メガネの傷の直し方について対処法やレンズに傷をつけないコツ

メガネの傷の直し方について調べているあなた。その傷をなんとか自分で直せないものかと思っていませんか?

ここでは、メガネのレンズの傷を自分で直すことはオススメしていません。それは、どうしてなのでしょうか。
もしも、自分で傷を直そうとするとどうなってしまうのでしょうか。

そこで、メガネのレンズの傷の直し方についてその対処法やレンズに傷をつけないためのメガネの使い方などお伝えしていきます。
これを読めば、メガネのレンズに傷を見つけたときもすぐに対処することはできるので、悩むことはないでしょう。
むしろ、メガネについてより詳しくなるので、メガネのレンズに傷を付けないように長く使うことができますよ。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

眼鏡と老眼鏡の違いは何?老眼鏡を初めて買う場合

眼鏡と老眼鏡にはどのような違いがあるのでしょうか?手元が見えにくい、今かけている眼鏡を外すと見え...

メガネ姿がかっこいい男性とは?女性が求めるメガネ男子

女性がメガネをかけている男性をかっこいいと思ってしまうのには理由があります。いったいどんなところを魅...

【男のメガネの選び方】丸顔男性のメガネの選び方と似合う形

メガネを購入したいけど、自分にはどんなメガネが似合うのかわからずに困っている男性もいますよね。メガネ...

老眼鏡のレンズの種類とは?それぞれの特徴を紹介します

老眼鏡のレンズにはどのような種類があるのでしょうか?遠近両用、中近両用、近用などのレンズの種類の特徴...

メガネの似合う髪型とは?メガネ女子におすすめな髪型

メガネに似合うのはどのような髪型なのでしょうか?メガネをかけているときこそ、髪型に力を入れるべきなん...

サングラスの選び方!顔の形別に似合うサングラス選び方の基本

サングラスをファッションに取り入れようと思っても、自分にはどんなサングラスが似合うのかわからずに、困...

メガネのツルにシリコンのパーツを装着するとズレないかについて

メガネのツルにシリコン製の部品を装着すると、メガネがズレることを防いでくれるのでしょうか?1...

メガネを作るときにはコンタクトで行くべきかの判断について

メガネを作るときには、お店にコンタクトをしていったほうがいいのでしょうか?コンタクトをしなければ...

メガネの黒縁スクエア型が似合う顔型とメガネを選ぶポイント

スクエア型の黒縁メガネは、年齢に関係なく似合う最もベーシックなタイプですが、スクエア型はどちらかとい...

眩しいのはサングラスが透明だから?眩しくないサングラスとは

眩しいときにかけるサングラスは透明だと意味がないのでしょうか?サングラスをかける理由として、...

メガネのボストン型、ウェリントン型とは?似合う顔の形

そろそろ、新しいメガネを購入しようかなと考えているのならボストンやウェリントンフレームはいかがでしょ...

メガネケースを手作りしたい人必見!簡単な作り方を紹介します

メガネケースを手作りする人が増えてきていますが、裁縫が苦手だと作れないのではないかと思ってしまうこと...

メガネでレディースのスクエアが似合うタイプや選び方を紹介

スクエアメガネとはどんなメガネなのでしょうか?また、どんな顔のタイプの人が似合うのでしょう。...

運転はメガネ?コンタクト?それぞれの特徴を紹介します

運転をするときはメガネをかけますか?それともコンタクトですか?慣れているものが一番ですが、運転に向い...

メガネのサイズが書いてある場所とサイズ表記の見方を解説

メガネのサイズが合わないと、つけ心地が悪くなって日常生活を過ごしにくくなります。これからメガネを購入...

スポンサーリンク

メガネのレンズの傷は自分で直すことはできない

日頃からずっと一緒だと雑に扱ってしまうことも出てくるメガネですが、レンズに傷が入ってしまうと自分で直すことはメガネ屋さんでない限り絶対にできません。

メガネ屋さんでも基本的にレンズを交換することになる事案ですので、絶対に自分で研磨したり消しゴムを使ったりして治そうとしないようにしてください。

ふとしたことで傷が付いてしまうことは結構あります。ですがそうした事態は扱い方次第で起こらないようにも出来ます。

毎日のお手入れなどを怠っていたり、傷がついてもいいやと床に転がしたままにしていたりしていませんか?

