サングラスが日本人に似合わない理由と選び方を紹介します

サングラスが日本人に似合わないことにはどんな理由があるのでしょうか?サングラスもメガネと同じように、自分の顔の形に合わせて選べば似合うものが見つかります。

なんとなくサングラスをかけてみて、似合わない・・と決めつけてはいませんか?確かに彫りが深いことや鼻が高いと似合いやすいサングラスですが、選ぶポイントを間違えなければ似合うサングラスを見つけやすくできます。

では、どのようなサングラスであれば日本人に合うのでしょうか?サングラスを選ぶ時のポイントやコツを紹介します。きっと、あなたに似合うサングラスがみつかるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネのコーデを地味に見せない方法レディースコーデのポイント

レディースのメガネコーデはどうしてもいつも同じようなものになってしまいますよね。きちんと見せたいけれ...

メガネでサングラスを上からかけるタイプの使いやすさとは

メガネの上からサングラスをかける「オーバーグラス」にはどのような特徴があるのでしょうか?普段...

老眼になったらメガネ?それともコンタクト?対処方法をご紹介

メガネやコンタクトが合わなくなってきたら、老眼の始まりかもしれません。早いと30代から始まる老眼の症...

メガネが似合うファッションコーデをご紹介!女子必見です

メガネ女子になりたいと思っても、どんなファッションコーデにすればいいのか迷う人も多いのではないでしょ...

メガネのスポーツ用を購入する!野球用を選ぶときのポイント

子供が野球をするときにはどのようなスポーツ用メガネを選んだらいいのでしょうか?小学生のうちは壊してし...

メガネのつる部分があたって痛いときの対処方法と予防方法

耳にあたるメガネのつる部分が気になる、痛いときにはメガネが歪んでいることが原因かもしれません。...

メガネのツルにシリコンのパーツを装着するとズレないかについて

メガネのツルにシリコン製の部品を装着すると、メガネがズレることを防いでくれるのでしょうか?1...

メガネが似合う髪型とは?女性におすすめなヘアスタイル

女性に似合う髪型別おすすめメガネを紹介します。そろそろメガネを変えようと思っているのなら、髪型に合わ...

メガネが似合わない女性とは?似合うメガネの見つけ方

もしかして私はメガネが似合わない女?コンタクトに疲れてしまった女子がたどり着くメガネスタイル。...

メガネひとつでこんなに印象が変わる!しっかり者に見えるメガネ

メガネの印象は強いものですが、それを逆に使ってしっかり者に見せることもできます。メガネの地味や暗いと...

メガネを常用しなくてはいけない視力メガネをかけるタイミング

メガネを常用するようになる視力はどのくらいなのでしょうか?ゆるやかに視力が低下していると、メガネ...

サングラスの選び方とは!スポーツをするレディース向け

スポーツ用のサングラスを買うときには、どのようなことを基準に選べばいいのでしょうか?レディー...

メガネをファッションのコーデとして取り入れるときのポイント

メガネをファッションのひとつとしてコーデしてみたけれど、真面目な学生にしか見えない・・という人はいま...

メガネの調整の頻度とは?フィッティングのタイミング

メガネを買ったときに調整をしてもらってその後、どのくらいの頻度でまた行けばいいのかよくわかりませんよ...

サングラスのフレームの種類と特徴。女性向け似合う形の探し方

女性向けのサングラスもいろいろな種類があり、どれを選べばいいか悩む方は多いと思います。形もさまざ...

スポンサーリンク

日本人にサングラスが似合わない理由

日本人にサングラスが似合わない理由とはどういったものなのでしょうか?
そのいくつかの理由をご紹介します。

日本人の鼻

日本人と外国人との顔の中で一番の差といえば鼻ですね。
鼻の高い外国人はサングラスをかけても格好良く決まり、鼻の低い人が多い日本人ですとサングラスに鼻が埋もれて見えてしまうこともあります。
そうならないように、サングラスをは鼻とバランスの取れるデザインの物を選んだり、低い鼻筋でもずり落ちないように鼻当てを調整するなどの工夫が必要になります。

日本人の眉毛

日本人と外国人との差といえば、眉毛です。
外国人は目と眉毛の距離が近く、サングラスをかけると眉毛が隠れたり、フレームの上に眉毛がかかりスマートな印象になります。
しかし、眉毛が目から離れている日本人がサングラスをかけますと、眉毛がサングラスから大きくはみ出し、場合によってはちょっと間抜けな印象になってしまうこともあります。
そういった場合は、サングラスの上側が眉毛にかかるような大きめのフレームを選んだり、眉毛を描く時に眉毛が下の位置になるように調整するという手もあります。

