メガネのネジはホームセンターで手に入れて自分で修理。裏技も

メガネを使っているうちに、自然とネジが緩んでレンズが外れてしまうことがありますね。
外れてしまったレンズを直そうとする時に、小さなネジがついているのがわかると思いますが、このネジは本当に小さくてうっかりすると失くしてしまうことがよくあります。

ネジ一つなので自分で直せるものなら直したいと思いますよね。

実際ネジくらいなら、よく私も自分で締め直します。

ホームセンターには生活にかかわる様々な物が売られていますが、この小さなネジはホームセンターで手に入れることは出来るのでしょうか。

またメガネのネジにはサイズがあり、色々なところで販売もされていますが手に入れる方法をご紹介します。

「こんな方法があった!」という驚きの裏技も是非ご覧ください。

自分で修理することでメガネ店まで出向くという手間が省けます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの調整がいまいちなのは耳が原因?メガネの合わせ方

メガネの調整をしてもらうのにお店に行くのがおっくう・・・と買い換えるときにしかメガネ屋さんに行かない...

カラーレンズメガネは夜にかけてもいい?夜も使えるメガネ

夜に運転をすると、対向車のライトが眩しく感じるときがありますよね。そんなときはカラーレンズメガネが必...

メガネのつるが白くなる原因と対処法、お手入れの際の注意点

愛用しているメガネのつるが白くなる時ありませんか?メガネが全体的にくすみ、白く汚れてしまった...

メガネのフレームの修理ができる素材と難しい素材について

メガネのフレームが折れてしまったという時には、新しいメガネを購入する方も多いと思いますが、修理するこ...

メガネの形選び、丸顔に似合う形のメガネ【メンズ編】を解説

丸顔の男性の中には、自分に似合う形のメガネがわからずに頭を抱えている人もいますよね。丸顔のメンズがメ...

メガネとマスクの同時着用でのずれる悩みを解決。原因や対処法

毎日の生活にメガネが欠かせない女子にとって、困るのが花粉の季節や風邪の時期ではないでしょうか。...

メガネは顔の形で似合うかどうかが決まりますタイプ別にご紹介

メガネは顔の形によって似合う、似合わないがありますが自分の顔にはどんなメガネが似合うのか知りたいです...

メガネ調整を自分でする!メガネを使いながら微調整する方法

メガネの調整を自分でしたい!店員さんに伝えても、伝えきれないこの不具合。ちょっとなん...

運転用メガネの度数はきつめが正解?正しい眼鏡の作り方

運転するときのメガネは度数をつよくしたほうがいいのでしょうか?もし、パソコン用に少し弱めの眼...

メガネの作り方!小さなお子さんや不器用な人でもできる簡単工作

お子さんが夏休みや冬休みの自由研究で悩んでいたら、工作でメガネを作ることを提案してみてはいかがでしょ...

顔のタイプ別メガネの選び方とは?モテるメガネを見つける方法

自分の顔に合うメガネの選び方とは?なんとなくいつもと同じような無難なものを選んではいませんか?...

メガネは顔の形で選ぶ!40代・四角顔メンズのメガネの選び方

メガネを選ぶときは、顔の形に合わせて選ぶと自分にピッタリのメガネを見つけることができます。4...

メガネを超音波で洗浄!超音波洗浄機の使い方と使えないメガネ

メガネの細部まで綺麗に洗浄したいときは、超音波で洗浄をする方法があります。メガネ屋さんに置いてある、...

メガネの黒縁が似合うメンズとは?似合うメガネを見つける方法

メガネの黒縁をかけたメンズが好きな女子は多いようです。しかし、誰でも似合うというわけではありません。...

サングラスの紫外線カットと色の違いについて。大人女子の選び方

肌のシミやそばかすが気になる大人の女性には、サングラスで紫外線カットをするのがおすすめです。サングラ...

スポンサーリンク

メガネの小さなネジはホームセンターで手に入るのかどうか

メガネのネジはとても小さく取れてしまうと紛失してしまったという話を聞くこともあります。

メガネは目の代わりをしてくれている大事なアイテムですので、壊れてしまうと生活に大きく支障が出ます。

ネジが無くなってしまったメガネを直すにはまずホームセンターでネジを購入してきましょう。

メガネはホームセンターで購入できる『メガネ用ネジセット』などの製品で自分での修理が可能です。

眼鏡のネジはとても小さいため普通のドライバーでは修理ができないため、精密作業用の大きさの精密ドライバーも必要となります。

ホームセンターに行ったらまず、金具売り場でメガネ用のネジセットを、そして工具売り場でメガネのネジに合う精密ドライバーセットを手に入れましょう。

『メガネ用ネジセットのセット内容』

物によって入っているものは変わってくると思いますが、基本的にはこのようなものが入っています。

  • レンズ固定用と蝶番用(つるとレンズのフレームをつないでいる部分)
    M1.4(直径1.4mm、長さ2.5mm)×4本
    M1.4(直径1.4mm、長さ2.7mm)×4本
  • 鼻あて部分に使用するネジ(パッド用)
    M1.0(直径1.0mm、長さ3.8mm)×2本ずつ
    M1,2(直径1.2mm、長さ3.8mm)×2本ずつ

