メガネ好きの女性がときめく魅力や好感度をアップさせるコツとは

メガネ好きの女性はメガネ男子のどんなところに、魅力を感じるのか気になりますよね。
最近はメガネをかけている男性のイメージが変わり、メガネをかけている男性が好きだという女性が増えています。
どうせメガネをかけるなら、好感度の高いメガネ男子になりたいと思いませんか?

ここでは、女性が思うメガネ男子の魅力や好感度の高いメガネ男子になる方法、メガネ選びのポイントや気をつけることなどお伝えしていきます。

これで、あなたも魅力的なメガネ男子になって、より好印象を目指しましょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

眼鏡を掛けている人の印象と魅力!モテるメガネ女子の作り方

眼鏡を愛用している女性にとって、「メガネ女子は男性から見てどんな印象を持たれているんだろう」と気にな...

メガネをネットで購入するときの流れや注意点を紹介します

メガネをネットで購入するときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?いつもお店でメガネを作って...

メガネのパッドが緑になるのはナゼ?原因と対処方法を紹介

いつのまにかメガネのパッドが緑になっていたという経験はありませんか?なぜこのような現象が起きてしまう...

メガネのボストン型が似合う女子になりたい!メガネの選び方

メガネのボストン型が似合う女子とは?ファッションのひとつであるメガネは知的に見えたり、外したときのギ...

メガネが必要となる視力はどのくらいなのか理解しよう

視力が下がってきたと自分でも感じてはいるものの、メガネはかけたくないと感じている人も多いでしょう。...

メガネケースを手作りしてみよう!簡単な作り方をご紹介します

メガネケースはメガネを購入したお店のものを使っている人も多いでしょうが、友達が持っているかわいい手作...

メガネのネジはホームセンターで手に入れて自分で修理。裏技も

メガネを使っているうちに、自然とネジが緩んでレンズが外れてしまうことがありますね。外れてしまった...

メガネとファッションの相性は大切!男性向けメガネの選び方

自分に合ったメガネ選びに迷った時には、どのようなことを基準に選べばいいのでしょうか。失敗のないメ...

サングラスが似合わない人の特徴と似合う人の特徴を説明

おしゃれの象徴でもあるサングラス、挑戦したいけれど日本人には似合わない特徴が当てはまりすぎるのを知っ...

メガネにブルーライトカットやUVカットは必要?特徴をご紹介

メガネを購入するときに迷ってしまうのがブルーライトカットやuvカットのオプションではないでしょうか?...

メガネの選び方【面長メンズ編】選び方の基本と似合うメガネ

「面長の自分にはどんなメガネが似合うんだろう」こんなお悩みを抱えている男性もいますよね。メガネの選び...

眼鏡にブルーライトカットをつけるべき?PCメガネの選び方

最近、目がショボショボするのが気になることはありませんか?スマホやパソコンを長時間見ていると疲れてし...

メガネが似合うコーデ【冬】のポイントを紹介します

冬のコーデはなんとなく重くなりがち。メガネをするとなおさら地味に見えてしまう、そんな悩みを解決するコ...

メガネのつる部分があたって痛いときの対処方法と予防方法

耳にあたるメガネのつる部分が気になる、痛いときにはメガネが歪んでいることが原因かもしれません。...

メガネの形に似合う顔のタイプとは?それぞれの特徴を紹介します

自分に似合うメガネは顔の形によって決まると言ってもいいほどです。メガネをかけてみて、しっくりくるもの...

スポンサーリンク

女性が思うメガネ男子の魅力とは

女性が思うメガネ男子の魅力とは、どういったものなのでしょうか?
私が思うメガネ男子の魅力をいくつかをご紹介したいと思います。

  • 知的な印象
    昔から「メガネ=頭が良い」というイメージがあり、実際のところはそうでは無いかも知れないことはわかっていても、やはりメガネをかけるといくらか知的な印象を受けることが多いようです。
  • 落ち着いた印象
    スポーツをする上でメガネは邪魔になることが多く、仮に目が悪かったとしても、多くのスポーツ選手はコンタクトレンズにするかスポーツ用のメガネをかけるなど、通常のメガネをかけないようにしています。
    ですので、スポーツ用ではない普通のメガネを掛けている人からはアクティブな印象を受けないため、落ち着いた雰囲気に見えるようです。
  • ギャップが好き
    メガネは、かけると印象が変わってしまうくらい顔における影響の大きいものです。
    ですので、メガネをかけている時と、はずしている時のギャップに差が大きく生まれるため、そのギャップに萌える女性も多いそうです。

女性が好きだと感じる、好感度の高いメガネ男子になるには

「メガネをかけている男性が好き」という女性は少なくありませんが、だからといってただメガネをかけていれば好きになってもらえるわけではありません。
見た目や行動にも気をつけないと、「ただメガネをかけているダサいヤツ」と思われてしまいます。
それでは、好感度の高いメガネ男子になるには、どのような点について気をつければ良いのでしょうか?

