メガネのセルフレームの白っぽい汚れの磨き方とお手入れ方法

メガネを使っているうちにセルフレームが白っぽくなってくることがあります。フレームが白くなる原因と、お手入れ方法についてご紹介します。
白っぽくくすんだままでは、見た目も良くないですし、古い印象に見えてしまいます。
自分でもできる磨き方や、お手入れの注意点について見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの横幅が大きいものはあるの?メガネの合わせ方

メガネの横幅があるものが欲しい!顔の大きい人におすすめなメガネとは?どのようなメガネを選んだらい...

メガネの傷消しについてレンズに付いた小さな傷への対処法とは

メガネの傷消しについて、レンズに小さな傷を発見したら、なんとか自分で傷消しができないものかと考えてし...

サングラスレンズの色の特徴と選び方や日本人に合うものを紹介

サングラスのレンズの色にはどのような特徴や効果があるのでしょうか?運転をするときにかけるサングラスと...

メガネでスクエアタイプが似合うのは?メンズメガネの特徴や印象

メガネのフレーム選びは本当に一苦労ですよね。いくつのもの店舗に足を運んで、いくつかを試しに掛けてみた...

サングラスで人気な形とは?レディースに似合うのはこの形

レディースサングラスで人気なものに挑戦したいけれど、自分に似合うか不安…というときには、まずどんな形...

メガネにブルーライトカットやUVカットは必要?特徴をご紹介

メガネを購入するときに迷ってしまうのがブルーライトカットやuvカットのオプションではないでしょうか?...

メガネで目が小さくなるのはメイクで解消!自然に仕上げる方法

メガネをかけると目が小さくなるのが近視の人の悩みですよね。かといって、アイメイクに力を入れすぎるとな...

オーバルメガネの似合う顔とは?オーバルの特徴を紹介

オーバルのメガネが似合うのはどんな人なのでしょうか?メガネは顔のコンプレックスを薄くしてくれるアイテ...

眼鏡の修理は他店でも可能?気になる眼鏡の修理について

眼鏡が壊れてしまったら購入した店舗に修理を頼むのが一般的ですが、引っ越しなどを理由に、購入した店舗に...

メガネの似合う色の選び方ポイントとは?髪や肌の色

メガネを初めて買うときには似合う色が何色なのか気になりますよね。選び方を間違えてしまうと、顔色が悪く...

カラーレンズメガネの色別の印象は?メガネでオシャレを楽しもう

カラーレンズをファッションアイテムとして取り入れている人もたくさんいますよね。これからファッションア...

メガネのつるがゆるいときの対処法と自分で直すときの注意点とは

メガネのつるがゆるいと感じてきたら、メガネが落ちていたり、下がってきたりするのでとても不便ですよね。...

メガネの横幅が狭いほうがいいタイプとは?メガネの選び方

メガネの横幅が狭いと、こめかみが痛くなってしまったり顔が大きく見えてしまうのでは?と思ってしまいます...

メガネ【女性30代】の選び方自分に似合うものを見つけよう

老けてみえるのは嫌だけれど、若作りしていると思われたくない微妙なお年頃の30代。髪型や洋服はもちろん...

カラーレンズメガネをコーデに取り入れてオシャレ度をアップ

今オシャレさんたちの間で密かなブームになっているのがカラーレンズのメガネです。実際にコーディネートに...

スポンサーリンク

メガネのセルフレームが白っぽく見える原因

メガネのレンズはいつも綺麗になるように気をつけていたけど、気がついたらフレームが白っぽくなっていたなんて事は、セルフレームをかけている人なら、一度は経験があるはずです。

メガネに付きやすい汚れの種類

汗や皮脂

メガネは肌に直接触れるものですから、セルフレームに汗や皮脂が付着してしまいます。
セルフレームに残った汗や皮脂の成分が、白っぽくなってしまうのは、よくあることです。

整髪料

汗や皮脂以外にもセルフレームを白っぽくさせてしまう原因はあります。
それは整髪料です。
ワックスなどに含まれている油分が固まって白っぽくさせてしまう可能性があります。

石鹸やハンドソープで洗った

メガネを綺麗にしようと思って、石鹸やハンドソープなどのアルカリ性の洗剤で洗ってしまうと、その時は綺麗に見えても、化学変化によって後からフレームやレンズを白くさせてしまいます。
メガネを洗う時は、必ず中性洗剤で洗うようにしましょう。

