メガネのボストン型が似合う女子になりたい!メガネの選び方

メガネのボストン型が似合う女子とは?ファッションのひとつであるメガネは知的に見えたり、外したときのギャップが見れたりと、おしゃれ女子にもおしゃれ男子にも人気がありますよね。

そんなおしゃれ女子が注目しているメガネのボストン型とはいったいどんなメガネなのでしょうか?また、そのボストン型が似合う女子の顔の形とは?

メガネを選ぶときにはこのようなポイントがあります。なんだかしっくりこないのは、メガネの選び方が間違っているせいかもしれません。

あなたに似合うメガネの選び方や男子が好きなメガネ女子の髪型などを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの形選び、丸顔に似合う形のメガネ【メンズ編】を解説

丸顔の男性の中には、自分に似合う形のメガネがわからずに頭を抱えている人もいますよね。丸顔のメンズがメ...

メガネのつるが臭いのは何が原因?対処方法を紹介します

メガネのつるが臭い、しかもその匂いが取れない、そんなときには、この方法がおすすめです。メガネ...

メガネの調整がいまいちなのは耳が原因?メガネの合わせ方

メガネの調整をしてもらうのにお店に行くのがおっくう・・・と買い換えるときにしかメガネ屋さんに行かない...

メガネを外すしぐさを男性が見せたら好かれているサインかも

急に男性がメガネを外すのは、あなたに好意があるためかもしれません。しかし、メガネを外したらすべて好き...

メガネレンズの値段の違いとは?自分に合うメガネをかけよう

メガネのレンズには値段の違いがありますが、なぜこんなにも差が出てしまうのでしょうか?私は小学校3年生...

メガネの似合う形がわかる!顔のタイプ別におすすめを紹介します

メガネの似合う形は顔のタイプによって大きく分けることができます。自分の顔のタイプを知っていれば、どん...

プールでメガネをかけられないときはどうする?ゴーグルの選び方

普段、メガネをしている人がプールに行くときに困ってしまうのが目の悪さですよね。プールによってはメガネ...

メガネのレンズが外れたら直せる?外れたときの対処方法

メガネのレンズが外れたら、自分で直すことはできるのでしょうか?無理にはめようとすると、メガネが壊れて...

セルロイドのメガネは修理ができない?修理可能な場合もあります

セルロイドのフレームが可愛い!好みという方は少なくないですよね。しかしセルロイドのメガネは修理ができ...

伊達メガネのレンズ交換!持ち込み交換が可能かについてご紹介

目が悪くなくてもおしゃれで伊達メガネをかけている方は、たくさんいらっしゃいます。そしてお気に...

メガネ【女性30代】の選び方自分に似合うものを見つけよう

老けてみえるのは嫌だけれど、若作りしていると思われたくない微妙なお年頃の30代。髪型や洋服はもちろん...

カラーレンズメガネのグレーが与える印象とオシャレの楽しみ方

カラーレンズのメガネをオシャレのアイテムとして取り入れてみたいと思っている男性もいますよね。グレーの...

メガネの耳あては交換が可能!交換のタイミングと気になる費用

メガネの耳あて部分が気になることありませんか?かけた感じが今までと違った感じがする。何だか違和感を感...

シルバーフレームのメガネを選ぶならココがポイント

シルバーのメガネフレームをかけたいけれど年齢よりも上に見られてしまうのでは?地味に見えてしまいそうと...

メガネで地味に見える髪型とは?40代女性にオススメな髪型

メガネをかけるとどうしても地味に見えてしまいがちです。しかも40代になるとなんだか髪型もしっくりこな...

スポンサーリンク

女子に人気なメガネのボストン型とは

女子に人気なメガネのボストン型とは、どういったメガネなのでしょうか。

ボストン型とは

丸メガネの一種で、まんまるのラウンド型よりは上がやや平で、下がわずかに細い丸になっているのが特徴です。
他にも似た形でオーバル型もありますが、こちらは卵のような楕円で横に細い丸になっています。
ですので、ボストン型は、ラウンド型とオーバル型の中間といえる形です。

ボストン型の名前の由来

ボストンで流行したからというのが定説ですが、実ははっきりとした理由はありません。
1953年に制作されたローマの休日でもそのメガネをかけているところが見られるため、現在ではレトロな雰囲気を出す時に着用されることもあります。
若い人の間ではそのレトロさがおしゃれだとして、再びブームが再燃しています。
ファッションモデルや映画俳優もレトロさと一緒に現代のファッションを組み合わせた新しいおしゃれを楽しんでいるのです。

