メガネの傷の直し方について対処法やレンズに傷をつけないコツ

メガネの傷の直し方について調べているあなた。その傷をなんとか自分で直せないものかと思っていませんか?

ここでは、メガネのレンズの傷を自分で直すことはオススメしていません。それは、どうしてなのでしょうか。
もしも、自分で傷を直そうとするとどうなってしまうのでしょうか。

そこで、メガネのレンズの傷の直し方についてその対処法やレンズに傷をつけないためのメガネの使い方などお伝えしていきます。
これを読めば、メガネのレンズに傷を見つけたときもすぐに対処することはできるので、悩むことはないでしょう。
むしろ、メガネについてより詳しくなるので、メガネのレンズに傷を付けないように長く使うことができますよ。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの選び方【面長メンズ編】選び方の基本と似合うメガネ

「面長の自分にはどんなメガネが似合うんだろう」こんなお悩みを抱えている男性もいますよね。メガネの選び...

マスクでメガネが曇る時の対処法!メガネの曇りを防いで快適に

マスクを着用すると、メガネが曇ることはメガネ愛用者のみなさんが直面する大きな壁です。マスクが曇ってし...

男性のメガネから心理がわかる?メガネ男子の気持ちを見抜く

あなたの好きな人はどんなメガネをかけていますか?顔の印象が大きく変わるメガネはかけている人の心理が隠...

メガネが似合うコーデとは?メンズにおすすめなコーディネート

メガネをメンズコーデに合わせるときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?メガネの...

メガネの黒縁スクエア型が似合う顔型とメガネを選ぶポイント

スクエア型の黒縁メガネは、年齢に関係なく似合う最もベーシックなタイプですが、スクエア型はどちらかとい...

メガネクリーナーの超音波洗浄機とは?特徴を紹介します

メガネをキレイにしてくれる超音波クリーナーは、メガネが手放せない人にとって憧れのアイテムですよね。...

いけてるメガネ女子になる方法 髪型を変えて垢抜けよう

地味になりがちなメガネ女子は髪型を少しアレンジするだけで垢抜け女子に!?メガネでも地味に見え...

メガネの鼻パッドの黄ばみが気になる時には交換がおすすめ

鼻パッドが付いたメガネを長く使っていると、どうしても鼻パッドの黄ばみが気になりますよね。メガ...

メガネのテンプルの長さとは?短いもの見つける方法

メガネを選ぶときにはどんなことを基準にしていますか?似合う、似合わないで選ぶことはもちろん掛け心地も...

メガネ女子におすすめの前髪と似合う髪型でモテ女子になる方法

メガネを掛けていると、どうしても真面目女子に見られがち…、というお悩みの方は多いのではないでしょうか...

サングラスを購入する際のメンズの度付きの選び方や相場をご紹介

かっこいいサングラスが欲しいけれど普段からメガネをかけているから、もし買うとしたら度付きのサングラス...

メガネとコーディネートするときのポイント【レディース】編

メガネをかけるとどうしても地味に見えてしまいますよね。メガネをかけこなしている人とそうでない人に...

サングラスをかけるとき日本人は眉毛をだすからダサくなる

サングラスは日本人に似合わないと思ってはいませんか?実はサングラスの似合わない原因のひとつに眉毛が出...

メガネの黒縁が似合う女性と似合わない女性の違いを紹介

メガネの黒縁はシンプルだからこそ似合う女性、似合わない女性がハッキリします。しかし、自分の顔のタイプ...

老眼用メガネの選び方!自分にピッタリを探す正しい方法を紹介

老眼用のメガネの選び方とは、どんなことに気をつけて選んだらいいのかわからないという人もいるでしょう。...

スポンサーリンク

メガネのレンズの傷は自分で直すことはできない

日頃からずっと一緒だと雑に扱ってしまうことも出てくるメガネですが、レンズに傷が入ってしまうと自分で直すことはメガネ屋さんでない限り絶対にできません。

メガネ屋さんでも基本的にレンズを交換することになる事案ですので、絶対に自分で研磨したり消しゴムを使ったりして治そうとしないようにしてください。

ふとしたことで傷が付いてしまうことは結構あります。ですがそうした事態は扱い方次第で起こらないようにも出来ます。

毎日のお手入れなどを怠っていたり、傷がついてもいいやと床に転がしたままにしていたりしていませんか?

