サングラスもレンズ交換ができます。やり方はとっても簡単!

サングラスのレンズ交換をしたい!

サングラスのレンズを交換する方法で、一番簡単なのは『眼鏡屋さんに持っていくこと』です。

購入した眼鏡屋さんでなくとも、新しいレンズ代や交換手数料を支払えば、サングラスのレンズを交換してもらうことは可能です。

その場合、レンズを取り外せないフレームや、壊れているフレームなどは残念ながらレンズを交換することはできませんのでご注意ください。

また、最近はメガネのフレームなどをネットで注文してから実店舗へ行ってメガネを仕上げてもらうという方法もあるようです。

メガネは毎日使う道具ですから、使い勝手がよいものを作りたいですよね。

サングラスのレンズを、透明な度付きレンズと交換することも可能です。
レンズ交換のやり方についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの黒縁が似合う女性と似合わない女性の違いを紹介

メガネの黒縁はシンプルだからこそ似合う女性、似合わない女性がハッキリします。しかし、自分の顔のタイプ...

伊達眼鏡のレンズを簡単に取る方法を知りたい

長年かけると地味になると言われてきた眼鏡ですが、今は眼鏡はおしゃれアイテムのひとつとして認識されてい...

メガネひとつでこんなに印象が変わる!しっかり者に見えるメガネ

メガネの印象は強いものですが、それを逆に使ってしっかり者に見せることもできます。メガネの地味や暗いと...

メガネをかけている高校生女子は、世間からどう思われているのか

メガネはおしゃれアイテムとして認知はされていますが、かけ方によっては野暮ったく見えてしまうこともある...

メガネを外すと別人になるのを防ぐには?ギャップを減らす方法

メガネを外すと別人になる時、それがプラスに働けばいいですがマイナスに働くのはどうにか避けたいですよね...

メガネの調整が必要なときとは?幅が気になるときはココを確認

メガネの幅がなんだかしっくりこない・・これは調整が必要なのでしょうか?メガネを購入して、定期的にフィ...

メガネでスクエアタイプが似合うのは?メンズメガネの特徴や印象

メガネのフレーム選びは本当に一苦労ですよね。いくつのもの店舗に足を運んで、いくつかを試しに掛けてみた...

メガネ【ボストン型】似合う人の特徴や選び方と楽しむコツを紹介

メガネをボストン型のものにしたいけど、自分に似合うかどうかわからないという人もいるでしょう。メガ...

眼鏡を初めてつけて慣れない。慣れるまでの期間や対処方法

初めて眼鏡をつくったけれど、なんだか疲れる、クラクラするというような人は多いと思います。初め...

メガネに似合う髪型とは?イケてるメガネ男子になる方法

メガネをかけている男子はどんな髪型が似合うのでしょうか?もちろん顔のタイプによって似合う、似合わない...

プールでメガネをかけられないときはどうする?ゴーグルの選び方

普段、メガネをしている人がプールに行くときに困ってしまうのが目の悪さですよね。プールによってはメガネ...

メガネのつるが臭いのは何が原因?対処方法を紹介します

メガネのつるが臭い、しかもその匂いが取れない、そんなときには、この方法がおすすめです。メガネ...

メガネと髪型のロングを合わせるときのおすすめヘアスタイル

髪型のロングはいろいろなヘアアレンジができますがメガネと合わせるときには、どんなスタイルがおすすめな...

目が細いとメガネが似合う?自分にピッタリなメガネの探し方

目が細いのがコンプレックス・・・。メガネをかけると細い目がさらに細く見えてしまう近視の人に似合うメガ...

メガネのウェリントン型が似合うのは?メンズコーデを紹介します

ウェリントン型はひとつ持っておくとメンズに役立つメガネと言えるでしょう。しかし選び方を間違えてしまう...

スポンサーリンク

サングラスのレンズ交換のやり方について

あなたはお気に入りのサングラスをお持ちですか。そのサングラスのフレーム自体が気に入っていたとしても、日々使っていくうちに、度付きの場合は度数が変化してきたり、レンズ自体のカラーを変えたいなどと思うことも在るでしょう。

サングラスを日常的にかけていない場合は、長年使用する人も少なくありません。ですから、折角、お気に入りで思い入れのあるサングラスであれば、思い切って、レンズだけを交換してみてはどうでしょうか。

サングラスのレンズ交換はどのようにすればよいのでしょうか。はたまた、何処で交換可能なのでしょうか。そのやり方を説明したいと思います。サングラスのレンズ交換をする場合は、近くのメガネ店にまずは、相談してみるとよいでしょう。

もちろん、サングラスを購入した店舗に持っていくにこした事はありませんが、購入した店舗が近くにない場合もあると思います。購入した店舗でなくとも、近くのメガネ店でレンズだけを交換してくれる場合もあります。まずはお店に相談して、可能であればレンズ交換をお願いしましょう。

その店舗がレンズ交換が可能であったとしても、サングラスの形状にによっては、交換ができないも場合があります。すべてのサングラスがレンズ交換可能な訳ではありません。

サングラスのレンズ交換。できるフレームとできないフレームがある

サングラスのフレームが特殊な形をしている場合、レンズ交換ができない場合もあります。その店舗に対応出来るレンズがない場合もあるからです。そのような時は、購入店舗かサングラスのブランドに直接相談すると良いでしょう。

