メガネ跡を消したい!メガネ跡を消す方法と目立たなくする方法

メガネを長時間掛けていると、メガネ跡がついてしまいますよね?
単純に、足首にできる靴下跡のように、顔の浮腫により凹んでいるなら、マッサージや蒸しタオルで消すことができます。

ですが、メガネ跡だと思っていたのに、メガネ跡が色素沈着していたとしたら、その色素沈着してしまったメガネ跡は、残念ながらキレイに消すことは難しいかもしれませんね。
メガネからコンタクトレンズにすると、メガネ跡がくっきりと残ってしまっていてがっかりすることがあります。

これは、メガネっ子共通の悩みでもあります。

メガネ跡がついてしまう原因や、色素沈着によりできてしまったメガネ跡を目立たなくする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの調整がいまいちなのは耳が原因?メガネの合わせ方

メガネの調整をしてもらうのにお店に行くのがおっくう・・・と買い換えるときにしかメガネ屋さんに行かない...

メガネで印象を優しい雰囲気にするには?色や形の選び方

メガネの印象で知的や真面目に見えるのは嬉しいポイントでもありますが、それに加えて冷たく見えたりきつく...

メガネストラップの付け方や選び方のコツで可愛くオシャレに

メガネストラップを付けてみたいけど、付け方がわからないというあなた。メガネストラップは付け方や使...

サングラスのレンズの種類は?それぞれの長所と短所を解説

アウトドアが好きな人は、天気の良い日になると思い切りアウトドアを楽しみたいと思いますよね。太陽の光を...

メガネのネジはホームセンターで手に入れて自分で修理。裏技も

メガネを使っているうちに、自然とネジが緩んでレンズが外れてしまうことがありますね。外れてしまった...

眼鏡の調整が下手かどうかを見分ける方法と調整のタイミング

眼鏡の調整がいまいちしっくりきていないような…。もしかしてあのお店はフィッティングが下手なのでは...

眼鏡の度数が合わないときとは?メガネに慣れるまでの期間

眼鏡の度数が合わないと、頭痛やめまいなどのような体調不良が起きやすくなってしまいます。買った...

メガネの作り方で正しいのは眼科が先?メガネ作りの基本

最近なんだか視力が落ちてきたような・・今までメガネをしていなかったけれどパソコン作業やスマホをよく見...

メガネの種類をタイプ別に一覧で知りたいなら

メガネと一口に言っても、丸いタイプや四角いタイプなどさまざまなものがあります。それを一覧で知るこ...

サングラスケースを手作り!おすすめな作り方をご紹介

サングラスケースを手作りしましょう!どのように持ち運ぶのか、シチュエーションの違いによって、...

メガネの縁がグレーの場合の印象と感想。似合うメガネの選び方

最近は手軽な価格でメガネが購入できますので、ビジネスシーンやプライベートに合わせてメガネを着替える人...

伊達メガネのレンズ交換はできる?持ち込む時のポイント

伊達メガネのレンズを他のお店で交換してもらうことはできるのでしょうか?お気に入りの伊達メガネ...

メガネの曇り止めに使える裏ワザ!マスクをしても曇らない方法

メガネをかけている人は、寒いところから温かいところに入った時やマスクをしている時に、メガネが曇ること...

メガネが似合うファッションコーデをご紹介!女子必見です

メガネ女子になりたいと思っても、どんなファッションコーデにすればいいのか迷う人も多いのではないでしょ...

プールでメガネをかけられないときはどうする?ゴーグルの選び方

普段、メガネをしている人がプールに行くときに困ってしまうのが目の悪さですよね。プールによってはメガネ...

スポンサーリンク

メガネ跡ってどうしてできてしまうのでしょうか?

何気なくメガネを外した時に鏡を見たら、顔にクッキリとメガネの跡がついていてギョッとしたことはありませんか?
顔にメガネの跡がつくことはよくあることですが、そもそもメガネ跡ってどうしてできてしまうのでしょうか?

