面長さんのメガネフレームの選び方オススメはウェリントン

面長さんがメガネのフレームを選ぶときにはどんなものにしたらいいのでしょうか?メガネを選ぶときには、自分の好みで選ぶのもいいですがかけてみるとなんだかしっくりこないこともありますよね。

自分に似合うメガネを選ぶポイントのひとつとして、顔のタイプがあります。丸顔の人と面長の人では似合うメガネのフレームが違うのも納得ですよね。

そんな自分の顔にしっくりこないを解決してくれるのが、似合うフレームを選ぶことです。手当たり次第にかけていくのもいいですが、面長さんはこのフレームが似合いやすいものなので型が決まっていればそこから色や太さなど細かいことをさらに選びやすくなるのではないでしょうか。

面長さんに似合うフレームにはいくつかおすすめがあるので、その中でもあなたに似合うものを探してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネのセルフレームの白っぽい汚れの磨き方とお手入れ方法

メガネを使っているうちにセルフレームが白っぽくなってくることがあります。フレームが白くなる原因と、お...

男性にしてもらいたいメガネと髪型!かっこいいは作れる

メガネ男子が悩む髪型、どんなものが似合うのか迷走している人は多いのではないでしょうか?メガネ...

サングラスの紫外線カットの確認方法を紹介します

買ってから何年も使っているサングラスの場合、紫外線カットができているのかどうか気になりますよね。紫外...

メガネにブルーライトカットやUVカットは必要?特徴をご紹介

メガネを購入するときに迷ってしまうのがブルーライトカットやuvカットのオプションではないでしょうか?...

メガネはウェリントン型にしよう!レディース向けの選び方

面長の人に似合うと言われるウェリントン型のメガネ。しかし、どんな種類や色のメガネを選べばよいのかわか...

サングラスの色んな形の名称について知りたい

サングラスと一言で言っても、さまざまな形があります。あまりサングラスに詳しくない人は、「丸いレン...

老眼鏡と遠近両用の違いとは?遠近両用メガネの選び方をご紹介

老眼鏡と遠近両用メガネにはどどのような違いがあるのでしょうか?どちらも同じものではないの?と思ってし...

メガネの形の種類を紹介!自分に似合うメガネの形の選び方を解説

メガネの形には色々な種類があります。これから購入しようと考えている人の中には、どんな形の種類があるの...

運転免許取得に必要な視力とメガネ等と明記された場合の注意点

運転免許を取得するには、視力検査をパスしなければなりません。不合格になってしまった場合はメガネ着用が...

メガネの似合う形がわかる!顔のタイプ別におすすめを紹介します

メガネの似合う形は顔のタイプによって大きく分けることができます。自分の顔のタイプを知っていれば、どん...

メガネの作り方!小さなお子さんや不器用な人でもできる簡単工作

お子さんが夏休みや冬休みの自由研究で悩んでいたら、工作でメガネを作ることを提案してみてはいかがでしょ...

メガネ女子の髪型アレンジ!ロングヘアのアレンジのコツ

メガネをかけていると、真面目な印象や暗いイメージに見られてしまうこともあります。ですが、髪型をアレン...

【メガネの選び方】顔の輪郭別、本当に似合うフレーム探しのコツ

新しいメガネを購入する時に、どうしても前のタイプに近い形のフレームを選んでしまうという方も少なくない...

メガネの違和感に慣れない原因と改善するための対処法を紹介

メガネをかけて違和感を感じても、じきに慣れるだろうとそのまま使い続けてしまうことはありませんか?それ...

メガネのボストン型とは?似合うメンズの顔のタイプ

メガネのボストンが似合うのはどんなメンズなのでしょうか?ウエリントンとボストンで迷っているのなら、顔...

スポンサーリンク

面長タイプに似合うメガネフレームの選び方

メガネは似合わないものを選んでしまうと不自然になってしまいます。
周りからも自分に似合うメガネだと言われたいものです。

メガネを選ぶ時は黒目の位置が似合うメガネを選ぶことがコツだったのです。

レンズの真ん中にしっかりと黒目がくればメガネを自然に見せることができるのです。
黒目が上すぎると頼りない印象になってしまいますし、下過ぎても違和感が出てしまいます。
しかしできればメガネをかけて自分の面長な輪郭を隠したいと思うはずです。
実はメガネの種類によって輪郭をカバーすることが可能だったのです。
面長の輪郭の方は顎が額よりも少し狭く細身の人が多いと言われているようです。

面長の方のメガネ選びのポイントは輪郭とのバランスです。

フレームの横幅を顔に合わせ縦幅が狭くないものを選びましょう。
オススメの形はウエリントンタイプのメガネです。
ウェリントンメガネは台形型で上辺が下辺よりも長いものを言います。
ウェリントンタイプは天地幅があるのでフレームで枠とフェイスラインを近づけてくれるので面長の方にはピッタリです。
他にもスクエアタイプなどもオススメです。
面長の方は顔とメガネのバランスが最も重要です。
フレームは大きすぎると威圧感が出てしまう場合もありますので、注意しましょう。
メガネを鏡でかけてしっかりとバランスをチェックしてメガネを選ぶと失敗しません。

面長さんこのメガネフレーム「ウェリントン」が似合います

メガネの種類が沢山あるのはお店に行けば分かりますが、メガネの名前まで把握している人は少ないかもしれません。
しかし自分の顔にあったメガネの名前は覚えておきたいところです。

