メガネの傷消しに消しゴムはNG!傷をつけない使い方とは

メガネの傷消しに消しゴムや研磨剤を使う方法がありますが、これらの方法はオススメできません。
メガネの傷を見つけて、なんとか自分で傷消しをしようと調べているあなた。

ここでは、そんなあなたのためにメガネの傷消しについて、レンズについた傷の修復の難しさや傷ができないために気をつけることなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、メガネの傷を見つけたときにしてはいけない事がわかります。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サングラスの形は自分に似合うものを選ぶことがポイントです

初めてサングラスを買う女性は、少しでも自分に似合う形のフレームや色のものを選びたいもの。しか...

男性にしてもらいたいメガネと髪型!かっこいいは作れる

メガネ男子が悩む髪型、どんなものが似合うのか迷走している人は多いのではないでしょうか?メガネ...

メガネのツルの直し方!曲がったプラスチックフレームを直す方法

プラスチックメガネを愛用している人の中には、メガネのツルが曲がって困っている人もいるのではないでしょ...

メガネに似合う髪型とは?イケてるメガネ男子になる方法

メガネをかけている男子はどんな髪型が似合うのでしょうか?もちろん顔のタイプによって似合う、似合わない...

サングラスは安物でも効果はあるの?紫外線対策はココを確認

サングラスの安物は効果がないどころか、紫外線対策には向いていない?!色の濃いサングラスをかけていれば...

メガネがずれる原因は何?ずれるメガネの対処方法

メガネを買ったときににはしっかり調整してもらい顔にフィットしていますが使っているうちになんとなくゆる...

眼鏡の鼻あてが跡になるのをどうにかしたい!予防方法を紹介

眼鏡の鼻あて部分に跡がついてしまうのはどうしたらいいのでしょうか?まずは、そのメガネが合っているのか...

メガネが似合う女子とは?30代女性が選ぶべきメガネの探し方

30代の女性にとってメガネ選びはとても難しいものと言えるでしょう。それは可愛らしさや若さを優先となる...

メガネでマスクが曇る本当の理由とその解決方法を教えます

メガネをかけている人にとって、花粉症の季節などにマスクをすると曇るのが一番の悩みではないでしょうか。...

メガネ【メンズ】の選び方とは?メガネ選びのコツとポイント

いつも同じようなメガネのフレームを選んではいませんか?顔の印象が変わって見えるメガネは、なかなか服の...

サングラスのレンズの傷消し方法と長く使用するための心得

お気に入りのサングラスを自分の不注意で落としてしまい、レンズに傷がつくとショックは大きいでしょう。...

メガネのスポーツ用を購入する!野球用を選ぶときのポイント

子供が野球をするときにはどのようなスポーツ用メガネを選んだらいいのでしょうか?小学生のうちは壊してし...

サングラス【メンズ】を選ぶ基準とはスポーツごとに特徴をご紹介

スポーツをするときには、サングラスをかけることで見やすさや目の保護、眩しさに邪魔をされないなど様々な...

メガネのタイプ選び。丸顔におすすめのフレームタイプと選び方

メガネを購入するときは、似合うメガネを購入して印象良く見せたいと思いますよね。似合わないメガネを購入...

眼鏡の鼻あてはシリコンがいい?シリコンの特徴と変え時

眼鏡の鼻あてのシリコン部分がなんだか汚れてきたような…。このシリコンの鼻あて部分はどのくらいの期間で...

スポンサーリンク

メガネの傷は消しゴムでは消えない

メガネのキズを消そうと消しゴムを使おうとしていませんでしたか?
いけません。

そんなことをしてはメガネのレンズにキズを増やす一方です。

メガネのレンズにキズがついてしまったら、基本的に消すことは出来ません。
どうしても気になるのならレンズを交換するという方法を使うほかありません。

消しゴムで消そうなどという情報をどこから得たかはわかりませんが、そんなことをしてはメガネを悪くしてしまう一方なのでもししようとしているお友達がいたら全力で止めてください。