経年劣化

出来るだけフレームも綺麗に保って磨くようにしていても、どうしても白っぽくなってしまうこともあります。
メガネをかけて数年経つと、フレームの表面に小さな傷が入り、そこに溜まった皮脂や整髪料などが取れない汚れに変わってしまいます。

メガネのセルフレームに専用のアイテムを使った磨き方

身の回りにあるものでセルフレームを磨くことは出来ますが、一番安心なのが専用の磨き剤や道具ですよね。
そのように、メガネのセルフレーム専用のアイテムを使った磨き方についてご紹介します。

まず、汚れが軽いものでしたら、メガネ専用の洗剤を使ってレンズだけではなく、フレームも一緒に洗いましょう。
基本的には指で洗いますが、鼻当てに汚れが溜まっているなどがありましたら、小さなブラシで擦り落としましょう。
その時は、傷の原因になりますので、レンズとフレームは擦らないように注意しましょう。

しっかり磨きたい時

メガネ専用のポリッシングクリームを使います。
こちらはセルフレームを磨くことに特化したものです。
ですので、何度洗っても取れなかった白い汚れが綺麗になります。
ただし、汚れが深い場合は磨くのに時間がかかりますので、根気よく磨くようにしましょう。
ちなみに、ポリッシングクリームはあくまでもセルフレーム専用のものですので、レンズは磨かないようにしましょう。

メガネのセルフレームの磨き方、歯磨き粉でお手入れ

「メガネ専用のポリッシングクリームよりも手軽にセルフレームを磨きたい」という方には、なんと歯磨き粉でお手入れという方法もあります。

歯磨き粉には研磨剤が含まれているものもありますので、それを利用してフレームを磨くのです。
初めは少量をクロスにつけて、一部分を擦って試してみてから行うようにしてください。汚れが頑固なものですと少し時間はかかりますが、白かった箇所は綺麗になるはずです。
この場合も、レンズにかからないように気をつけましょう。
また、歯磨き粉はアルカリ性ですので、成分が残っていると、再び白くなってしまいます。ですので、水ですすいだ後に中性洗剤で洗い落とすようにしましょう。

ご説明はさせていただいたものの、歯磨き粉はメガネを洗うためには作られていないため、正直なところおすすめな方法とは言えません。
安価で試してみたいといった理由がある場合のみ使用するようにしましょう。

メガネセルフレームの磨き方でコンパウンドを使うのはNG

車いじりやプラモデルなどが趣味の方は「メガネ専用のポリッシングクリームを買わなくても、コンパウンドで代用できるかな?」と考えることもあるかも知れません。

メガネセルフレームにコンパウンドを使うのはNG

というのも、車やプラモデルに使われるために作られたコンパウンドは強力なため、メガネの内側に書かれている数字が消えてしまう恐れがあります。
これが消えてしまうと、ブランド、メーカー名やサイズのデータなどを読むことが出来なくなってしまうのです。
「特にそんなの気にしない」といった方も、削り過ぎることでフレームのかけ心地などが変わってしまう恐れもありますので、フレームを本格的に綺麗にしたい場合は、コンパウンドを使わずにメガネ専用のポリッシングクリームを使うことをおすすめします。

また、メガネのフレームを綺麗にしてくれるお店もありますので、本格的に綺麗にしてもらいたいのであれば、そちらにお願いしましょう。

メガネのセルフレームで注意したい超音波洗浄機

メガネのセルフレームで注意したい超音波洗浄機についてご紹介します。
超音波洗浄機は手では落としきれない細かな汚れを落としてくれる便利な機械ですよね。
しかし、超音波洗浄機は基本的にはメタルフレームでの使用を推奨しているため、セルフレームの場合は注意が必要です。
特にセルロイドのフレームや、本物のべっ甲や竹など、特殊な素材で作られているものは変質してしまう恐れがあるため、使用しないでください。

同じセルフレームでも、アセテートは比較的変質する可能性が低い

一回の使用でいきなり変質してしまうことは滅多にありません。
とはいえ毎日、毎週など高い頻度で超音波洗浄機にかけていると、アセテートいえども表面が白くなってしまいますので、月に一回程度に収めておきましょう。

このようにして、日々の扱い方や洗い方などを実践しておけば、セルフレームが白くなる可能性も低くなりますし、もし白くなっても、磨き方ひとつで輝きを取り戻せることが出来ます。