マスクでメガネが曇る女子のお悩み解決!簡単な曇り予防法を解説

世の中のメガネ女子のお悩みで多いのが、マスクをした時にメガネのレンズが曇るということではないでしょうか。

風邪を引いているときや、感染症が流行したときなど、メガネが曇ることがわかっていてもマスクをして予防や対策をしたいと考えますよね。でも、やっぱりメガネの曇りは厄介です。

ここでは、マスクをした時にメガネの曇りを予防する方法についてお伝えします。道具を使わずに簡単にできるものや、女子愛用のアイテムを活用して曇りを予防するなど、色々な予防策をご紹介しますね。

マスク着用時のメガネの曇りに悩んでいる人は、是非試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネを超音波で洗浄!超音波洗浄機の使い方と使えないメガネ

メガネの細部まで綺麗に洗浄したいときは、超音波で洗浄をする方法があります。メガネ屋さんに置いてある、...

メガネを常用するときの度数とは?メガネの作り方を紹介します

仕事のときだけメガネをかけているけれど、普段も見えにくくなっているときには常用メガネが必要なのでしょ...

メガネで前髪が邪魔なときのヘアアレンジと対処方法

メガネに前髪がかかって邪魔、こんなときはどうしたらいい?切ったほうがいい?それとも保留?伸ばすべき?...

メガネのレンズの傷消し方法は存在しない?その理由を説明します

自分のメガネのレンズに小さくても傷が付いているのを見つけると、なんとか自分で消そうと考える人も多いで...

スクエアメガネをかけるときのポイント女子力を上げるメガネ

スクエアメガネにはどのような特徴があるのでしょうか?女子にかけてもらいたいと人気なスクエアメガネです...

そのメガネのサイズ合ってないかも!サイズを合わせるときのコツ

メガネのサイズが合ってないとどのような印象を与えてしまうのでしょうか?できるだけ自分の顔のサイズに合...

男性にしてもらいたいメガネと髪型!かっこいいは作れる

メガネ男子が悩む髪型、どんなものが似合うのか迷走している人は多いのではないでしょうか?メガネ...

サングラスが似合わないのは鼻のせい?原因と対処方法を紹介

サングラスが似合わない、しっくりこないのは鼻が低いことが原因なのでしょうか?なぜかサングラス...

サングラスの選び方について!スポーツ別のおすすめ

サングラスの選び方について。スポーツシーン別に使用するサングラスは違います。また、紫外線...

メガネが似合うかどうかのポイントは?選び方を紹介します

似合うメガネはどのように選べばいいのでしょうか?似合うものを知るには、まず自分の形を知ることが大切で...

眼鏡のレンズ交換は他店で購入したフレームでも大丈夫

今使っている眼鏡が合わなくなってきたら、新しいメガネをフレームごと購入するか、レンズだけを交換するか...

メガネのネジのゆるみを解消するには?購入店へ相談するのが一番

メガネのネジがゆるみ不安定な状態を改善するには、ネジを締め直す必要があります。自分でネジを締め直...

メガネの調整の頻度とは?フィッティングのタイミング

メガネを買ったときに調整をしてもらってその後、どのくらいの頻度でまた行けばいいのかよくわかりませんよ...

眼鏡のレンズに寿命はある?使い分けで眼鏡寿命を伸ばそう

眼鏡のレンズに寿命はあるのでしょうか?子供のうちは、視力が低下するので視力検査をして以前より視力が下...

メガネのウェリントンとは?女性に似合うウェリントンをご紹介

ウェリントンメガネはどのようなメガネなのでしょうか?オフィスでも使いやすいウェリントンメガネ...