消しゴムで消せるのは鉛筆で書いた文字とちょっとした黒ずみ汚れくらいです。

メガネのキズには修復方法がほぼありませんので無理して、用途外のことに消しゴムを使ったりしないようにしましょう。

メガネの傷消しに消しゴムや研磨剤を使うのはNG

メガネのキズ消しには研磨剤も使ってはいけません。

メガネ用の研磨剤が市販されていることもありますが、そういったアイテムはキズを消すためには設計されていませんので、傷ができてしまった後に使用しても悪化させてしまう可能性などもあるためそういったものの使用は控えましょう。

自分でメガネのレンズを研磨してしまうと、メガネのレンズの表面にあるコーティングを削ってしまうことになります。

メガネのレンズには目に見えませんが、いろいろな効果をもたらしてくれるコーティング加工がしてあります。

そのおかげで反射を防止してくれたり、ものによっては紫外線をカットしてくれたりと言う効果があるのです。

それを削ってしまうとメガネに良くないことは想像がつきますね。
無理に研磨を行って見え方がおかしくなることもあるのでそういった行為はやめましょう。

メガネ屋でも傷消しはできない

メガネのキズ消しはメガネ屋さんでも出来ません。
ごく僅かな薄い傷であれば修復できるメガネ屋さんもありますが、基本的にはレンズ交換となります。

そういった場合にはメガネ屋さんで交換を行ってもらいましょう。

通販サイトなどでレンズのみを販売していることもありますが、セルフでレンズ交換を行うのも賢明ではありません。

お店で交換をしてもらうときにはレンズの代金と加工費がかかりますが、お店でプロに任せるぶん、保証をしてもらえます。

何かあった場合にはお店が助けてくれますので、セルフで交換を行ったりするよりもリスクが低いです。

お店で交換を行った場合は調整などのアフターケアも一緒に行ってもらえることがほとんどなので、メガネについての他の悩みもその際に一緒に解決してしまえるといいですね。
日頃のメンテナンスなどもちょっとお店に行くだけで無料で行ってくれるところがほとんどですので、利用してみてはいかがでしょうか。

メガネを乾拭きするだけでも傷が付いてしまう

メガネは乾拭きをするだけでも目に見えない細かい傷がついています。

メガネを拭く際には購入時にもらったクリーナーを使ってのお手入れをしましょう。

汚れが気になるときには水で洗浄し、使う洗剤は台所用の中性洗剤にしぼりましょう。
他の洗剤を使ってしまうと研磨剤が含まれて居た場合にはキズを増やしてしまうことになりますし、強すぎる洗剤はコーティングがダメージを受けてしまいます。

さらにメガネはお湯に弱く、良かれと思ってお湯をかけてしまうだけでも劣化を招きますので洗浄するときは必ず水でということを心がけましょう。

メガネは普段から使用するので扱いが雑になってしまいがちですが、意外とデリケートなアイテムです。

劣化させないように使用しても寿命が5年ほどのものなので、今お使いのメガネがどのような状態なのかということも確かめることが必要でしょう。

メガネに傷ができないために気をつけること

メガネに傷がつかないように使うということも長持ちさせるには大事なことです。

メガネのレンズの面を下にして置いてしまったりしていませんか?
そうした扱い方をしているとレンズをより危険にさらしている状態になりますので、できることならそういった状態は作らないのが理想的です。

メガネを置くときは必ずレンズの面を上にしましょう。

そのままポケットやカバンに入れてしまうのも危険です。
持ち運ぶ際にはケースに入れるか布に包むなどしてしっかりとメガネを保護しましょう。
メガネをかける際にも片手でメガネをかけると負担をかけてしまうため、しっかりとメガネのつるを両手で持って、顔の正面からまっすぐとかけるように心がけましょう。

日頃のちょっとした心がけでメガネの寿命を少しでも延ばすことに繋がるのならそれほどいいことはありませんよね。

メガネを丁寧に扱うと経済的な負担も少なくなりますし、愛着も湧いてくると思います。
くれぐれも新しいレンズに交換したときは、消しゴムを使おうとなんてしないようにしてください。