライ」などです。
一度こういったフレームを試してみたら、案外似合うかも知れません。

帽子を被る

サングラスが似合わないからと言って、眉毛を剃り落とすわけにもいきません。
そういった時は、帽子をかぶってみるのはいかがでしょうか。
帽子を目深に被れば眉毛もごまかせますし、サングラスも似合うようになります。

日本人がサングラスを選ぶときは顔の形も意識しましょう

日本人がサングラスを選ぶときは、眉毛とのバランスも大切ですが、顔の形も意識しましょう。

というのも、例えば丸顔の人が丸いレンズのサングラスをかけると、顔の丸さが強調されてしまう事があります。
格好良くキメたいのであれば、それは避けたいですよね。
そうならないようにするために、おおまかではありますが、顔のタイプ別のサングラスの合わせ方をご紹介します。

  • 丸顔
    丸顔さんは、出来るだけ顔が丸くならないように見せたいですよね。
    そういった場合は「スクエア」、「ブロー」、「フォックス」のように、フレームに丸みがなくシャープさのあるサングラスを選ぶようにしましょう。
  • 面長
    面長さんは、比較的似合うサングラスの多い輪郭だと言えます。
    なかでも、「ウェリントン」や「ティアドロップ」などは、大人っぽい魅力を発揮することが出来るサングラスだと言えます。
    しかし、「ブロー」や「フォックス」のようなレンズの縦幅が狭いサングラスにすると、顔の長さが強調されてしまう恐れがあります。
  • 四角顔
    輪郭ががっしりしている四角顔さんは、エラが強調されないようなサングラス選びをしましょう。
    「オーバル」や「ラウンド」、「ボストン」などは、レンズに丸みがありますので、四角顔さんとのバランスも抜群です。
  • 三角顔
    顎がシャープな三角顔さんは、小顔に見える反面、サングラス選びを間違うと、顔が貧相に見えてしまうという一面を持っています。
    そうならないように、キリッとさせる「スクエア」や「ブロー」にしたり、「ボストン」で柔らかい印象をプラスしてみると良いでしょう。

サングラスに眉毛を合わせるのもアリ眉毛の切り方

眉毛に合うように、サングラスを選ぶのも良いですが、サングラスに眉毛を合わせるのもアリですよ。
「男性が眉毛を整えるなんて」とハードルが高いように感じる人もいると思いますが、男性OKの眉毛サロンもあり、男性でも眉毛を整えている人は、意外に多いのです。
そんな眉毛の切り方についてご紹介します。

その前に、眉毛を整えるために使う道具についてご紹介します。

  • 眉毛コーム、ブラシ
  • 眉毛用ハサミ
  • 毛抜き

この4つが基本です。
他にも、眉毛用のシェーバーやカミソリもありますが、長さの調整がうまく行かなかったり、手元が狂った時に、大きく眉毛を落としてしまう恐れがありますので、眉毛の手入れにある程度なれてから使うようにしましょう。
また、眉毛描きがあると、なりたい眉毛のラインを描いてから眉毛を整えたり、切りすぎてしまった眉毛の補正をすることが出来ますので、出来れば1本準備しておきましょう。

サングラスに合わせた眉毛の切り方のポイントをご紹介

なりたい眉毛の写真などを決める。

雑誌やネットなどで「コレが自分のなりたい眉毛」というものがあれば、それを見ながら眉毛を整えられるように、手元に準備しておきましょう。

片方を一度にやらない

これはやりがちな失敗ですが、片方は綺麗に整えられたのに、反対側の眉毛が上手く形を作れないというものです。
例えば、片方の上側を整えたら、次は下側に行かず、反対の眉の上側を整えるなど、左右交互に行っていきましょう。

眉毛もブラッシング

ブラッシングが必要なのは髪の毛だけではありません。
眉毛も流れを整えるためにブラッシングが必要です。
毛の流れを整えてからカットに移りましょう。

眉毛コームで切りすぎないようにガード

眉毛が長い人は、ハサミで毛先をカットする必要がありますが、そのままカットしようとすると、必要以上に切ってしまう恐れがあります。
そうならないように、眉毛コームで毛を立たせ、コームからはみ出た眉毛をカットするようにしましょう。

いらない部分はカット、または抜く

眉毛が濃いタイプの人は、眉毛の上やまぶたのところまでいらない毛が生えていることがよくあります。
そういったいらない眉毛は、ハサミでカットするか、毛抜きで抜きましょう。

最初から完璧を目指さずに、軽くカットすることから始めると良いでしょう。
そうすることで、今まではボサボサだった眉毛も、整った綺麗な眉に変わります。
そのようにして、整った眉毛になれば、日本人であっても、似合うサングラスが見つけられるようになります。