面長タイプの方に合ったメガネは「ウェリントン」タイプのメガネです。

ウェリントンタイプのメガネはトレンドで、人気のある形の一つなのです。
ウェリントンの形は天地幅が広く少し丸みを帯びた四角形に近い形です。
文章にすると想像できないかもしれませんが、簡単説明すると逆台形のような形です。
メガネと言うとどうしてもかっちりとした雰囲気を出してしまいがちだったり、カジュアルにしたいと思うと伊達メガネように個性が出すぎてしまい両極端でした。
しかしこのウェリントンタイプのメガネはかっちりつつも遊び心があるスタイルでどんな時にでも活躍してくれるメガネだったのです。

面長タイプの輪郭の方は逆台形型の見た目からシャープに見せる効果があります。
さらにウェリントンタイプのメガネは女性にも男性にも好まれるのが特徴です。
広い支持層がある理由には性別や顔の形に問わずにピッタリと合うことが挙げられるでしょう。
カジュアルな洋服にも合いますし、オンとオフ問わずに使うことがでできます。
少し周りと差を付けたいと言う場合はウェリントンタイプでもフレームの色を人とは違うものにしてみるのもいいかもしれません。

面長タイプにおすすめ!プライベート向きなメガネフレーム

面長タイプの方にはウェリントンだけがオススメのメガネではありません。

ボストンタイプのメガネも面長タイプの方にオススメです。

ボストンタイプのメガネは丸い逆三角形型の形になります。
特徴なのはつるの位置です。
真ん中よりも上の部分から出ており、他のメガネよりも高い位置から出ています。
昔アメリカにあるボストンで流行したのが名前の由来のようです。
ボストンタイプのメガネはウェリントンタイプと同じく近年流行の兆しがあります。
ウェリントンタイプが万人受けするメガネと言うならば、ボストンタイプは女性らしさがある印象を与えるので女性にピッタリのメガネなのです。
優しい印象を与えてくれるでしょう。

ボストンタイプのメガネはレンスの縦幅があります。
縦幅があることによって面長タイプの方の悩みである顔の長さをカバーしてくれるのです。
ボストンタイプを選ぶポイントは顔より少し小さめのフレームを選ぶことです。
小さめのフレームにすることで知的な印象を与えます。
メガネ店にいくと小さめのフレームが並んでいることが多いです。
しかし大きめのフレームにしても小顔効果が生まれますので、自分の印象に合わせてフレームの大きさを選ぶと良いのかもしれません。

真面目に見せたいのならこのメガネフレーム

おしゃれな女性はオンとオフなどシーン別でメガネを変えるかもしれません。
プライベートのメガネよりも仕事などしっかりとした場所でも使え、恥ずかしくないメガネを探している方も多いのです。

仕事など真面目な印象が必要な場面で面長の輪郭の方にピッタリなメガネは、スクエアタイプのメガネになります。

スクエアタイプのメガネは横長に直線的な形です。
その形から知的でシャープな印象を与えるのかもしれません。
ただ面長タイプ野方は普通のスクエアタイプだと顔の長さをカバーできないことがあります。
サイズを注意しながら選ぶことをオススメします。

かっこいい自分を演出したいと言う方の場合にはスクエアタイプのメガネの中でもフレームが下にしたついていないアンダーリムタイプもオススメです。

さらに下にだけフレームがついていることであまり面長を強調させずに済むのは嬉しいポイントです。
ただ周囲からキツめの印象を与えてしまうと言う方がスクエアタイプのメガネにしてしまうと目を四角く囲んでしまうと目が強調されさらに威圧感を与えてしまう可能性があります。
その場合には黒など強調するカラーを選ぶのではなく、茶色など少し優しい色味のフレームを選ぶと軽減されます。

メガネの面長さんはこの髪型がおすすめ

面長の輪郭の方には顔の長さを気にしています。
顔の長さはメガネでもカバーされますが、髪型を少しチェンジすることでさらにカバーすることができるのです。
面長タイプの方に合った髪型のポイントをおさえることでさらに可愛い自分に出会えることでしょう。

  • 前髪
    前髪は面長タイプの方には小顔に見せるために最も重要な部分になります。
    小顔に見せるためにオススメな前髪は厚めの前髪です。
    さらに横から見る印象を大事にするために幅が広めの前髪にすると良いでしょう。
    前髪をセンターで分けてしまったり、シースルーバングにしてしまうと老けた印象になってしまうのでオススメできません。
    しかし面長タイプの方で前髪が長い髪であっても前髪をセンターで分けるのではなく横分けにし左右どちらかに寄せることによって頬辺りでまくことで面長は解消することができます。
  • 顔周り
    顔周り周辺の髪の毛は小顔に影響していきます。
    サイドの髪の毛にしていた部分を少し前髪にして縦の印象をカバーしたり、パーマをかけて頬あたりにウェーブをつけることでスタイルのシルエットを変えていくことでカバーすることができます。縦の印象を与えるのではなく、顔周りの髪の毛にボリュームを出しひし形にすることによって顔をカバーできます。
    ボリューを出す場所のメリハリに注意する必要があります。
    このポイントを守ることによってどんなヘアスタイルでも面長タイプの方は似合います。自分のコンプレックスの全てを無理に隠すのではなく、おしゃれで活かしていきましょう。