メガネで目が小さくなるのをどうにかしたい!解消させる方法

メガネをすると目が小さくなるのを解消したいけれど、毎日コンタクトをするのは疲れてしまいますよね。

近視の場合は、メガネをかけると目が小さく見えてしまうことが悩みの女性は多いのではないでしょうか?なぜ、メガネをかけると目が小さく見えてしまうのでしょう?

小さく見えてしまう理由や原因とは?メガネをかけると目の印象がぼやけてしまうのを防ぐには、フレーム選びにポイントがあるようです。

今かけているメガネで、目を大きく見せたいという人はメイクで印象を変えてみるのもいいでしょう。目が小さく見えない方法やメガネに似合うメイク方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネをファッションのコーデとして取り入れるときのポイント

メガネをファッションのひとつとしてコーデしてみたけれど、真面目な学生にしか見えない・・という人はいま...

メガネケースを手作りしたい人必見!簡単な作り方を紹介します

メガネケースを手作りする人が増えてきていますが、裁縫が苦手だと作れないのではないかと思ってしまうこと...

メガネを作る時に必要な視力と度数について正しく理解しましょう

メガネを作るためには視力検査だけすればいい、そう思っていませんか。実は、視力だけではなく「度...

サングラスの形別の名前は?色々な種類のサングラスと特徴

サングラスが好きで、色々なサングラスを集めている男性もいますよね。一言でサングラスと言っても、その形...

メガネケースを手作りしてみよう!簡単な作り方をご紹介します

メガネケースはメガネを購入したお店のものを使っている人も多いでしょうが、友達が持っているかわいい手作...

サングラスのフレームの種類と特徴。女性向け似合う形の探し方

女性向けのサングラスもいろいろな種類があり、どれを選べばいいか悩む方は多いと思います。形もさまざ...

メガネの縁がグレーの場合の印象と感想。似合うメガネの選び方

最近は手軽な価格でメガネが購入できますので、ビジネスシーンやプライベートに合わせてメガネを着替える人...

メガネの形に似合う顔のタイプとは?それぞれの特徴を紹介します

自分に似合うメガネは顔の形によって決まると言ってもいいほどです。メガネをかけてみて、しっくりくるもの...

メガネとマスクの同時着用でのずれる悩みを解決。原因や対処法

毎日の生活にメガネが欠かせない女子にとって、困るのが花粉の季節や風邪の時期ではないでしょうか。...

メガネを常用するときの度数とは?メガネの作り方を紹介します

仕事のときだけメガネをかけているけれど、普段も見えにくくなっているときには常用メガネが必要なのでしょ...

メガネで目が小さく見える時のメイク方法!近視女子のお悩み解決

近視用のメガネをかけている女性の中には、メガネのせいで目が小さく見えてしまう事に頭を悩ませている人も...

メガネをケースに入れる時の正しい入れ方やお手入れ方法を解説

メガネを購入したばかりの人は、メガネをどのように扱うのが正しい取扱い方なのかわからないこともあります...

メガネのレンズが傷だらけになる原因とは?予防方法をご紹介

メガネを大切に扱っていても、レンズにキズがついてしまうことがあります。なぜメガネのレンズは、いつ...

メガネのフレーム持ち込みが安いとは限らない!理由と料金

メガネのレンズだけ交換したいときにはフレーム持ち込みしたほうが安いのでしょうか?フレームが気...

メガネがサングラスになる跳ね上げとは?跳ね上げ式の特徴

メガネがサングラスになる跳ね上げ式とはどんなものなのでしょうか?サングラスが欲しいけれど、度付きのメ...

スポンサーリンク

メガネをかけると目が小さくなる理由とは

目を大きく見せたいと思う女性にとってメガネをかけることで、目が小さくなってしまうのはコンプレックスになってしまうでしょう。
出来るだけメガネをかけながら大きな目元を見せるためには、原因を知るところから始めるべきです。
メガネをかけて目が小さく見えてしまう要因は、レンズの度数が強いことが関係しているかもしれません。
視力が悪ければ悪いほどメガネの度数が上がってしまうことは仕方ないことです。
特に近視が強い人であればメガネのレンズが分厚くなってしまい、メガネをかけると目が小さくなってしまうのです。
メガネ店で相談をしても「この視力では難しい」と言われる人も少なくないようです。

メガネの度数が高いという原因だけではなく、目が小さくみえる原因には他にも屈折率が関係しているようです。
光は同じ物質の中を通過する限りは、基本直進する性質があります。
しかしある物質が別の物質を入れる時には、境目の部分が曲がってしまいます。
光はレンズを通すと屈折しますが、それを数値化したものを屈折率と言います。
この屈折率が大きほどレンズを薄くすることができるのです。
しかし近視の場合は中心が最も薄くなるためレンズを厚くすることによって屈折率が大きくしなければいけないのです。
それが原因で目が小さく見えてしまうようです。