  • 髪型
    髪型は、その人の印象を左右する大切なポイントです。
    出来れば毎朝ワックスをつけるなど、セットをする習慣をつけましょう。
    もしセットするのが面倒であれば、ツーブロックやソフトモヒカンなど比較的手入れに時間のかからない髪型にすると良いでしょう。
  • 眉毛
    「眉目秀麗」という言葉があるように、眉も顔の印象を決める大事なパーツです。
    メガネで、ある程度ごまかされるとはいえ、メガネをはずした時に、ボサボサや形の悪い眉毛をしていると、女性からがっかりされてしまいます。
    形を整えるか、眉毛が薄い場合は、眉毛用ペンシルで描き足すようにしましょう。

  • 肌が綺麗な方が良いのは、女性だけではなく男性も同じです。
    そのため、ドラッグストアなどに行くと男性用化粧品が充実しています。
    洗顔後のスキンケアだけではなく、普段の食生活を見直したり、枕などの寝具が清潔に保たれるようにして、肌への影響が極力出ないようにしましょう。

女性から好感を持たれたいのであれば、自分に似合うメガネを選ぶのがポイント

モテるメガネを選ぼうと思った時に、その時に流行っているメガネを取り入れるのは決して悪いことではありません。
しかし、本当に女性から好感を持たれたいのであれば、自分に似合うメガネを選ぶのがポイントです。

メガネを選ぶときには、試着をしてみて自分に似合うものを選んでいると思います。
もちろんそれでも良いですが、顔に似合うだけではなく、普段着る服とのバランスが取れているのかという事も重要になります。

ですので、多くのメガネ専門店では顔のみを映せる鏡だけではなく、全身が映る姿見が置かれています。
自分の顔だけではなく、姿見で全身もチェックして、メガネと服のバランスが取れているかも見るようにしましょう。
そうすれば、全体のコーディネイトの出来るおしゃれなメガネ男子になれますよ。

イケメンじゃなくてもメガネを上手に取り入れることが重要

「メガネ男子はモテるなんて言われていても、結局は元がイケメンな人がモテるんでしょ」なんて、諦めるのはまだ早いです。
メガネを上手に取り入れることが重要なのです。

ドラマや映画でもイケメンでモテる男子の役の人はメガネをかけていない事が多いですし、メガネをかけていたとしても、素の顔がイケメンの人がほとんどです。
しかも、メガネをかけている役の人は、「真面目すぎる」や、「冴えない」などあまり良い印象を持たれない位置にいます。

そういったマイナスイメージを持たれがちなメガネですが、だからといってモテないわけでも、彼女が出来ないわけでもありません。
逆にそのマイナスイメージをプラスに変えていけば、顔がイケメンではなくてもモテたり彼女が出来ることもあるのです。

真面目に見られるのであれば、その見た目通りコツコツと誠実に行動すれば信頼を得られますし、冴えないと思われていても、髪型や服装を変えればそのイメージを払拭することが出来ます。

欠点やマイナスイメージは改善するか、逆に伸ばすことで長所やプラスのイメージに変えることはいくらでも出来るのです。

女性が好きだと思うメガネ男子になりたいのはわかるけど、大切なのは中身

自分の印象を良くするために、あれこれ努力したり、おしゃれなメガネに変えるなどすることは、とても良いことです。
しかし、メガネも大事ですが一番大切なのは中身です。

見た目がおしゃれで格好良くても、女性を大切にしなかったり、友達や仕事に対して誠実に対応できないような人は、一見モテるようでも、人として尊敬できませんよね。
そんな不誠実な人にならないためにも、中身も磨いていきましょう。

人に好かれるような人物は、相手の立場に立って物事を見ることが出来たり、優しい思いやりの気持ちを持っている人です。
しかし、なんでもやってあげたり、お金を出してあげるだけが優しい人ではありません。
時には相手の事を思って、アドバイスをしてあげたり、自分はサポートに回って大事な事は相手にさせるくらいの事をする必要もあります。
また、「相手の為だから」といって常に説教するのも良いことではありません。

要はバランスなのです。
常に自分や周りを客観的に見て、どうすれば物事を良い方向に持っていけるか考えて行動していけば、素敵なメガネ男子になれるはずです。