メガネの傷消しに消しゴムはNG!傷をつけない使い方とは

メガネの傷消しに消しゴムや研磨剤を使う方法がありますが、これらの方法はオススメできません。
メガネの傷を見つけて、なんとか自分で傷消しをしようと調べているあなた。

ここでは、そんなあなたのためにメガネの傷消しについて、レンズについた傷の修復の難しさや傷ができないために気をつけることなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、メガネの傷を見つけたときにしてはいけない事がわかります。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの位置が正しいかチェック!自分でできるフィッティング

メガネがよく落ちてしまう、きつくてメガネをかけにくいなど、メガネに関してのお悩みをお持ちの方もいます...

メガネのレンズの非球面とは?非球面レンズの特徴をご紹介

メガネのレンズは非球面のほうがいい?今までは球面レンズだったけれど、進められたとおりに非球面レンズに...

そのメガネのサイズ合ってないかも!サイズを合わせるときのコツ

メガネのサイズが合ってないとどのような印象を与えてしまうのでしょうか?できるだけ自分の顔のサイズに合...

サングラスに求める効果とは。大切なのはレンズの色ではない

 サングラスに求める効果はなんでしょうか? 変装したいという方や、メイクをしていないからなど...

メガネは顔の形で選ぶ!40代・四角顔メンズのメガネの選び方

メガネを選ぶときは、顔の形に合わせて選ぶと自分にピッタリのメガネを見つけることができます。4...

カラーレンズとサングラスの違いとは?それぞれの特徴をご紹介

カラーレンズとサングラスにはどのような違いがあるのでしょうか。カラーレンズとサングラス、それぞれの特...

男性のメガネから心理がわかる?メガネ男子の気持ちを見抜く

あなたの好きな人はどんなメガネをかけていますか?顔の印象が大きく変わるメガネはかけている人の心理が隠...

シルバーフレームのメガネを選ぶならココがポイント

シルバーのメガネフレームをかけたいけれど年齢よりも上に見られてしまうのでは?地味に見えてしまいそうと...

伊達メガネのレンズ交換はできる?持ち込む時のポイント

伊達メガネのレンズを他のお店で交換してもらうことはできるのでしょうか?お気に入りの伊達メガネ...

眼鏡のレンズ交換は他店で購入したフレームでも大丈夫

今使っている眼鏡が合わなくなってきたら、新しいメガネをフレームごと購入するか、レンズだけを交換するか...

メガネの傷を修理したい。自己流がオススメ出来ない理由とは

2・3年使っていると愛用のメガネが曇ったように感じませんか?実はそれには、細かな傷がついてしまっ...

メガネを作る時に必要な視力と度数について正しく理解しましょう

メガネを作るためには視力検査だけすればいい、そう思っていませんか。実は、視力だけではなく「度...

メガネのレンズを薄くしたい人のためのメガネの選び方

メガネレンズをできるだけ薄くしたい、目が悪い人の夢ですよね。視力が下がるにつれ、分厚くなるメ...

プールでメガネをかけられないときはどうする?ゴーグルの選び方

普段、メガネをしている人がプールに行くときに困ってしまうのが目の悪さですよね。プールによってはメガネ...

老眼鏡のレンズ交換の値段の相場はいくら?老眼鏡の買い替えどき

こないだ買ったばかりなのに、よく見えないなんだかしっくりこないというときには老眼鏡のレンズを交換して...

スポンサーリンク

メガネの傷は消しゴムでは消えない

メガネのキズを消そうと消しゴムを使おうとしていませんでしたか?
いけません。

そんなことをしてはメガネのレンズにキズを増やす一方です。

メガネのレンズにキズがついてしまったら、基本的に消すことは出来ません。
どうしても気になるのならレンズを交換するという方法を使うほかありません。

消しゴムで消そうなどという情報をどこから得たかはわかりませんが、そんなことをしてはメガネを悪くしてしまう一方なのでもししようとしているお友達がいたら全力で止めてください。