メガネは意外とデリケートなアイテムです。

メガネの特徴を少しでも知っておくと、どんなふうに扱うとそうした事態を起こさずに済むのかということがわかりますので少し勉強しておきましょう。

レンズに付いた傷はメガネ屋でも直せない

レンズに付いた傷はごく僅かな薄い傷でない限りメガネ屋さんでも直せません。

研磨して治すという方法はメガネ屋さんでもそう用いられないため、もし傷が入ってしまったら交換をするということになります。

交換をする場合にはレンズの代金と加工費が必要になります。
費用は大まかに全体で1万円前後が相場です。

少々値が張ると思ったかもしれませんが、お店に依頼することでメガネに合ったレンズを選んでもらえるだけでなく、保証もしてくれますし、アフターケアまできっちりと行ってもらえるためお店でちゃんと交換してもらうほうがメガネを長く使えます。

ちょっとした調整であればお店に行くだけで無料で行ってもらえるので、メガネのメンテナンスが面倒だなという人はプロに任せてしまうのもいいかもしれません。

レンズの傷を自分で直そうとするのは危険

レンズの傷を自分で直せない理由

それはレンズには目には見えないですが、コーティング加工がしてあることがまず1つ目の理由です。

コーティングがしてあることで反射を防止してくれたり、ものによっては紫外線をカットしてくれたりということをしてくれているため、
研磨などの作業を自分で行ってしまうと、そのコーティングを削ることになります。

削ったことにより形が変わってしまい度数がおかしくなってしまう、というのが自分で直せない2つ目の理由です。

度数が変わってしまうと結局その眼鏡は使い物にならなくなってしまいます。その結果、メガネごと取り替えないといけないなんてことにもなりますので、できることならお店でプロに頼んで確実なレンズ交換をするのが一番安上がりだったりするのです。

メガネに傷が入ってしまったら無理なケアを行おうとせず、メガネ店に持っていきましょう。

メガネのレンズに傷ができたらレンズ交換を

繰り返しになりますが、メガネに傷が入ってしまったらお店に持っていくのが一番です。
メガネの特徴などメガネのことについては一日に何本もメガネを扱うメガネ屋さんのほうが、私達よりも圧倒的にメガネについてわかっています。

知識ゼロで困ったことになってしまうよりも、プロに頼って安心で安全な状態でメガネをケアしてもらうほうがよっぽどいいですよね。

レンズに限らず、メガネで困ったことがあったらメガネ屋さんに持ち込んで調整をしてもらったり、パーツ交換をしてもらって自分だけでのケアをしないようにしましょう。

そのほうがメガネの長持ちにも繋がりますし、メガネの寿命にも早く気づけるようになります。

メガネの一般的な寿命は3~5年ほど

どんな環境でどんなふうに使用していたかということに依存する部分もあるため開きがありますが、ケアをメガネ屋さんでしてもらっていると買い替えの際もスムーズです。

メガネをかけているならメガネ屋さんでケアをしてもらったほうがお得ですよ!

メガネは大切なレンズに傷をつけないように気をつけよう

生活の上で欠かせないメガネですからなるべくレンズに傷がつかないように使用していきたいですね。

メガネのレンズを下に向けて置いたりしていませんか?

メガネのレンズを下に向けて放置するとレンズが傷つく確率が高くなります。その状態のまま横に引きずられることなどを想像してみてください。肝が冷えますね。

そういった状態を作らないよう使わないときにはケースにしまうなどの対処も必要です。
持ち運ぶときなども、そのままポケットやカバンに入れてしまうと傷をつける原因となります。

ケースにしまうか、布に包むなどしてしっかりと保護をして持ち運びましょう。いつも置き場所を決めておくなどしても管理がしやすいですね。

ちょっとした心がけでメガネをきれいなまま使うことが出来るならそのほうがいいですよね。

出来る限り傷がつかないように、ケースや工夫を駆使して意外とデリケートなメガネとうまく付き合っていきましょう。