メガネの傷の直し方について対処法やレンズに傷をつけないコツ

メガネの傷の直し方について調べているあなた。その傷をなんとか自分で直せないものかと思っていませんか?

ここでは、メガネのレンズの傷を自分で直すことはオススメしていません。それは、どうしてなのでしょうか。
もしも、自分で傷を直そうとするとどうなってしまうのでしょうか。

そこで、メガネのレンズの傷の直し方についてその対処法やレンズに傷をつけないためのメガネの使い方などお伝えしていきます。
これを読めば、メガネのレンズに傷を見つけたときもすぐに対処することはできるので、悩むことはないでしょう。
むしろ、メガネについてより詳しくなるので、メガネのレンズに傷を付けないように長く使うことができますよ。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サングラスの似合う形を顔のタイプ別に紹介します

日本人はサングラスが似合わないと思ってはいませんか?実はきちんと顔のタイプに合わせて選ぶことで似合う...

丸メガネが似合わない人とは?女性におすすめな丸メガネ

オシャレの定番になりつつある丸メガネ。少し知的さや抜け感を出したいときにさりげなく取り入れたいアイテ...

鼻のメガネ跡を消す方法!簡単にできる対処方法をご紹介

今までは、時間がたてばすぐに鼻についたメガネ跡は消えていたのに最近はなんだかずっと残っているような…...

メガネのレンズはキズがつくもの?キズを予防する方法とは

メガネのレンズにキズがついてしまう理由には意外にもこんなことが含まれています。乱暴に扱っているわけで...

メガネを選ぼう!似合う形は?面長男性に似合うメガネの形

メガネは人の印象を左右します。メガネを購入するときは、自分の顔に似合う形のメガネを選ぶと、素敵な印象...

偏光サングラスの特徴とは?スポーツをするときに最適

スポーツをするときに、サングラスをかける理由とはいったいなんでしょうか?ただ単純に眩しいからとい...

メガネ姿がかわいい!メガネ男子が女性に好かれる理由

メガネをかけるのが嫌でコンタクトを付けている方がたくさんいらっしゃいますが、実はメガネ男子はかわいい...

メガネに付いた傷は自分で研磨できるの?レンズの傷について

メガネのレンズに付いた傷を自分で研磨して、キレイにしたい!でも、ちょっと待ってください。...

マスクでメガネが曇る女子のお悩み解決!簡単な曇り予防法を解説

世の中のメガネ女子のお悩みで多いのが、マスクをした時にメガネのレンズが曇るということではないでしょう...

眼鏡の鼻あてが跡になるのをどうにかしたい!予防方法を紹介

眼鏡の鼻あて部分に跡がついてしまうのはどうしたらいいのでしょうか?まずは、そのメガネが合っているのか...

老眼鏡の度数は年齢で上がるもの?自分に合った老眼鏡選び

老眼鏡の度数は年齢と共に上がるものなのでしょうか?45歳だから、このくらいの度数を決めつけるのは止め...

サングラスの形の種類と特徴!正しいメンズサングラスの選び方

メンズのサングラスにはさまざまな形があり、自分に似合う形はどれなのだろうと迷う方も多いと思います。...

メガネの印象は色でこんなにも違いが?似合う色の確認方法

メガネの印象が大きく変わるフレームの色はついつい無難なものを選んでしまいがちです。しかし、あ...

メガネの横幅が小さい!自分にピッタリなメガネを選ぶ方法

メガネの横幅が小さいと、メガネの掛け心地が悪くなって日常生活も過ごしにくくなってしまいます。できれば...

メガネで困るのは髪型?前髪の長さに困ったときの対処方法

メガネで気になることといえば髪型、前髪とのバランスではないでしょうか?伸びてきたら、横に流しておけば...

スポンサーリンク

メガネのレンズの傷は自分で直すことはできない

日頃からずっと一緒だと雑に扱ってしまうことも出てくるメガネですが、レンズに傷が入ってしまうと自分で直すことはメガネ屋さんでない限り絶対にできません。

メガネ屋さんでも基本的にレンズを交換することになる事案ですので、絶対に自分で研磨したり消しゴムを使ったりして治そうとしないようにしてください。

ふとしたことで傷が付いてしまうことは結構あります。ですがそうした事態は扱い方次第で起こらないようにも出来ます。

毎日のお手入れなどを怠っていたり、傷がついてもいいやと床に転がしたままにしていたりしていませんか?

