メガネのセルフレームの白っぽい汚れの磨き方とお手入れ方法

メガネを使っているうちにセルフレームが白っぽくなってくることがあります。フレームが白くなる原因と、お手入れ方法についてご紹介します。
白っぽくくすんだままでは、見た目も良くないですし、古い印象に見えてしまいます。
自分でもできる磨き方や、お手入れの注意点について見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オーバルメガネの似合う顔とは?オーバルの特徴を紹介

オーバルのメガネが似合うのはどんな人なのでしょうか?メガネは顔のコンプレックスを薄くしてくれるアイテ...

老眼鏡の選び方!年齢別の度数と近点チェック・失敗しない選び方

新聞や雑誌を読むとき、気がつくと腕が伸びている。スマートフォンの文字が読みにくいなどの症状に頭を悩ま...

メガネのズレ防止。子供におすすめなズレにくいアイテムをご紹介

うちの子供のメガネ、またずれている…。よく動く子供はメガネがずれていても気にしないかもしれません...

マスクでメガネが曇る時の対処法!メガネの曇りを防いで快適に

マスクを着用すると、メガネが曇ることはメガネ愛用者のみなさんが直面する大きな壁です。マスクが曇ってし...

サングラスで紫外線対策効果の強いものは?選び方のポイント

サングラスで紫外線対策が強いものが欲しいときには、どんな選び方をしたらいいのでしょうか?イメ...

スクエアメガネが似合う人とは?知的なレディースになれるメガネ

スクエアメガネはメンズに人気なメガネですが、レディースにもおすすめなメガネとなります。とくに、ビジネ...

男性がメガネをかけるときには髪型のココがポイント

メガネをかけた男性にはどのような髪型が似合うのでしょうか?なんだか冴えないのはメガネのせいと決めつけ...

メガネのボストン型に似合う髪型はコレ!バランスがポイント

メガネのボストン型にはどんな髪型が似合うのでしょうか?ボストン型が似合う、面長さん、三角顔さん、四角...

男性にしてもらいたいメガネと髪型!かっこいいは作れる

メガネ男子が悩む髪型、どんなものが似合うのか迷走している人は多いのではないでしょうか?メガネ...

老眼鏡の度数は年齢で上がるもの?自分に合った老眼鏡選び

老眼鏡の度数は年齢と共に上がるものなのでしょうか?45歳だから、このくらいの度数を決めつけるのは止め...

サングラスの似合う髪型とは?おすすめやポイントを紹介します

サングラスがよく似合う人は髪型もキマっていることが多いですよね。残念サングラスにならないためにはどの...

メガネのコーデを地味に見せない方法レディースコーデのポイント

レディースのメガネコーデはどうしてもいつも同じようなものになってしまいますよね。きちんと見せたいけれ...

メガネを買おう!黒縁の太いメガネの印象と後悔しないメガネ選び

これから黒縁メガネを買おうと思っている男性もいますよね。似合うメガネが見つかれば大人でカッコいい印象...

メガネのフレームなしが似合う男性のタイプを紹介します

メガネのフレームなしが似合うのはどんな男性なのでしょうか?働くときには、知的であったり落ち着いた雰囲...

メガネが似合う顔とは?メンズにかけてほしいメガネを紹介

メガネが似合う顔ということはイケメンと諦めてはいませんか?女性はメンズのメガネ姿にこんなことを求めて...

スポンサーリンク

メガネのセルフレームが白っぽく見える原因

メガネのレンズはいつも綺麗になるように気をつけていたけど、気がついたらフレームが白っぽくなっていたなんて事は、セルフレームをかけている人なら、一度は経験があるはずです。

メガネに付きやすい汚れの種類

汗や皮脂

メガネは肌に直接触れるものですから、セルフレームに汗や皮脂が付着してしまいます。
セルフレームに残った汗や皮脂の成分が、白っぽくなってしまうのは、よくあることです。

整髪料

汗や皮脂以外にもセルフレームを白っぽくさせてしまう原因はあります。
それは整髪料です。
ワックスなどに含まれている油分が固まって白っぽくさせてしまう可能性があります。

石鹸やハンドソープで洗った

メガネを綺麗にしようと思って、石鹸やハンドソープなどのアルカリ性の洗剤で洗ってしまうと、その時は綺麗に見えても、化学変化によって後からフレームやレンズを白くさせてしまいます。
メガネを洗う時は、必ず中性洗剤で洗うようにしましょう。