度付きのレンズに交換する場合ですが、レンズの厚みが以前に入っていたものより度の変化によって厚みが変わってしまう事も在るでしょう。そのような時には、レンズがフレームのサイズに合わないことも在るため、交換ができません。

レンズそのものがサングラスから外れないものもあります。そのような場合は交換はもちろん不可能です。

セルフレームの中に材質が粗悪なものもあります。レンズを外す際には、フレームをヒーターであぶらなければならないため、粗悪な場合は、フレームが変形してしまうことも考えられます。

あなたのサングラスのレンズ交換ができるかどうかに悩んだら、まずはメガネ店へ直接持ち込み調べてもらったり相談して見るのがよいかもしれません。

サングラスのレンズを通販で注文してから店舗へ持ち込む方法もあります

サングラスのレンズ交換のやり方には通販サイトでレンズを購入し、店舗へ持ち込むという方法もあります。

新しいレンズを購入したからと、自分で交換しようとしても、かなりの技術や経験がなければ、フレームが破損したり、時にはレンズが割れてしまうことも考えられます。

万が一、自分で交換している途中で、レンズ糸が破損してしまったり、ネジが壊れてしまうと、メガネ店へ持ち込んでも修理ができない場合も考えられます。自分で交換する際は、それだけのリスクも考えられるのです。できれば、専門の店舗へ持ち込んで交換を依頼する方が賢明でしょう。

オンラインショップなどでは、手持ちのフレームを送ると、同じ度数で度付きのレンズに交換出来るシステムの店舗もあります。

近くの眼科などで視力測定した情報を、オンライショップに度数登録すると、それに合わせたレンズを入れてくれます。そのままで良い場合は、送ったメガネのレンズの度数を測定し、同じ度数のレンズを新しく入れてサングラスを作成してくれるショップも在るようです。

サングラスのレンズ交換はどのくらいでするべき?

お気に入りのサングラスを長年使っているという人もいるでしょう。メガネのように、日常的にかける訳もなく、度も入っていない場合、頻繁に買い換えるという人はあまりいないのではないでしょうか。
思い切って奮発して購入したり、大切な人から頂いたという思い出もあって、中には10年以上使用しているという人もいるかも知れません。そんなサングラスですが、果たしてレンズに寿命は在るのでしょうか。

サングラスをきれいに使用している人は多いと思います。傷もなく、レンズもきれいなままであれば、何年でも使用可能かと言えば、実はそうではありません。

紫外線対策の為のUVカットサングラス。紫外線は、皮膚だけでなく、眼にも影響をあたえています。このUVカットレンズには紫外線吸収剤が練り込まれています。この紫外線吸収剤が使われているレンズがUVを吸収しているのです。

この紫外線を吸収する機能は、実は5年程度で低下するといわれています。1週間に一度しか使わないような方は、少し長くなる場合もあるでしょう。

この機能が低下しているのではないかと気になる人は、メガネ店へ自分の使っているサングラスを持ち込んで見ましょう。メガネ店にある機器でレンズのUVカット率を調べられます。UVカット率が99%を下回る場合は、眩しさは押さえられていると実感できても、実際、紫外線カットはできていません。レンズ交換をするべきです。

また、サングラスを車の中に置きっぱなしという人も少なくないと思います。レンズがプラスチックあった場合、60度以上で変形してしまいます。変形すると機能が低下してしまうのです。また湿度の高いところでも、レンズの隙間に残った水分によって、変色や機能の低下に繋がります。

あなたは、サングラスを何処で、どのくらいの期間、使用していますか。保管はどのようにしていますか。それによってレンズの寿命が変わってくるのです。

サングラスのレンズ交換は専門店へ。度なしレンズを度付きのレンズに交換するやり方とは

お気に入りのサングラスだったとしても、なかなかかける機会がないという人もいるかもしれません。メガネとして使うことができれば、お気に入りのフレームをそのまま楽しめます。逆に、使わなくなったメガネをリメイクしたい、サングラスとして使いたいという人もいるでしょう。
度付きのサングラスの度数を合わなくなってきたという人は、それだけでかけることができません。
果たしてレンズ交換できるのでしょうか。レンズ交換のやり方はどのようにすればよいのでしょうか。

サングラスのレンズ交換は、専門店へ相談しましょう。

自分の持っているメガネやサングラスのレンズだけを交換することができるということを、知らなかったいう人もいたかもしれません。フレームはそのままに、レンズだけを新品に交換することは可能です。もちろん度なしのレンズを度付きにレンズに交換することも可能です。自分にあった度に交換できれば、視界が良好になることは間違いありません。

特に、メガネフレームに度付きのサングラスレンズを入れる場合は、強い度数にも対応できるという利点があります。ただし、度なしのサングラスレンズを、度付きのレンズにする場合、フレームのカーブが強いものだと、度付きのレンズが入れられない場合もあります。まずは、専門店へ相談してみましょう。
交換できる場合は、レンズの費用とは別に、加工の費も必要になります。レンズ交換には、専門の機会と特殊な工程が必要不可欠です。

新しいサングラスを購入するか、それとも、フレームはそのままに新しいレンズに交換するかはあなた次第です。
新しいレンズに交換する際、やり方の選択肢として自分で交換するという方法もありますが、できればメガネ専門店へ依頼する方が賢明です。
レンズ交換をして機能が上がったサングラス、再び愛着が湧くことは間違いありません。