サングラスの横幅が合わない。調整する方法や対処方法

サングラスの横幅が合わないときには調整が必要ですが、他のお店で購入したものでも直してもらうことはできるのでしょうか?

なんとなく、頼みにくいお願いですが実はすんなり行ってくれるお店が多いようです。しかし、他で購入したものは調整を受け付けていないお店や調整することができないサングラスがあるので前もって確認してみるものいいでしょう。

サングラスの調整が必要となったときにはぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

面長さんのメガネフレームの選び方オススメはウェリントン

面長さんがメガネのフレームを選ぶときにはどんなものにしたらいいのでしょうか?メガネを選ぶときには、自...

メガネのボストン型を女性がかけるときはココがポイント

メガネのボストン型とはどのようなメガネなのでしょうか?ボストン型のメガネが似合う女性のタイプとは?...

サングラスレンズの色の特徴と選び方や日本人に合うものを紹介

サングラスのレンズの色にはどのような特徴や効果があるのでしょうか?運転をするときにかけるサングラスと...

メガネのスポーツ用を子供に買うときのポイントや選び方

子供にスポーツ用メガネを買うときには、どのようなことが選ぶポイントとなるのでしょうか?スポー...

眼鏡のレンズに厚みが目の大きさに関係?自然に見える眼鏡選び

近視が強い方は眼鏡のレンズの厚みが気になりますよね。また厚みのある眼鏡をかけると、目が裸眼よりも小さ...

メガネの黒縁が似合うメンズとは?似合うメガネを見つける方法

メガネの黒縁をかけたメンズが好きな女子は多いようです。しかし、誰でも似合うというわけではありません。...

メガネのウェリントンとは?女性に似合うウェリントンをご紹介

ウェリントンメガネはどのようなメガネなのでしょうか?オフィスでも使いやすいウェリントンメガネ...

眼鏡とサングラスの2wayになる調光レンズとは?特徴をご紹介

普段からメガネをかけている人は、まぶしくともサングラスをかけることができませんよね。そんなときに役立...

メガネのボストン型が似合う女子になりたい!メガネの選び方

メガネのボストン型が似合う女子とは?ファッションのひとつであるメガネは知的に見えたり、外したときのギ...

サングラスの色んな形の名称について知りたい

サングラスと一言で言っても、さまざまな形があります。あまりサングラスに詳しくない人は、「丸いレン...

メガネ姿がかっこいい男性とは?女性が求めるメガネ男子

女性がメガネをかけている男性をかっこいいと思ってしまうのには理由があります。いったいどんなところを魅...

メガネのツルにシリコンのパーツを装着するとズレないかについて

メガネのツルにシリコン製の部品を装着すると、メガネがズレることを防いでくれるのでしょうか?1...

メガネで大きめなものが似合うのは四角顔のメンズ

メガネは大きめしか似合わないというメンズは多いのでしょうか?女性よりも顔の大きい男性は、大きめの形の...

メガネとマスクの同時着用でのずれる悩みを解決。原因や対処法

毎日の生活にメガネが欠かせない女子にとって、困るのが花粉の季節や風邪の時期ではないでしょうか。...

メガネのボストン型に似合う髪型はコレ!バランスがポイント

メガネのボストン型にはどんな髪型が似合うのでしょうか?ボストン型が似合う、面長さん、三角顔さん、四角...

スポンサーリンク

サングラスの横幅を調整したいと思ったときは

「なんだかサングラスの横幅がキツイかも」または「サングラスの横幅がゆるく感じる」などとサングラスの横幅を調整したいと考えることもあるかも知れません。
そのように思ったときは、まず「メガネ店に行く」という方法を取りましょう。
というのも、メガネ店は、自社の製品ではなくても、調整や修理を受け付けてくれるところがあるからです。

ですので、ネットや雑貨屋で買ったからと言ってすぐに諦める必要はありません。
千円もしない値段で直してくれたり、運が良ければ、無料で直してくれる場合もあります。
ただし、自社の製品以外は受け付けていないメガネ店もありますし、場合によっては、修理にそれなりの費用がかかってしまうこともありますので、出来れば事前に電話などで確認してから行くと良いでしょう。