スポンサーリンク

マスクの上を折りたためばメガネの曇りを予防できる

自分が風邪を引いてしまったり、ノドのケアをするためなどにマスクをすることがあると思いますが、マスクと一緒にメガネとしていると、メガネが曇ってしまうってあるあるですよね。
いちいちマスクをずらしたり、メガネを拭いたりするのは面倒な事です。
しかし、そんなことをしなくても、マスクの上を折りたためばメガネの曇りを予防できるようになります。

その時に使うマスクは、鼻の形に合わせて曲げることの出来るワイヤーが入っているものを使いましょう。
やり方は、まずワイヤーの上のちょっとした余白のような部分を内側折ってワイヤーにかぶさるようにします。
次に折ったところとワイヤーの所をまとめて内側に折り込みます。
最後にマスクを装着して鼻の形に合わせてワイヤーを曲げ、調整して完成です。
マスクの形は少し変わってしまうものの、これでメガネの曇りを予防できるはずです。
逆に外側に折って、折った箇所とメガネの下部分を挟むというやり方もありますよ。
どちらも試してみて、自分に合ったやり方を見つけてみましょう。

メガネ女子におすすめ・ティッシュを使えばマスクでもメガネが曇らない

「マスクを折ってもメガネが曇っちゃう!」、「マスクの形が変わるのが嫌!」そんなメガネ女子に他の方法をご提案します。
それは「ティッシュを使えばマスクでもメガネが曇らない」という方法です。

やり方は、折りたたんだティッシュをマスクの上部の内側に入れるだけです。
ティッシュは1枚使うものの、こちらの方法でもメガネの曇りを阻止することが出来ます。
ちなみに、この時に入れるティッシュにアロマオイルを1~2滴垂らしていれると、マスクに良い香りをつけることが出来ます。
ただし、アロマオイルは原液を肌に直接触れさせるとかぶれたりすることがあるため、肌に触れない場所に付けるようにしましょ。
その中でもおすすめの香りは、抗菌効果が高いティートリーやユーカリ、ペパーミントです。
ただ、人によってはその香りが苦手という方もいますので、店頭で香りを確認してから買うようにしましょう。

女子愛用のハンドクリームでマスクの時のメガネの曇りを予防

マスクを折ったり、ティッシュを入れる以外にも、女子愛用のハンドクリームでマスクの時のメガネの曇りを予防するという方法もあります。

やり方は、水洗いなどをして拭いた後のメガネにハンドクリームを両面に少量ずつ塗り拡げて最後にティッシュなどで拭くというものです。
ハンドクリームには界面活性剤が含まれており、その成分がメガネの曇りを防止してくれるフィルムのような役割になるそうです。

手軽な方法ではありますが、ハンドクリームは本来メガネに塗るものではないため、拭き残しなどが合った場合、そこからサビることもありますのでご注意ください。
界面活性剤が入っていれば、他のものでも代用できるそうですが、やはりサビの原因になる可能性がありますので、一番良いのはメガネ用の曇り防止剤を塗ることですね。

メガネ女子のお悩み解決・メガネが曇らないマスクを着用する

マスクをすることでメガネが曇ることにお悩みの女子たちにもう一つおすすめしたいことは、「メガネが曇らないマスクを着用する」です。

「いや、最初からそれにしてよ」という声もあるかと思いますが、メガネが曇らない加工を施しているマスクの一番の欠点は、「価格が高い」ということです。
ですので、まずは出来るだけ費用のかからない方法を試していただき、それでも曇りを改善出来ないようであれば、その機能に特化した商品を試してみてください。

曇りをガードしてくれるシートがついていたり、小さなクッションが入っていて、それが顔とマスクの間の隙間を無くしてくれて、メガネも曇らなくさせてくれるのです。
価格は高いと言っても、そのマスクにすることでイライラを防いでくれますので、まずは枚数が少ないものから試しに買ってみてはいかがでしょうか。
それでもしそのマスクが気に入ったのであれば、お得な大容量のタイプを購入すると良いでしょう。

メガネの曇り止を使う・曇らないレンズに変えるという方法も

メガネを曇らなくさせるために、マスクをあれこれするのも良いですが、メガネの曇り止を使ったり、曇らないレンズに変えるという方法もあります。

メガネの曇り止めはメガネ屋さんやドラッグストア、100円ショップでも売られています。
しかし、その効果は使用方法はさまざまですので、効果の時間が長いものや、使い方が簡単なものなど、自分に合った商品を選びましょう。

また、ちょうどメガネを買い換えようと思っていた人は、曇り止め効果のあるレンズを選んでも良いでしょう。
お店によってはプラスの料金がかかることもありますが、曇りづらくなるのであれば、それに越したことはありません。
ただし、曇り止め効果のあるレンズは特殊な加工がされるため、曇り止めクリーナーが使えないこともありますので、それぞれの説明書を確認するようにしましょう。