経年劣化

出来るだけフレームも綺麗に保って磨くようにしていても、どうしても白っぽくなってしまうこともあります。
メガネをかけて数年経つと、フレームの表面に小さな傷が入り、そこに溜まった皮脂や整髪料などが取れない汚れに変わってしまいます。

メガネのセルフレームに専用のアイテムを使った磨き方

身の回りにあるものでセルフレームを磨くことは出来ますが、一番安心なのが専用の磨き剤や道具ですよね。
そのように、メガネのセルフレーム専用のアイテムを使った磨き方についてご紹介します。

まず、汚れが軽いものでしたら、メガネ専用の洗剤を使ってレンズだけではなく、フレームも一緒に洗いましょう。
基本的には指で洗いますが、鼻当てに汚れが溜まっているなどがありましたら、小さなブラシで擦り落としましょう。
その時は、傷の原因になりますので、レンズとフレームは擦らないように注意しましょう。

しっかり磨きたい時

メガネ専用のポリッシングクリームを使います。
こちらはセルフレームを磨くことに特化したものです。
ですので、何度洗っても取れなかった白い汚れが綺麗になります。
ただし、汚れが深い場合は磨くのに時間がかかりますので、根気よく磨くようにしましょう。
ちなみに、ポリッシングクリームはあくまでもセルフレーム専用のものですので、レンズは磨かないようにしましょう。

メガネのセルフレームの磨き方、歯磨き粉でお手入れ

「メガネ専用のポリッシングクリームよりも手軽にセルフレームを磨きたい」という方には、なんと歯磨き粉でお手入れという方法もあります。

歯磨き粉には研磨剤が含まれているものもありますので、それを利用してフレームを磨くのです。
初めは少量をクロスにつけて、一部分を擦って試してみてから行うようにしてください。汚れが頑固なものですと少し時間はかかりますが、白かった箇所は綺麗になるはずです。
この場合も、レンズにかからないように気をつけましょう。
また、歯磨き粉はアルカリ性ですので、成分が残っていると、再び白くなってしまいます。ですので、水ですすいだ後に中性洗剤で洗い落とすようにしましょう。

ご説明はさせていただいたものの、歯磨き粉はメガネを洗うためには作られていないため、正直なところおすすめな方法とは言えません。
安価で試してみたいといった理由がある場合のみ使用するようにしましょう。

メガネセルフレームの磨き方でコンパウンドを使うのはNG

車いじりやプラモデルなどが趣味の方は「メガネ専用のポリッシングクリームを買わなくても、コンパウンドで代用できるかな?」と考えることもあるかも知れません。

メガネセルフレームにコンパウンドを使うのはNG

というのも、車やプラモデルに使われるために作られたコンパウンドは強力なため、メガネの内側に書かれている数字が消えてしまう恐れがあります。
これが消えてしまうと、ブランド、メーカー名やサイズのデータなどを読むことが出来なくなってしまうのです。
「特にそんなの気にしない」といった方も、削り過ぎることでフレームのかけ心地などが変わってしまう恐れもありますので、フレームを本格的に綺麗にしたい場合は、コンパウンドを使わずにメガネ専用のポリッシングクリームを使うことをおすすめします。

また、メガネのフレームを綺麗にしてくれるお店もありますので、本格的に綺麗にしてもらいたいのであれば、そちらにお願いしましょう。

メガネのセルフレームで注意したい超音波洗浄機

メガネのセルフレームで注意したい超音波洗浄機についてご紹介します。
超音波洗浄機は手では落としきれない細かな汚れを落としてくれる便利な機械ですよね。
しかし、超音波洗浄機は基本的にはメタルフレームでの使用を推奨しているため、セルフレームの場合は注意が必要です。
特にセルロイドのフレームや、本物のべっ甲や竹など、特殊な素材で作られているものは変質してしまう恐れがあるため、使用しないでください。

同じセルフレームでも、アセテートは比較的変質する可能性が低い

一回の使用でいきなり変質してしまうことは滅多にありません。
とはいえ毎日、毎週など高い頻度で超音波洗浄機にかけていると、アセテートいえども表面が白くなってしまいますので、月に一回程度に収めておきましょう。

このようにして、日々の扱い方や洗い方などを実践しておけば、セルフレームが白くなる可能性も低くなりますし、もし白くなっても、磨き方ひとつで輝きを取り戻せることが出来ます。