こんなメガネをすると目が小さく見えてしまいます

目が小さく見えるのはレンズのせいだけではないようです。
実はメガネの種類によって目が小さく見えてしまうのです。
例えばフレームが大きなメガネをしてしまうと、目が小さい印象を与えてしまうのです。
想像して欲しいのですが、大きなお皿にクッキーを置いた場合と、小さなお皿にクッキーを置いた場合では、どちらがクッキーは小さく見えるでしょうか。
おそらく多くの人は、大きなお皿にあるクッキーの方が小さく見えると答えるでしょう。
まったく同じ大きさのクッキーでも囲いが大きいことによって、見え方が違って見えてくるのです。
その原理はメガネでも言えることでフレームが大きいほど目は小さく見えますし、フレームが小さいほど目が大きく見えるのです。

他にも目と眼鏡の距離も関係しているようです。
目からメガネを話していくと目は小さく見えて行きます。
その原理が働いているのです。
これを防ぐためには目とレンズの距離が近くなる必要があります。
そこでフレームの鼻あてがないフレームを選んでみるのはいかがでしょうか。
実は鼻あてがない方が目とレンズの距離は近くるのです。
ただ鼻あてがないとフィット感がないため、メガネが下がってしまいます。
落ち着かないと言う方もいるので、実際に試して機能性を取るのか目を大きく見せる方を取るのかを選ぶと良いでしょう。

目が小さくなるのを解消するメガネの選び方

目が小さく見えることをコンプレックスにしてしまうことはもったいないです。
メガネをかけて目が小さくなってしまっているならば、改善することができるのです。
悩みを解消するメガネを選んでいきましょう。
メガネの中には自分の顔に合っていない種類のものがあります。

  • 目を少しでも大きくみせるためには、小さめのフレームのメガネを選びます。
    黒ぶちメガネが欲しいと言う方は大きめを選ばずに、フレームの小さめなタイプを選んでみると黒ぶちでも合うのではないでしょうか。
    メガネを選ぶ際には目と頬のバランスを見て選ぶと良いでしょう。
    また目とレンズのバランスを重要なポイントになります。
  • メガネを購入する際に店頭ではメガネの使い心地を聞き、メガネの調整をします。
    その際に目とレンズは近づいた方が目が大きく見えますので、できるだけ目とレンズの位置を近づけたいと店員さんに相談してみるといいかもしれません。
    そうすれば調整の際に悩みになったメガネを作ってくれますし、フィット感があるものを使ってくれるので悩みが解消されるはずです。
  • メガネの悩みがある方はフレーム選びにも悩まれます。
    メガネをかけて目が小さく見えてしまう方はフレームがないものを選ぶと良いでしょう。なぜかと言うとフレームがあると目を囲ってしまうので、目をさらに小さく見せてしまうのです。
    フレームを作らないことで目立ちにくくなるのです。

メガネで目が小さくなるのを解消したいなら

メガネ美人になりたいと思っている方も多くいらっしゃいます。
メガネをかけていると自然とメガネは自分の一部になりますので、どんなメガネが自分に合ったものになるのかを考えながら選ぶとよい選択ができるでしょう。
まずメガネをして目が小さくなってしまう方はレンズについて工夫する必要があります。どうしても視力が悪ければ比例してレンズが分厚くなってしまいます。
レンズが厚ければ目が小さく見えて、ストレスになってしまう人もいるでしょう。
薄型のレンズにすることで目を小さくなってしまうことを防ぐことができます。
度数によって店舗で取扱があるかは変わってきてしまいますが、できるだけ薄型レンズのものを選ぶことによって解消されるのです。

しかしどうしても薄型レンズがないと言う場合は、フレームの種類から悩みを解消していきます。
フレームを黒ぶちのフレームにするのです。
なぜ黒ぶちのフレームが良いとされているのでしょうか。
女性はメイクをする際に目を大きく見せるために、どのようにメイクをしていくと思いますか。
女性は目を強調させるために目を黒のアイラインで囲んだりするはずです。
実は目を黒く囲み強調させることで、人は目が大きく見えると錯覚してしまうのです。
その効果は黒ぶちメガネでも言うことができるのです。
黒ぶちのメガネの中でもフレームが小さいものを選びます。
フレームの大きさと黒ぶちのフレームのダブル効果で目は大きくみえるはずです。

メガネをして目が小さくなるのを解消するメイクとは

メイクをすることで、女性は綺麗になる魔法ができるといってもいいのではないかと思います。
メガネによって小さく見えてしまう目も、メイクで解消することができるはずです。

  1. 普通にメイクをする際、アイシャドウの一番の濃い色は二重の幅の位置にのせていきます。
    それはあまりにも濃い色の部分を増やしてしまうと、不自然な印象を与えてしまうからです。
    しかし目が小さく見えてしまう方は、上まぶたの三分の一の部分にアイシャドウをのせていきましょう。
    そうすることによって不自然ではなく、メガネをかけていてもよりパッチリとした印象になるのです。
  2. メガネの種類の中にはフレームがないメガネをつけている方もいるでしょう。
    フレームのないメガネを付けている方の場合は、アイシャドウをより強調してみてください。
    フレームありのメガネでは三分の一程度だったアイシャドウの部分を、二分の一程度に広げてみることによって更に強調した目元になります。
  3. 目元をばっちりメイクにすると、まつげがメガネのレンズに当たってしまい、気になってしまうことがあります。
    その場合にはマスカラを根本限定につけてみてください。
    マスカラをする際にはしっかりビューラーでカールすることで、まつげが上がります。
    まつげが上がればまつげがレンズに当たることを防いでくれますので、忘れずにしておくといいでしょう。