消しゴムで消せるのは鉛筆で書いた文字とちょっとした黒ずみ汚れくらいです。

メガネのキズには修復方法がほぼありませんので無理して、用途外のことに消しゴムを使ったりしないようにしましょう。

メガネの傷消しに消しゴムや研磨剤を使うのはNG

メガネのキズ消しには研磨剤も使ってはいけません。

メガネ用の研磨剤が市販されていることもありますが、そういったアイテムはキズを消すためには設計されていませんので、傷ができてしまった後に使用しても悪化させてしまう可能性などもあるためそういったものの使用は控えましょう。

自分でメガネのレンズを研磨してしまうと、メガネのレンズの表面にあるコーティングを削ってしまうことになります。

メガネのレンズには目に見えませんが、いろいろな効果をもたらしてくれるコーティング加工がしてあります。

そのおかげで反射を防止してくれたり、ものによっては紫外線をカットしてくれたりと言う効果があるのです。

それを削ってしまうとメガネに良くないことは想像がつきますね。
無理に研磨を行って見え方がおかしくなることもあるのでそういった行為はやめましょう。

メガネ屋でも傷消しはできない

メガネのキズ消しはメガネ屋さんでも出来ません。
ごく僅かな薄い傷であれば修復できるメガネ屋さんもありますが、基本的にはレンズ交換となります。

そういった場合にはメガネ屋さんで交換を行ってもらいましょう。

通販サイトなどでレンズのみを販売していることもありますが、セルフでレンズ交換を行うのも賢明ではありません。

お店で交換をしてもらうときにはレンズの代金と加工費がかかりますが、お店でプロに任せるぶん、保証をしてもらえます。

何かあった場合にはお店が助けてくれますので、セルフで交換を行ったりするよりもリスクが低いです。

お店で交換を行った場合は調整などのアフターケアも一緒に行ってもらえることがほとんどなので、メガネについての他の悩みもその際に一緒に解決してしまえるといいですね。
日頃のメンテナンスなどもちょっとお店に行くだけで無料で行ってくれるところがほとんどですので、利用してみてはいかがでしょうか。

メガネを乾拭きするだけでも傷が付いてしまう

メガネは乾拭きをするだけでも目に見えない細かい傷がついています。

メガネを拭く際には購入時にもらったクリーナーを使ってのお手入れをしましょう。

汚れが気になるときには水で洗浄し、使う洗剤は台所用の中性洗剤にしぼりましょう。
他の洗剤を使ってしまうと研磨剤が含まれて居た場合にはキズを増やしてしまうことになりますし、強すぎる洗剤はコーティングがダメージを受けてしまいます。

さらにメガネはお湯に弱く、良かれと思ってお湯をかけてしまうだけでも劣化を招きますので洗浄するときは必ず水でということを心がけましょう。

メガネは普段から使用するので扱いが雑になってしまいがちですが、意外とデリケートなアイテムです。

劣化させないように使用しても寿命が5年ほどのものなので、今お使いのメガネがどのような状態なのかということも確かめることが必要でしょう。

メガネに傷ができないために気をつけること

メガネに傷がつかないように使うということも長持ちさせるには大事なことです。

メガネのレンズの面を下にして置いてしまったりしていませんか?
そうした扱い方をしているとレンズをより危険にさらしている状態になりますので、できることならそういった状態は作らないのが理想的です。

メガネを置くときは必ずレンズの面を上にしましょう。

そのままポケットやカバンに入れてしまうのも危険です。
持ち運ぶ際にはケースに入れるか布に包むなどしてしっかりとメガネを保護しましょう。
メガネをかける際にも片手でメガネをかけると負担をかけてしまうため、しっかりとメガネのつるを両手で持って、顔の正面からまっすぐとかけるように心がけましょう。

日頃のちょっとした心がけでメガネの寿命を少しでも延ばすことに繋がるのならそれほどいいことはありませんよね。

メガネを丁寧に扱うと経済的な負担も少なくなりますし、愛着も湧いてくると思います。
くれぐれも新しいレンズに交換したときは、消しゴムを使おうとなんてしないようにしてください。