ボストン型メガネ女子になるには自分に合ったサイズを選ぶことがポイント

ボストン型とひとことで言っても、フレームが太めだったり細めだったり、色が違うだけでも印象が変わります。
ボストン型メガネ女子になるには、自分に合ったサイズを選ぶことがポイントです。

メガネを選ぶ際に大切なのは、自分の輪郭の形や、フレームのサイズとのバランス感です。
顔に対してフレームが大きすぎると、鼻などの顔のパーツが小さく見えます。
逆にフレームが小さすぎると、顔が大きく見られてしまいます。
フレームと顔の横幅近いサイズのものを選ぶようにしましょう。

フレームの色も髪の色や自分が普段来ている服装に合わせたものを選ぶようにしましょう。
女性でしたら、茶系や赤系がおすすめですが、クラシカルな黒やべっ甲風のフレームもおしゃれです。
きちんと試着をして、自分に合うものをえらびましょう。

メガネのボストン型が似合う女子の顔型

ボストン型が似合う女子の顔型とは、どのような形なのでしょうか。

ボストン型が似合うタイプ

輪郭には、卵型、面長、逆三角、ベース、丸顔など、さまざまな種類があります。
そんな中でも、面長や、ベース、逆三角の人がボストンメガネに向いている顔型と言えます。ボストンメガネは縦幅も横幅もありますので、顎がシャープな輪郭の人たちのシャープさを際立たせてくれて、クールでスマートな雰囲気を演出してくれます。

ボストン型が似合わないタイプ

丸顔の人がボストンメガネをかけると、フレームの丸さから、輪郭の丸さを強調してしまいますので、あまりおすすめは出来ません。
しかし、角のあるタイプのボストンメガネにしたり、あえてファニーな雰囲気を出したいと言う方は、丸顔でもボストンメガネを選んでも良いのではないでしょうか。

メガネを選ぶときには全体を見てから決めよう

メガネを選ぶときには試着をすると思いますが、その時に顔とメガネが合っているかだけを見ていませんか?

メガネは全身のバランスに合うものを選ぶ

メガネ専門店に行くと、大抵のお店には体全体を映すことが出来る姿見が置かれています。
最初は自分の顔や髪型に合うかを確認したら、次は姿見で自分の服装とも合うかも確認しましょう。
ボストンメガネは、クラシックなデザインがゆえに、服装やお化粧もきちんとしないと、野暮ったさが強調されてしまいます。
普段からおしゃれをしている人であれば、そのおしゃれさを高めるアイテムとしておすすめですが、あまり服装に気を使わず、お化粧もあまりしないという人は、平成生まれでも昭和感が出てしまうため、せめて髪型や髪色だけでも気遣うようにしましょう。

男性が好きなメガネ女子の髪型やメイク

男性が好きなメガネ女子の髪型やメイクには、どのようなものがあるのでしょうか。

メガネをするならおでこを出す

メガネを掛ける上で、前髪がメガネにかからないように、おでこを出した髪型がおすすめです。
おでこを出すと、大人っぽくて知的な雰囲気になりますので、大人の魅力を出したい女性は、おでこを出すようにしましょう。

前髪パッツン女子はあまり好評ではない

男性からあまり受けの良くない前髪パッツンですが、ボストンメガネと合わせても、重たい印象を強調させてしまいます。
前髪の先をすいたり、片方の眉毛が見えるように少し流した前髪にすると、重たい印象にならなくなります。

アイメイクはやりすぎず、印象強いのがモテる女子

ボストンメガネをしていて、まつ毛バチバチのメイクも可愛いですが、まつ毛が長すぎると、レンズにまつ毛が当たって、レンズが汚れてしまいます。
ですので、まつ毛は長さより太さを出すようにしましょう。
また、ボストンメガネの印象に負けないように、アイラインも気持ち太めに描くようにしましょう。

唇は可愛さを強調させるとメガネに合う

おしゃれで可愛い女子の間で、赤いリップのメイクが流行していますが、実はあまり男性の中では、赤すぎる唇は受けがよくありません。
しかし、かと言って何も塗らないわけにはいきませんから、赤よりもピンク寄りの可愛さが強調されるようなリップを塗って、強めのアイメイクとバランスを取るようにしましょう。