とはいえ、わざわざお店に足を運ぶのはちょっと面倒ですよね。
しかし、「ちょっとくらい自分で曲げれば大丈夫」などと思い込んで、大切なサングラスをダメにしてしまっては、さらに事態は悪化してしまいます。
まずはメガネ店に相談しましょう。

サングラスの調整をしてもらえないもの

基本的にサングラスの横幅は、メガネ店に持っていけば調整してもらえますが、サングラスの中には調整をしてもらえないものもあります。

それは、「フレームが特殊な素材のもの」です。
サングラスに使われる素材は、基本的にセルフレームかメタルフレームです。
しかし、スポーツサングラスに使われるような、特殊な素材や、木や竹といった調整の難しいものですと、店頭で気軽に調整することが出来ないと考えた方が良いでしょう。

しかし、スポーツサングラスのすべてが調整できない訳ではありませんので、まずは店員さんにそのサングラスの素材の診断をしてもらいましょう。
出来れば説明書や箱書きなど、素材の確認が出来るものがあるとなお良いです。

サングラスの横幅調整をしなくてもいいようにサイズを確認しましょう

「前に買ったサングラスの横幅はちょうど良かったんだけど、新しいサングラスは横幅がいまいちだから、調整してもらわなきゃ」なんてことになったら、再びメガネ店に足を運ばなくてはいけなくなります。
そのように、サングラスの横幅調整をしなくてもいいようにサイズを確認してから購入するようにしましょう。

サングラスやメガネのサイズは、左のツルの内側に数字で書かれています。
それぞれの数字が「レンズ幅」、「ブリッジ幅」、「テンプル幅」を表しています。
その数字と同じものを買えば、横幅が合わないという自体を避けることが出来ます。

メモを取ったり、携帯で写真を取ったり、そのサングラスそのものを持っていくなどすると良いでしょう。
ただし、サイズの数字は同じでも、鼻当ての高さや、耳に当たる部分のカーブの具合が悪ければ、掛け心地の悪いものになってしまう恐れがあります。
必ず試着をして、必要であれば、微調整をしてもらうようにしましょう。

サングラスの横幅調整がかなり必要なら顔に合っていない場合も

人間が太ったり痩せたりするのは、体だけではなく、顔や頭にも影響します。
サングラスの横幅調整がかなり必要なら顔に合っていない場合もあります。

サングラスを買った時はピッタリだったのに、そこから大幅に痩せたり太ったりすることがあれば、顔のサイズも変わってきますので、調整が必要になる場合もあります。
ですので、サングラスだけのせいにせず、自分の体型も省みるようにしましょう。
横幅の調整だけでは追いつかない場合は、新しいサングラスの購入も考えた方が良いかも知れません。

無理をしてガバガバのサングラスや、キツキツのサングラスをするより、自分がストレス無くかけることの出来るサングラスをかけることの方が大切です。
前のサングラスは、体型が戻った時のために保管しておきましょう。

サングラスの横幅調整の頻度が多いという人はメガネの扱い方を見直しましょう

特に太ったり痩せたりしているわけでもないのに、サングラスの横幅調整の頻度が多いという人はメガネの扱い方を見直しましょう。
こんな扱いをしていたら、サングラスの歪みの原因になってしまいますよ。

サングラスの歪みの原因

片手でかけたり外したりしている

サングラスを片手でかけたり外したりしている人はよく見かけますよね。
しかし、これはフレームに負荷がかかって歪みの原因になる行動なのです。
出来るだけ両手でかけ外しを行うようにしましょう。

暑い場所に置く、持っていく

夏の車内など、高温になる場所にサングラスを置いたままにすると、熱によってフレームやレンズが歪む恐れがあります。
他にも、お風呂やサウナなどの暑い場所に持っていったり、バーベキューの火の側に置かないようにしましょう。

かけたまま寝転がる

サングラスをかけたまま寝転がって枕や腕にフレームが当たると、それが歪みに原因になってしまいます。
横になる場合は、出来るだけサングラスを外すようにしましょう。

このようにして、サングラスの横幅が合わないと思ったら、メガネ店で調整をしたり、日々の扱いを気をつけるようにすれば、サングラスを長く使うことが出来ます。
レンズの寿命は5年とされていますが、それよりもフレームが先に壊れるなんてことがないようにしましょう。