メガネは意外とデリケートなアイテムです。

メガネの特徴を少しでも知っておくと、どんなふうに扱うとそうした事態を起こさずに済むのかということがわかりますので少し勉強しておきましょう。

レンズに付いた傷はメガネ屋でも直せない

レンズに付いた傷はごく僅かな薄い傷でない限りメガネ屋さんでも直せません。

研磨して治すという方法はメガネ屋さんでもそう用いられないため、もし傷が入ってしまったら交換をするということになります。

交換をする場合にはレンズの代金と加工費が必要になります。
費用は大まかに全体で1万円前後が相場です。

少々値が張ると思ったかもしれませんが、お店に依頼することでメガネに合ったレンズを選んでもらえるだけでなく、保証もしてくれますし、アフターケアまできっちりと行ってもらえるためお店でちゃんと交換してもらうほうがメガネを長く使えます。

ちょっとした調整であればお店に行くだけで無料で行ってもらえるので、メガネのメンテナンスが面倒だなという人はプロに任せてしまうのもいいかもしれません。

レンズの傷を自分で直そうとするのは危険

レンズの傷を自分で直せない理由

それはレンズには目には見えないですが、コーティング加工がしてあることがまず1つ目の理由です。

コーティングがしてあることで反射を防止してくれたり、ものによっては紫外線をカットしてくれたりということをしてくれているため、
研磨などの作業を自分で行ってしまうと、そのコーティングを削ることになります。

削ったことにより形が変わってしまい度数がおかしくなってしまう、というのが自分で直せない2つ目の理由です。

度数が変わってしまうと結局その眼鏡は使い物にならなくなってしまいます。その結果、メガネごと取り替えないといけないなんてことにもなりますので、できることならお店でプロに頼んで確実なレンズ交換をするのが一番安上がりだったりするのです。

メガネに傷が入ってしまったら無理なケアを行おうとせず、メガネ店に持っていきましょう。

メガネのレンズに傷ができたらレンズ交換を

繰り返しになりますが、メガネに傷が入ってしまったらお店に持っていくのが一番です。
メガネの特徴などメガネのことについては一日に何本もメガネを扱うメガネ屋さんのほうが、私達よりも圧倒的にメガネについてわかっています。

知識ゼロで困ったことになってしまうよりも、プロに頼って安心で安全な状態でメガネをケアしてもらうほうがよっぽどいいですよね。

レンズに限らず、メガネで困ったことがあったらメガネ屋さんに持ち込んで調整をしてもらったり、パーツ交換をしてもらって自分だけでのケアをしないようにしましょう。

そのほうがメガネの長持ちにも繋がりますし、メガネの寿命にも早く気づけるようになります。

メガネの一般的な寿命は3~5年ほど

どんな環境でどんなふうに使用していたかということに依存する部分もあるため開きがありますが、ケアをメガネ屋さんでしてもらっていると買い替えの際もスムーズです。

メガネをかけているならメガネ屋さんでケアをしてもらったほうがお得ですよ!

メガネは大切なレンズに傷をつけないように気をつけよう

生活の上で欠かせないメガネですからなるべくレンズに傷がつかないように使用していきたいですね。

メガネのレンズを下に向けて置いたりしていませんか?

メガネのレンズを下に向けて放置するとレンズが傷つく確率が高くなります。その状態のまま横に引きずられることなどを想像してみてください。肝が冷えますね。

そういった状態を作らないよう使わないときにはケースにしまうなどの対処も必要です。
持ち運ぶときなども、そのままポケットやカバンに入れてしまうと傷をつける原因となります。

ケースにしまうか、布に包むなどしてしっかりと保護をして持ち運びましょう。いつも置き場所を決めておくなどしても管理がしやすいですね。

ちょっとした心がけでメガネをきれいなまま使うことが出来るならそのほうがいいですよね。

出来る限り傷がつかないように、ケースや工夫を駆使して意外とデリケートなメガネとうまく付き合っていきましょう。