メガネのネジの締め方とは。ネジなのでドライバーで締めます

メガネのネジって、とっても小さいですよね?

その、小さいネジをよく見ると、きちんとプラスかマイナスの溝が存在しているんです。

こんな小さいネジ、どのようにすれば締めることができるのでしょうか?

実は、メガネ用のねじ回しドライバーというものが販売されているんです。

100円ショップやホームセンターで購入することができますし、もちろんインターネットの通販サイトでも購入することができます。

自分でメガネのネジを締めるには、まずメガネ用のドライバーが必要になりますので、そちらを用意するようにしてくださいね。

締め方はメガネのネジのサイズに合った、ドライバーで優しく締めるだけです。

また、旅先などドライバーがない時に眼鏡のネジが緩んだ時の応急処置の方法や対処法もご紹介しますので、合わせて御覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネをネットで購入するときの流れや注意点を紹介します

メガネをネットで購入するときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?いつもお店でメガネを作って...

サングラス【スポーツ】で野球をする人に選んでほしいのはコレ

スポーツサングラスにはさまざまな種類があり、どんなものを選べばいいのか迷ってしまいますよね。野球...

メガネの黒縁をかけるなら細いもの!オススメな理由とは

黒縁メガネは、真面目な印象を与えることができるファッションアイテムですが、付け方を間違えてしまうと地...

メガネとファッションの相性は大切!男性向けメガネの選び方

自分に合ったメガネ選びに迷った時には、どのようなことを基準に選べばいいのでしょうか。失敗のないメ...

メガネの黒縁スクエア型が似合う顔型とメガネを選ぶポイント

スクエア型の黒縁メガネは、年齢に関係なく似合う最もベーシックなタイプですが、スクエア型はどちらかとい...

老眼鏡のレンズの種類とは?それぞれの特徴を紹介します

老眼鏡のレンズにはどのような種類があるのでしょうか?遠近両用、中近両用、近用などのレンズの種類の特徴...

眼鏡の大きいサイズをチェックするには?大きい眼鏡の見つけ方

眼鏡で大きいサイズはどれですか?と聞くのはなかなか勇気が必要ですよね。そんなときに役立つのが、自分で...

サングラスが似合わない原因は?自分に似合う男のサングラス選び

サングラスをファッションに取りれたいと思っても、サングラスが似合わないことに頭を悩ませてる男性もいる...

メガネを作るときにはコンタクトで行くべきかの判断について

メガネを作るときには、お店にコンタクトをしていったほうがいいのでしょうか?コンタクトをしなければ...

眼鏡の調整が下手かどうかを見分ける方法と調整のタイミング

眼鏡の調整がいまいちしっくりきていないような…。もしかしてあのお店はフィッティングが下手なのでは...

メガネの違和感に慣れない原因と改善するための対処法を紹介

メガネをかけて違和感を感じても、じきに慣れるだろうとそのまま使い続けてしまうことはありませんか?それ...

メガネでスクエアタイプが似合うのは?メンズメガネの特徴や印象

メガネのフレーム選びは本当に一苦労ですよね。いくつのもの店舗に足を運んで、いくつかを試しに掛けてみた...

メガネ好きの女性がときめく魅力や好感度をアップさせるコツとは

メガネ好きの女性はメガネ男子のどんなところに、魅力を感じるのか気になりますよね。最近はメガネをか...

メガネの洗い方。フレームをキレイに保つ方法と注意点について

メガネの洗い方、知っていますか?レンズとフレームは顔や手の皮脂で汚れています。レンズ...

メガネのレンズを薄くしたい人のためのメガネの選び方

メガネレンズをできるだけ薄くしたい、目が悪い人の夢ですよね。視力が下がるにつれ、分厚くなるメ...

スポンサーリンク

メガネのネジを締めるには、先が小さいメガネ用のドライバーが必要

メガネのネジを締めるには、先が小さいメガネ用のドライバーが必要です。
というのも、普通のサイズのドライバーでメガネのネジを閉めようとしても、メガネの小さなネジの山にドライバーが上手く入らないことが多いためです。

メガネ用のドライバーはメガネ店やホームセンター、ネットなどで買うことが出来ます。
ちなみに、ホームセンターで買う場合は、メガネ専用ドライバーとして探すと見つからない場合があります。
精密用ドライバーを探して購入すると良いでしょう。

ドライバーの種類も、プラスやマイナスなどが各種セットになっているタイプや、持ち歩きのしやすい小さくてコンパクトになっているものなどがあります。
商品を確認して、自分の用途に合うドライバーを選びましょう。

メガネのネジの締め方を知る前に、どうしてネジが緩むのかを考える

メガネのネジの締め方を知る前に、どうしてネジが緩むのかを考えてみましょう。

メガネはツルを開けたり閉じたりしますから、長年使っているとネジがゆるくなってしまうのもうなずけます。
しかし、数日前に締めたばかりのネジがいつの間にか緩んでるなんてこともありますよね。
そんな時に考えられる原因は、「ネジ穴、またはネジが削れてしまっている」、「ワッシャーなどのネジ周辺の部品が摩耗している」といった事が考えられます。

