サングラスのレンズの傷消し方法と長く使用するための心得

お気に入りのサングラスを自分の不注意で落としてしまい、レンズに傷がつくとショックは大きいでしょう。

しかし、その傷は小さいものであれば自分で傷消しできるのではないか、と考える人も多いのではないでしょうか。

今回は自分でサングラスのレンズの傷消しができるのかどうかについて説明します。まずはできるかどうかについて理解しましょう。

また、お店へ依頼する場合の費用の目安についても説明します。大切なサングラスだからこそ、正しい方法で傷を直し、長く使えるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネに似合う髪型とは?男子にオススメなヘアスタイル

メガネ男子は髪型によって、かっこよく見えたりダサく見えたりしてしまいがちです。地味に見えがちなメガネ...

眼鏡の大きいサイズをチェックするには?大きい眼鏡の見つけ方

眼鏡で大きいサイズはどれですか?と聞くのはなかなか勇気が必要ですよね。そんなときに役立つのが、自分で...

セルロイドとアセテートのメガネフレームの違い!特徴と長所

メガネのフレームは、大きく分けると金属系フレームとプラスチックフレームに分類されます。そして、プ...

メガネをかけた女性は仕事ができるように見える?メガネの選び方

仕事ができる女性に見られたいのなら、おすすめはメガネをかけることです。しかし、メガネをかけることで印...

メガネの似合う髪型とは?メガネ女子におすすめな髪型

メガネに似合うのはどのような髪型なのでしょうか?メガネをかけているときこそ、髪型に力を入れるべきなん...

メガネをかけている時にマスクをしても曇らない方法を知りたい

普段メガネをかけている人がマスクをした時に困ることのひとつに「マスクから漏れた息でレンズが曇ってしま...

メガネの横幅が大きいものはあるの?メガネの合わせ方

メガネの横幅があるものが欲しい!顔の大きい人におすすめなメガネとは?どのようなメガネを選んだらい...

メガネは顔の形で選ぶ!40代・四角顔メンズのメガネの選び方

メガネを選ぶときは、顔の形に合わせて選ぶと自分にピッタリのメガネを見つけることができます。4...

眼鏡の鼻あてが壊れたら?いろいろな修理の方法について

眼鏡の鼻あて部分、ふと目をやると鼻あてパッドにヒビが入っていたり、とっても汚れていて洗っても取れなか...

メガネのスポーツ用を子供に買うときのポイントや選び方

子供にスポーツ用メガネを買うときには、どのようなことが選ぶポイントとなるのでしょうか?スポー...

サングラスの種類と特徴。レンズの機能性と上手な選び方

今はファッションアイテムとしても定番になったサングラス。女性の方でも多くの方が愛用していますよね...

メガネの曇り止めのジェルタイプの特徴や使い方をご紹介

寒い時期、困ってしまうのがメガネの曇りですよね。マスクをしていると曇ってしまうのは仕方ないと思っては...

メガネクリーナーの超音波洗浄機とは?特徴を紹介します

メガネをキレイにしてくれる超音波クリーナーは、メガネが手放せない人にとって憧れのアイテムですよね。...

メガネの上手な選び方!似合うメガネ探し【レディース30代向け】

30代の女性にとって、メガネ選びは重要ですよね。上手に選ぶとおしゃれに見せることもできますが、一歩間...

メガネで似合う色を見つけるには?いろいろな診断方法をご紹介

自分に似合う色とは?顔の印象に大きな影響をあたえるメガネの形にこだわる人は多いと思いますが、自分に似...

スポンサーリンク

サングラスのレンズの傷消しを自分で行うことはできません

サングラスを使う場所はたいてい外ですが、外で使用しているとうっかり落としてしまったりと傷が付きやすいため悲しい状態になってしまうことなどもあるかと思います。

ですがそういった状態になったサングラスのレンズは傷を消すなどの修理方法がなく、どうしてももとのようなきれいな状態に戻したいのならばレンズを交換するしかありません。

そのサングラスを購入したお店などに問い合わせてレンズ交換を依頼するのが一番確実な傷を無くす方法だと思います。

サングラスのメーカーによってもそのサングラスに使われているレンズを取り扱っているかどうかは店舗により違いますし、メーカーによっては取り扱いのない店舗などもあるため購入した店舗以外に持ち込む際は事前にどのメーカーのサングラスを扱っているかということを確かめておく必要があります。

価格帯は大抵の場合が、元の値段の1/4位になるのが一般的です。
サングラスなどの価格は値段の半分がフレームの値段で、
残りの半分をレンズで半分ずつというような値段のつけられ方をしているので、目安の値段を知りたいときには購入したときの金額で算出してみましょう。