メガネは意外とデリケートなアイテムです。

メガネの特徴を少しでも知っておくと、どんなふうに扱うとそうした事態を起こさずに済むのかということがわかりますので少し勉強しておきましょう。

レンズに付いた傷はメガネ屋でも直せない

レンズに付いた傷はごく僅かな薄い傷でない限りメガネ屋さんでも直せません。

研磨して治すという方法はメガネ屋さんでもそう用いられないため、もし傷が入ってしまったら交換をするということになります。

交換をする場合にはレンズの代金と加工費が必要になります。
費用は大まかに全体で1万円前後が相場です。

少々値が張ると思ったかもしれませんが、お店に依頼することでメガネに合ったレンズを選んでもらえるだけでなく、保証もしてくれますし、アフターケアまできっちりと行ってもらえるためお店でちゃんと交換してもらうほうがメガネを長く使えます。

ちょっとした調整であればお店に行くだけで無料で行ってもらえるので、メガネのメンテナンスが面倒だなという人はプロに任せてしまうのもいいかもしれません。

レンズの傷を自分で直そうとするのは危険

レンズの傷を自分で直せない理由

それはレンズには目には見えないですが、コーティング加工がしてあることがまず1つ目の理由です。

コーティングがしてあることで反射を防止してくれたり、ものによっては紫外線をカットしてくれたりということをしてくれているため、
研磨などの作業を自分で行ってしまうと、そのコーティングを削ることになります。

削ったことにより形が変わってしまい度数がおかしくなってしまう、というのが自分で直せない2つ目の理由です。

度数が変わってしまうと結局その眼鏡は使い物にならなくなってしまいます。その結果、メガネごと取り替えないといけないなんてことにもなりますので、できることならお店でプロに頼んで確実なレンズ交換をするのが一番安上がりだったりするのです。

メガネに傷が入ってしまったら無理なケアを行おうとせず、メガネ店に持っていきましょう。

メガネのレンズに傷ができたらレンズ交換を

繰り返しになりますが、メガネに傷が入ってしまったらお店に持っていくのが一番です。
メガネの特徴などメガネのことについては一日に何本もメガネを扱うメガネ屋さんのほうが、私達よりも圧倒的にメガネについてわかっています。

知識ゼロで困ったことになってしまうよりも、プロに頼って安心で安全な状態でメガネをケアしてもらうほうがよっぽどいいですよね。

レンズに限らず、メガネで困ったことがあったらメガネ屋さんに持ち込んで調整をしてもらったり、パーツ交換をしてもらって自分だけでのケアをしないようにしましょう。

そのほうがメガネの長持ちにも繋がりますし、メガネの寿命にも早く気づけるようになります。

メガネの一般的な寿命は3~5年ほど

どんな環境でどんなふうに使用していたかということに依存する部分もあるため開きがありますが、ケアをメガネ屋さんでしてもらっていると買い替えの際もスムーズです。

メガネをかけているならメガネ屋さんでケアをしてもらったほうがお得ですよ!

メガネは大切なレンズに傷をつけないように気をつけよう

生活の上で欠かせないメガネですからなるべくレンズに傷がつかないように使用していきたいですね。

メガネのレンズを下に向けて置いたりしていませんか?

メガネのレンズを下に向けて放置するとレンズが傷つく確率が高くなります。その状態のまま横に引きずられることなどを想像してみてください。肝が冷えますね。

そういった状態を作らないよう使わないときにはケースにしまうなどの対処も必要です。
持ち運ぶときなども、そのままポケットやカバンに入れてしまうと傷をつける原因となります。

ケースにしまうか、布に包むなどしてしっかりと保護をして持ち運びましょう。いつも置き場所を決めておくなどしても管理がしやすいですね。

ちょっとした心がけでメガネをきれいなまま使うことが出来るならそのほうがいいですよね。

出来る限り傷がつかないように、ケースや工夫を駆使して意外とデリケートなメガネとうまく付き合っていきましょう。