  • メガネが重い
    フレーム自体は軽いものでも、レンズが分厚くて重くなってしまったり、レンズの重さはそれほどではなくても、フレームに重量があると、メガネが重くなってしまい、その結果鼻当てに圧がかかり、鼻上に跡が残ってしまいます。
  • 鼻当てのサイズが合っていない
    鼻のサイズも鼻当てのサイズもそれぞれ違いがあります。
    さすがに鼻のサイズは変えられませんので、鼻当ての位置や幅などを微調整する必要がありますが、それが上手くいかないと、鼻上に食い込むなどして、鼻当ての跡がついてしまうのです。
  • むくみやすい
    メガネを購入する時はピッタリサイズでも、体調によってむくみやすい人は、そのむくみによって鼻当てやフレームが食い込み、鼻上以外にも、目から耳の間や、頬骨の上から目の下の位置にもメガネ跡がつくことがあります。

メガネ跡を消す方法。まずは蒸しタオルで温めて血行を良くする

メガネ跡がついたからといって、必ず消えなくなるわけではありません。
メガネ跡を消す方法としては、まずは蒸しタオルで温めて血行を良くすることを試してみてください。

蒸しタオルの方法は、45℃から50℃ほどの熱めのお湯を洗面器に入れ、そこにフェイスタオルを沈め、ヤケドしないように気をつけながらタオルを絞ります。
そして、ソファなどゆったり休める椅子などに座り、メガネを外した顔に5分から10分ほど蒸しタオルを乗せ顔を温めます。

洗面器が無かったり、タオルが熱くて絞るのが難しいという方は、水で濡らしたタオルを電子レンジで温めるという方法もあります。
やり方は、水を絞ったタオルを電子レンジで1分から2分ほど温めるだけです。
ただし、電子レンジの熱でかなり熱くなっている可能性もありますので、くれぐれもヤケドには注意して蒸しタオルを行いましょう。

メガネ跡を消すことは無理でも、カバーすることはできる

すぐにメガネ跡を消すことは無理でも、カバーすることはできます。

その際に頼りになるのは、「コンシーラー」です。
女性の方なら聞いたことがあったり、使ったことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そのコンシーラーをシミ以外にも、色素沈着など肌で気になる所に、ファンデーションやフェイスパウダーと併せて使うと、肌色をカバーすることが出来ます。
コンシーラーひとつ取ってみても、塗りやすいスティックタイプや、指で塗ることで密着度を高めてくれるクリームタイプなどがあります。
また、色も自分の肌色に合わせたものを選びましょう。

コンシーラーを塗る順は、ファンデーションがパウダータイプかリキッドタイプかでも異なります。
パウダーファンデーションをお使いの方は、コンシーラーを塗ってからファンデーションを重ね、リキッドファンデーションをお使いの方は、リキッドファンデーションを塗ってからコンシーラーをつけ、最後の仕上げにフェイスパウダーを乗せるようにましょう。

メガネの跡がつかないようにメガネの重さを軽くする方法もあります

「まだメガネの跡はついていないけど、これからメガネをかけていく間に、跡が残るのが心配」という人は、メガネの跡がつかないようにメガネの重さを軽くする方法もあります。

メガネを選ぶ上で大事なポイントのひとつがフレームのデザインですよね。
しかし、気に入ったデザインのフレームが重たいようであれば、それは避けたほうが良いかも知れません。
似たようなデザインで軽いものにすれば、鼻上への負担が軽いものになります。

次に大切なのはレンズの重さです。
視力が悪い人はそれだけレンズも分厚くなってしまいます。
また、ガラス製のレンズは重いので、重量も厚みの分だけ重くなってしまいます。
最近では割れやすいガラスを選ぶことは少なくなって来てはいますが、メガネを購入の際は、店員さんと相談をして、出来るだけ軽くなる加工を施してもらったり、軽い素材のレンズを選ぶようにしましょう。

鼻当ても、自分にピッタリ合うように調整してもらい、セルフレームなどの鼻当ての調整が難しいものは、鼻パッドをつけて肌への当たりを軽くしてもらうと良いでしょう。
鼻パッドは鼻上への当たりを優しくしてくれるだけではなく、汗や顔の脂でメガネが滑ることも防いでくれますので、鼻当てを調整する際にはぜひご活用ください。