日本人の顔幅

サングラスに慣れていない日本人は、「とりあえず眩しさを抑えてくれるならデザインは何でも良いや」「今コレが流行ってるから、このサングラスにしよう」などと、自分の顔幅に合っていないサングラスを選んでしまうことがあります。
そうすると、格好良いはずのサングラスをかけたことで、逆に格好悪さが際立ってしまうのです。
きちんと顔幅に合ったサングラスを選ぶようにしましょう。

サングラスが日本人に似合わないのは選び方が間違っていることも原因

サングラスが日本人に似合わないのは選び方が間違っていることも原因なのです。

人間の顔の輪郭

さまざまなタイプがいますが、大きく分けますと、「面長」「三角顔」「ベース」「丸顔」の4つになります。
一見卵型に見えても、どちらかというと顎の細い三角顔だったり、丸顔の分類に入る事もあります。
その中で自分の顔のタイプはどれなのか、その顔の場合はどのサングラスが似合うのかを学んでいきましょう。

面長

面長の人は、比較的外国の人と近い輪郭です。
ですので、外国人がよくかけているティアドロップや、レンズの大きいウェリントンを着こなす事が出来ます。
ただ、レンズの縦幅の狭いフォックスやオーバルなどにしますと、顔の長さが際立ってしまうため、出来れば避けたほうが良いでしょう。

三角顔

顎のラインの細い三角顔は、レンズが丸めのボストンや、スタイリッシュなスクエアをかけるとバランスが取れます。
ウェリントンやティアドロップにしますとサングラスの方が印象強くなってしまい、アンバランスな着こなしになってしまいます。

ベース

エラが張っているベースタイプは、そのがっしりしたフェイスラインがサングラスをかけても負けることのない、サングラス向きの顔と言えます。
丸いラウンドのフレームやボストン、それからオーバルをかけてもサマになるでしょう。
しかし、フォックスやティアドロップをかけると、バランスが悪かったりおっさんっぽくなってしまうのが玉にキズです。

丸顔

子供っぽく可愛らしい印象のある丸顔は、スクエアやフォックスなどのレンズの縦幅が狭く、角のあるサングラスを選ぶと子供っぽさがなくなるのでおすすめです。
ファニーさを強調したいのであれば、ボストンやラウンドをかけてもいいですが、丸顔も更に強調されてしまいますので注意が必要です。

日本人にサングラスが似合わないのは単純に見慣れていないため

日本人にサングラスが似合わないのは、顔立ちが平坦だと言うことも上げられますが、単純に見慣れていないためという事も考えられます。

日本の芸能人などの中には、サングラスをトレードマークとしている人がいます。
その人達を見た時に似合わないとは思いませんよね。
普段からサングラスをかけて馴染ませておけば、日本人でも似合わないという事はありません。

特に日本は普段からサングラスをかける習慣のない人が多いですから、自分や誰かがサングラスをかけた時に、その見慣れなさから「似合わないな」と感じるのです。

ですのでサングラスが似合う人になりたいのであれば、自分の顔にあったサングラスを選ぶだけではなく、普段からサングラスをかけるようにしましょう。

日本人に似合うサングラスの色とは

日本人に似合うサングラスの色とはどういったものなのでしょうか。

サングラスといえば黒と思う方も多いと思いますが、サングラスにはブラウン、ブルー、グリーンなどさまざまな種類があります。

その中でも日本人の肌には淡い色合いのレンズがマッチします。
といっても服装にも左右されますから、黒いレンズの方がふさわしい場合もあります。

ブラウンは日本人の肌の色との馴染みが良いおすすめの色の一つ

あまり黒い色のレンズにしますと、周囲が暗くになったり、室内に入った時に見えなくなってしまいます。
色が薄くてもUVカットの効果が高いものはたくさんありますので、自分の肌の色だけではなく、ファッションやシーンに合わせたサングラスの色選びをしましょう。

日本人に似合うサングラスの選び方のポイント

日本人に似合うサングラスの選び方のポイントをご紹介します。

まず最初に見ることは、自分の顔のタイプです。
輪郭だけではなく、童顔なのか、大人っぽいのか、目鼻立ちなどのバランスなどもです。子供っぽい顔を強調させてしまったり、逆にその良さを消してしまうようなサングラスでは良いサングラスとは言えません。

また、サングラスをかける用途やシーンがどういったものなのかも重要です。
スポーツで使うサングラスが欲しいのに、壊れやすかったり外れやすいサングラスでは邪魔になりますし、いくら自分の顔に似合うといっても、その場に合わないようなサングラスかけるとそのサングラスだけ浮いてしまいます。

そうならないように、かける目的やシチュエーションを考え、選ぶ時に誰かに相談したり、メガネ店などの店員さんに聞いてみると良いでしょう。