サングラスのレンズの傷消し方法と長く使用するための心得

お気に入りのサングラスを自分の不注意で落としてしまい、レンズに傷がつくとショックは大きいでしょう。

しかし、その傷は小さいものであれば自分で傷消しできるのではないか、と考える人も多いのではないでしょうか。

今回は自分でサングラスのレンズの傷消しができるのかどうかについて説明します。まずはできるかどうかについて理解しましょう。

また、お店へ依頼する場合の費用の目安についても説明します。大切なサングラスだからこそ、正しい方法で傷を直し、長く使えるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネが似合うかどうかのポイントは?選び方を紹介します

似合うメガネはどのように選べばいいのでしょうか?似合うものを知るには、まず自分の形を知ることが大切で...

メガネの黒縁スクエア型が似合う顔型とメガネを選ぶポイント

スクエア型の黒縁メガネは、年齢に関係なく似合う最もベーシックなタイプですが、スクエア型はどちらかとい...

メガネをかけている時にマスクをしても曇らない方法を知りたい

普段メガネをかけている人がマスクをした時に困ることのひとつに「マスクから漏れた息でレンズが曇ってしま...

メガネの形選び、丸顔に似合う形のメガネ【メンズ編】を解説

丸顔の男性の中には、自分に似合う形のメガネがわからずに頭を抱えている人もいますよね。丸顔のメンズがメ...

男性がメガネをかけるときには髪型のココがポイント

メガネをかけた男性にはどのような髪型が似合うのでしょうか?なんだか冴えないのはメガネのせいと決めつけ...

メガネのレンズにヒビが入ってしまう原因とは?傷をつけない方法

メガネのレンズにいつのまにかヒビのような傷がついてしまった?メガネをかけている人にありがちなこの細か...

オシャレメガネとは?メガネの似合う男性になる方法を紹介

男性のオシャレなメガネはどのように選べばいいのでしょうか?実は、オシャレなメガネというものはないんで...

メガネの形状記憶フレームの特徴とは?子供におすすめな理由

メガネの形状記憶フレームとはいったいどんなものなのでしょうか?私は小学校3年生からメガネをかけて...

面長さんに似合うメガネフレームとは?メガネの選び方をご紹介

面長さんにはどのようなメガネフレームが似合うのでしょうか?選び方を間違えてしまうとメガネフレームはコ...

メガネのメンズに似合う髪型を顔のタイプ別に紹介します

メガネを普段から必要なメンズに似合う髪型とは?似合うメガネは顔の形で決まるように髪型も顔の形で似合う...

老眼鏡とルーペの違いとは?自分に合うメガネをかけよう

老眼鏡とルーペにはどのような違いがあるのでしょうか?老眼鏡は年を感じさせるからとかけるのを先延ばしに...

サングラスの横幅が合わない。調整する方法や対処方法

サングラスの横幅が合わないときには調整が必要ですが、他のお店で購入したものでも直してもらうことはでき...

メガネがサングラスになる跳ね上げとは?跳ね上げ式の特徴

メガネがサングラスになる跳ね上げ式とはどんなものなのでしょうか?サングラスが欲しいけれど、度付きのメ...

メガネを作るのに適している時間帯はいつ?合うメガネの選び方

メガネを新しくするのはフレームに飽きてきたというタイミングよりも、見えにくい、傷が気になるなどのきっ...

メガネ好きの女性がときめく魅力や好感度をアップさせるコツとは

メガネ好きの女性はメガネ男子のどんなところに、魅力を感じるのか気になりますよね。最近はメガネをか...

スポンサーリンク

サングラスのレンズの傷消しを自分で行うことはできません

サングラスを使う場所はたいてい外ですが、外で使用しているとうっかり落としてしまったりと傷が付きやすいため悲しい状態になってしまうことなどもあるかと思います。

ですがそういった状態になったサングラスのレンズは傷を消すなどの修理方法がなく、どうしてももとのようなきれいな状態に戻したいのならばレンズを交換するしかありません。

そのサングラスを購入したお店などに問い合わせてレンズ交換を依頼するのが一番確実な傷を無くす方法だと思います。

サングラスのメーカーによってもそのサングラスに使われているレンズを取り扱っているかどうかは店舗により違いますし、メーカーによっては取り扱いのない店舗などもあるため購入した店舗以外に持ち込む際は事前にどのメーカーのサングラスを扱っているかということを確かめておく必要があります。

価格帯は大抵の場合が、元の値段の1/4位になるのが一般的です。
サングラスなどの価格は値段の半分がフレームの値段で、
残りの半分をレンズで半分ずつというような値段のつけられ方をしているので、目安の値段を知りたいときには購入したときの金額で算出してみましょう。