これらがメガネに使われているネジの基本的なサイズですね。
どんな眼鏡のネジかというところも不明であるため、長さが少々違うものなども入っているといった内容になっています。

ホームセンターで手に入る?メガネのネジの大きさとは

メガネに使用されるネジの幅は基本的には1.4mmがほとんどです。

1.2mmや1.0mmのものなどが使われているメガネもありますが、特殊なデザインなどでない限りは1.4mm幅のネジが主流なのでこうした紛失の際に困ってしまわないよう、1セットは持っておいてもいいかもしれません。

メガネのパーツによってネジの大きさは違いますので、つるとレンズのフレームをつないでいるネジであっても蝶番の部分とつるを固定するネジでは大きさが違うという場合もあります。

自分の使っているメガネのネジがどのような大きさのものなのか、どういったものなら締められそうな穴の大きさなのかを調べておいたほうが買い物がスムーズになりそうですね。

メガネによってはナットが必要なデザインの場合などもあるため、何がどれだけ必要なのか、壊れていない方のパーツを良く観察してしっかりと修理する必要があります。

ネジとナットがセットになっているものなども販売されていますので、そうしたものも探してみてください。

ホームセンターで手に入れたメガネのネジ。こんなところでも手に入る

ホームセンターを例にとって、ネジの購入できる場所を紹介しましたがホームセンター以外にもメガネのネジを購入できる場所がいくつかあります。

お店の在庫状況にもよりますが、以下のような場所であれば購入できる可能性があります。

ホームセンター以外でメガネのネジを購入できるお店

実店舗…100円ショップ
老眼鏡が売っていますので、そのネジを再利用するという形で手に入れることができます。
100円ショップでは精密ドライバーも手に入ります。
ちょっと手間はかかりますが、品揃えが悪いことはなかなかないと思いますのですぐに購入できると思います。

ネットショッピング

  • 通販サイトで購入
  • ネジ業者に直接発注

こうした手段は届くまでに時間がかかりますので、少々不便が続くこともあるかもしれませんが、コンタクトとメガネを併用していたならば数日はコンタクトで頑張るなどの対処をして、規格の合うネジの到着を待ってもいいかもしれません。

規格の合うネジがわからない場合などはどうしようもありませんので、目の代わりになってくれるメガネのためにちょっとお金は惜しいかもしれませんがメガネ屋さんに修理を依頼してもいいかもしれません。

メガネのネジは100円ショップで売っている物を利用する裏技

100円ショップの老眼鏡には先述したような使い方が出来ますが、この方法はお持ちのメガネに合う規格のネジが使われているものを選ぶ必要があります。

老眼鏡のネジの規格が合わないことが判明した場合には、サングラス売り場や子供用のおもちゃのメガネなどの規格を見直してみましょう。

同じ100円ショップの中で探すことが出来ますし、最近は100円ショップでもファッション用のメガネ屋サングラスを置いている場所があります。

そうした売り場で自分のかけているメガネと似たタイプのものなどの規格を見て、修理の材料になるかを確かめてみましょう。

メガネほどの小さなネジを使っているような雑貨はそうないと思いますので、規格の合うネジを100円ショップで見つけられなかったときは、ネットショッピングするかメガネ屋さんに修理に出すといった対処が必要になるでしょう。

メガネのネジをホームセンターで買って修理してみたら

メガネをホームセンターなどで入手したネジで直すと以下のようなことが起こります。

  • よく見るとネジの頭が出っ張っている
    使う上では全く問題なく使える状態に戻りますが、よく見るとネジが収まりきっていないということになることもあります。
    ネジのサイズが微妙に違ったりするとこういうことになります。
  • ネジの先がはみ出ている
    本体よりもネジのほうが長かったためにネジの先が穴からはみ出てしまっている、ということもあります。
    サイズの合うネジを探すのはなかなか難しく、メガネ屋さんにしかいろいろな大きさのメガネ用のネジを置いていないということもあります。
    さらに自分で修理を行うとレンズに傷をつけてしまったり、逆に壊してしまったりということもあります。
    修理をするときにはレンズの保護をしてからメガネを修理するようにしましょう。
    また、修理する自信がないというときにはメガネ屋さんでプロに任せるのも必要なことです。

メガネはあなたの視力を補正してくれているアイテムです。
大事に使用していきたいですね。