いくら器用な人でも、削れてしまった部品を復活させることは難しいです。
そういった場合は、メガネ店に持っていくようにしましょう。

他にも、フレームに汚れがついている場合も、ネジが滑って緩むこともありますので、定期的にメガネを洗って、細かい場所はブラシなどでこすって汚れを落とすようにしましょう。

メガネのネジが緩んだら100均の精密ドライバーでちょっと閉めてみる

メガネのネジが緩んだら100均の精密ドライバーでちょっと閉めてみるという方法もありますよ。

みんなの強い味方でもある、100均は精密ドライバーも扱っています。
デザインの種類は豊富ではないものの、「ちょっとネジを締めたいだけ」という人は、100均のものから試してみてはいかがでしょうか。
「使い心地がいまいち」や、「デザインが気に入らない」などの事がありましたら、そういった時は、やはりホームセンターやネットでの購入をおすすめします。

精密ドライバーは、メガネだけではなく、時計やおもちゃなどの小さなパーツのネジにも使うことが出来ます。
ですので、いざという時のために、買っておくと良いのではないでしょうか。

メガネのネジの締め方が強いとメガネのネジが潰れるので注意が必要です!

頻繁にネジが緩むことに腹が立って、ギュウギュウにネジを締めようとしていませんか?
メガネのネジの締め方が強いとメガネのネジが潰れるので注意が必要です!

また、ネジを強く締めてしまいますと、ヒンジ(丁番)が閉じなくなってしまいますので、程よい力で締めるようにしましょう。
特に、メガネのネジが潰れてしまった場合は、今後ネジを締めることも緩ませることも出来なくなってしまいます。
そうなった場合は、メガネ店に行って修理してもらいましょう。

ちなみに、メガネ店でメガネのネジを締める際は、メガネ用のネジゆるみ止め液を使っています。
これを使うと、ネジが緩みづらくなることもなく、また修理の際にネジを回すと簡単にネジを回すことの出来る便利な薬剤です。

こちらも、メガネ店やホームセンターなどでも売られていますの、自分でメガネのメンテナンスを行いたい方は、精密ドライバーと合わせて購入すると良いでしょう。

メガネのネジを今すぐ締めたい!ドライバーを使わないネジの締め方について

「メガネのネジを今すぐ締めたい!」ドライバーを使わないネジの締め方についてご紹介します。

本来ネジ締めは精密ドライバーを使っていただきたいのですが、外出先などでネジが緩んだり外れてしまった場合は、そういった物を都合よく持っていないことでしょう。
そんな時に代用できるものとしては、こういったものがあります。

  • ネックレスまたはペンダント
    ネックレスやペンダントなどを外したり付けたりする時にフックや引き輪に引っ掛けるために使われる、平べったくて丸い穴の空いているパーツを見たことがあるでしょうか?
    そのパーツは「ダルマカン」や「板ダルマ」、「プレート」などと呼ばれているそうです。
    その小さくて平べったい所を小さなネジを締めるのに使ってみましょう。
    ただし、強い力で締めるとそのパーツが曲がってしまいますので、ちょっとでも違和感を感じたら、すぐに使用をやめましょう。
  • カッターの刃
    使用に危険は伴いますが、身近にあるものとしては、こちらの方が手に入りやすいのではないでしょうか。
    メガネ本体を傷つけないように、刃ではなく背の方を使って、刃が折れないように適度な力で締めましょう。

メガネのネジを締めたなら、バランスよく締まっているかをチェックする

無事にメガネのネジを締めたなら、バランスよく締まっているかもチェックしましょう。
メガネのネジの締め方が左右対称ではないと、メガネをかけた時にどちらかに傾いてしまったりします。
何度かかけてみて、バランスを調整しましょう。
また、顔の幅より小さな幅にしてしまうと、顔に食い込んだり、耳が痛くなることもあります。
適度な幅とズレを調整して、かけ心地のよいメガネにしましょう。

「ネジの調節は上手く行ったけど、なんだかメガネがずり落ちてしまう」そんなことはありませんか?
その場合は、メガネがずれる原因はフレームではなく、鼻当てに問題があるかも知れません。
鼻当ての角度は上手く調整できないと、鼻当てそのものを壊してしまう恐れがあります。
ですので、その時はメガネ店に持っていって相談するか、鼻当て用のシリコンパッドを付けて調整するようにしましょう。

メガネのネジがない時には?

メガネのネジを締めたくても、そもそもメガネのネジを無くしてしまった時は、どのようにすれば良いのでしょうか?

完全な応急処置ですが、ひとまずセロテープや絆創膏の粘着テープ部分などを張って、それをネジの代わりにしましょう。
ホームセンターなどで代わりのネジを買うことも可能ですが、ネジは少しでもサイズが違うと、穴に入らなかったり、穴に対してネジがガバガバになってしまいます。

また、メガネによっては、特殊なネジが使われていて、一般的なお店で売られているネジでは合わないこともあります。
出来ればメガネ店に持っていって、修理の依頼をしましょう。