ブランド物のサングラスのレンズの傷消しをお店に依頼する場合の注意点

ブランド物のサングラスの場合はメーカーにレンズの傷消しを依頼することも出来ますが、その修理の際には注意したいことがいくつかあります。

修理の手続きには必ずメーカー保証書と納品書が必要になります。
購入した際にサングラスの付属品などとともに紙袋などでもらう書類の中に入っていることが多いです。

メーカーのホームページなどで提示されている必要事項を記入したメールをメーカーに送って修理を依頼することになります。
このメールに記入する必要事項の中にメーカー保証書と納品書にある情報も必要になるため、もしこれらを紛失してしまっていた場合は修理を請け負ってもらうことが難しいかもしれません。

メーカーから連絡をくれますのでそこからパーツやフレームの交換などどんな修理になるのかというお話をしてくれると思います。

ブランド物ならメーカーでの修理を行ってもらうほうが、安心かもしれませんが、どうしても郵送したりと時間がかかってしまうところもありますので急いでいれば店舗に持ち込むほうが早いかもしれませんね。

傷消しができないサングラスのレンズの交換費用の目安とは

傷消しが出来ないサングラスのレンズは交換するしかありません。

メーカーで修理した場合は消すための修理を行ってくれる場合もあるかもしれませんが、ほとんどの場合レンズ交換が主な修理方法です。

レンズの交換はさきほど算出式をご紹介しましたが、具体的な金額を提示するとおおまかに1万円前後はかかってしまうでしょう。

交換する際にはレンズの代金と加工費が必要になります。

レンズの値段は判明していても交換するための加工費はお店によって異なりますので余裕を持って確認しておく必要があります。

お持ちのサングラスがレンズ交換の出来るサングラスかどうかは店舗に持ち込んでみないとわかりません。

サングラスのレンズ交換を依頼する上で注意したいことも頭に入れておきましょう。

  • 特殊なフレームは対応できない。
    メーカーの修理でなければ対応できないモデルのものもあります。
    メーカーでもサポートが終了していたりということもありますので、お持ちのサングラスがどういったタイプのものになるのか今一度確認しておきましょう。
  • レンズがはずれない形状のものもある。
    レンズが外せないものだと交換は出来ません。
    フレームもすべてを買い換えなくてはならない状態かもしれませんのでレンズが外れるものではなかったら交換は諦める他ありません。
  • レンズのサイズが合わない
    度数の変化によりレンズの厚みや大きさが変わってしまっていることがあります。
    新しく交換するレンズがフレームにピッタリと合わない場合などもありますので注意しましょう。
  • 自分での交換は高リスク
    交換を自分で行うのはとてもリスクが高いです。
    レンズの交換には多少の技術がいりますし、ブランド物となれば交換用のレンズもおいそれとは購入できません。
    出来ることならプロにお願いして安心安全に交換を行ってもらうのが賢明です。

大切なサングラスのお手入れをしてあげよう

サングラスのレンズの傷が小さければ交換するほどでも無いこともあります。
多少気になるかもしれませんが、傷も勲章と思って手入れをしつつ長く使ってあげるのがサングラスのためにもいいかもしれません。

サングラスのお手入れ方法について少し勉強しておきましょう。

  • 通常のお手入れ
    サングラスはメガネと同じくメガネ用のクリーナーでレンズを拭いてお手入れします。
    アウトドアで使用するサングラスは目に見えない砂埃などの影響を受けていることが多々ありますので、
    スプレーなどでゴミを飛ばしてから拭くなどの一手間を加えてもいいでしょう。
  • 汚れがひどいとき
    水洗いを行わなければならないくらいに汚れてしまうこともあるかもしれません。そういったときはレンズへの負担の少ない水での洗浄を行います。そのときには台所用の中性洗剤で洗浄するとよりきれいになります。洗剤成分を残さないようにすすぎ、しっかり水気を取りましょう。拭く際にはキッチンペーパーやティッシュなどの吸水性があり柔らかいもので拭き取りましょう。

フレームによってはメガネ屋さんでよく見る超音波洗浄機を使用できない場合もあるので、取扱説明書などをよく読んでどんな特徴のあるサングラスなのか知っておくことも大切です。

サングラスにも寿命があることを理解しよう

メガネはもちろん、サングラスにも寿命があります。

見た目ではわかりにくいかもしれませんが、寿命を確かめるポイントがいくつかあるので覚えておきましょう。

  • 紫外線吸収剤の限界が存在するため、その年数が寿命となる。
  • フレームの寿命も存在する。耳や鼻などの当たるパーツの劣化具合で見極める。
  • 黄ばみやパーツの白い濁りが出てきたら寿命のサイン

こうした特徴で寿命が近いかどうかということがわかります。

すべての特徴が保管方法やどこでどんなふうに使用していたかということに依存して来はしますが、基本的にどんなに大切にしていたとしてもサングラスは3~5年で買い替え時が来ます。

若干の開きのある部分が使用方法での寿命の長さになりますが、レンズやフレームの寿命を延ばすことは出来ませんので、買い替え時の兆候が出てきたら新しい相棒を探すのに思考をシフトさせましょう。

これから先もできるだけレンズを傷つけないよう、大切にサングラスと外に出かけてください。