ブランド物のサングラスのレンズの傷消しをお店に依頼する場合の注意点

ブランド物のサングラスの場合はメーカーにレンズの傷消しを依頼することも出来ますが、その修理の際には注意したいことがいくつかあります。

修理の手続きには必ずメーカー保証書と納品書が必要になります。
購入した際にサングラスの付属品などとともに紙袋などでもらう書類の中に入っていることが多いです。

メーカーのホームページなどで提示されている必要事項を記入したメールをメーカーに送って修理を依頼することになります。
このメールに記入する必要事項の中にメーカー保証書と納品書にある情報も必要になるため、もしこれらを紛失してしまっていた場合は修理を請け負ってもらうことが難しいかもしれません。

メーカーから連絡をくれますのでそこからパーツやフレームの交換などどんな修理になるのかというお話をしてくれると思います。

ブランド物ならメーカーでの修理を行ってもらうほうが、安心かもしれませんが、どうしても郵送したりと時間がかかってしまうところもありますので急いでいれば店舗に持ち込むほうが早いかもしれませんね。

傷消しができないサングラスのレンズの交換費用の目安とは

傷消しが出来ないサングラスのレンズは交換するしかありません。

メーカーで修理した場合は消すための修理を行ってくれる場合もあるかもしれませんが、ほとんどの場合レンズ交換が主な修理方法です。

レンズの交換はさきほど算出式をご紹介しましたが、具体的な金額を提示するとおおまかに1万円前後はかかってしまうでしょう。

交換する際にはレンズの代金と加工費が必要になります。

レンズの値段は判明していても交換するための加工費はお店によって異なりますので余裕を持って確認しておく必要があります。

お持ちのサングラスがレンズ交換の出来るサングラスかどうかは店舗に持ち込んでみないとわかりません。

サングラスのレンズ交換を依頼する上で注意したいことも頭に入れておきましょう。

  • 特殊なフレームは対応できない。
    メーカーの修理でなければ対応できないモデルのものもあります。
    メーカーでもサポートが終了していたりということもありますので、お持ちのサングラスがどういったタイプのものになるのか今一度確認しておきましょう。
  • レンズがはずれない形状のものもある。
    レンズが外せないものだと交換は出来ません。
    フレームもすべてを買い換えなくてはならない状態かもしれませんのでレンズが外れるものではなかったら交換は諦める他ありません。
  • レンズのサイズが合わない
    度数の変化によりレンズの厚みや大きさが変わってしまっていることがあります。
    新しく交換するレンズがフレームにピッタリと合わない場合などもありますので注意しましょう。
  • 自分での交換は高リスク
    交換を自分で行うのはとてもリスクが高いです。
    レンズの交換には多少の技術がいりますし、ブランド物となれば交換用のレンズもおいそれとは購入できません。
    出来ることならプロにお願いして安心安全に交換を行ってもらうのが賢明です。

大切なサングラスのお手入れをしてあげよう

サングラスのレンズの傷が小さければ交換するほどでも無いこともあります。
多少気になるかもしれませんが、傷も勲章と思って手入れをしつつ長く使ってあげるのがサングラスのためにもいいかもしれません。

サングラスのお手入れ方法について少し勉強しておきましょう。

  • 通常のお手入れ
    サングラスはメガネと同じくメガネ用のクリーナーでレンズを拭いてお手入れします。
    アウトドアで使用するサングラスは目に見えない砂埃などの影響を受けていることが多々ありますので、
    スプレーなどでゴミを飛ばしてから拭くなどの一手間を加えてもいいでしょう。
  • 汚れがひどいとき
    水洗いを行わなければならないくらいに汚れてしまうこともあるかもしれません。そういったときはレンズへの負担の少ない水での洗浄を行います。そのときには台所用の中性洗剤で洗浄するとよりきれいになります。洗剤成分を残さないようにすすぎ、しっかり水気を取りましょう。拭く際にはキッチンペーパーやティッシュなどの吸水性があり柔らかいもので拭き取りましょう。

フレームによってはメガネ屋さんでよく見る超音波洗浄機を使用できない場合もあるので、取扱説明書などをよく読んでどんな特徴のあるサングラスなのか知っておくことも大切です。

サングラスにも寿命があることを理解しよう

メガネはもちろん、サングラスにも寿命があります。

見た目ではわかりにくいかもしれませんが、寿命を確かめるポイントがいくつかあるので覚えておきましょう。

  • 紫外線吸収剤の限界が存在するため、その年数が寿命となる。
  • フレームの寿命も存在する。耳や鼻などの当たるパーツの劣化具合で見極める。
  • 黄ばみやパーツの白い濁りが出てきたら寿命のサイン

こうした特徴で寿命が近いかどうかということがわかります。

すべての特徴が保管方法やどこでどんなふうに使用していたかということに依存して来はしますが、基本的にどんなに大切にしていたとしてもサングラスは3~5年で買い替え時が来ます。

若干の開きのある部分が使用方法での寿命の長さになりますが、レンズやフレームの寿命を延ばすことは出来ませんので、買い替え時の兆候が出てきたら新しい相棒を探すのに思考をシフトさせましょう。

これから先もできるだけレンズを傷つけないよう、大切にサングラスと外に出かけてください。