眼鏡のレンズの仕組みと目が小さくならない眼鏡の選び方を解説

眼鏡女子にとって、目が小さく見える現象は避けたいものですが、近視が進行すると眼鏡のレンズを替える必要も出てきます。そこで心配になるのがレンズの厚さ。レンズが厚くなると目が小さく見えると言われていますが、そうならないようにしたいものですよね。今回は、目が小さく見える理由と目が小さく見えないようにするための眼鏡の選び方について説明します。まずはレンズの仕組みについて理解しましょう。また、レンズが厚くなっても目を大きく見せるメイク方法もあるので、併せてご紹介します。どうしても目が小さくなることが気になるなら、眼鏡からコンタクトレンズに変えることも検討しましょう。

メガネレンズの安物とそうでないものとの違いとレンズの選び方

メガネレンズには、安物とそうでないものがあります。価格に差があるのですが、安物で十分だと思っている方も多いのではないでしょうか。そこで、メガネレンズの安物とそうでないものとの違い、メガネレンズの選び方について詳しくご紹介します。メガネのレンズの性能を決める要素は3つあります。その3つを考慮した上で、納得がいくメガネを選ぶことをおすすめします。

メガネのフレームなしタイプは知的に見せたい女子におすすめ

メガネ女子の間で密かに気になっているのが、フレームなしタイプのメガネ。フレームなしのメガネをかけた女性を見ると、なんだか仕事がバリバリできそうな素敵な女性に見えるから不思議です。そんなあなたも「もう一つメガネを購入するなら、フレームなしに挑戦してみようかな」と思うのではないでしょうか。そこで、フレームなしメガネが与える印象、フレームなしを選ぶ時の注意点など詳しくご紹介したいと思います。メガネ選びの参考にしては?

鼈甲の眼鏡を修理する場合の手順と正しいお手入れ方法を解説

気に入って購入した鼈甲の眼鏡。しかし、大切に使っていてもフレームが折れてしまうこともあります。しかし、普通の眼鏡のフレームと違い、鼈甲であれば修理してまたかけることができます。まずは眼鏡専門店に相談してみましょう。今回は、鼈甲の眼鏡の修理する場合の手順や修理期間について説明します。修理にかかる費用は素材によっても違います。修理のためのどのくらいお金がかかるのか、見積もりを依頼するようにしましょう。また、鼈甲は汗などの汚れに弱いので、かけた後に必ずお手入れするようにしましょう。それが鼈甲の眼鏡を長持ちさせるためにも必要です。

似合うメガネはスクエア?オーバル?迷った時の判断ポイント

メガネにはスクエアタイプとオーバルタイプがありますが、この2つのどちらにしようかで悩んでしまうこともあると思います。まず判断ポイントとして一つあるのが、あなたの顔型です。それぞれ似合う顔型や似合わない顔型がありますので、迷った時の判断基準になるのではないでしょうか。ただ、メガネ選びで重要なのが、自分の顔のサイズに合ったメガネを選ぶことです。フレームの色でも印象が変わりますので、そこから似合うメガネを選ぶのも方法の一つだと思います。

カラーレンズをメガネに入れるポイントと女性に似合うカラー選び

カラーレンズというとサングラスを思い浮かべますが、普段使いのメガネや、仕事に使うメガネのレンズをカラーレンズに変えることも可能です。しかし気になるのは、カラーレンズは仕事場で浮いてしまわないか、マナー違反ではないのか?という点です。実はカラーの濃度を変えることで仕事場でも、普段でも違和感なく使用することが可能です。そこでおすすめのレンズの濃度、また女性のカラーレンズの選び方、似合うカラーについて紹介をいたします。

メガネのコーティングの修復は不可能!専門店に相談しましょう

メガネのレンズにはコーティングがされていますが、なんらかの理由で剥がれてしまうこともあります。そこで心配になることは「修復できるかどうか」ではないでしょうか。万が一修復できないとなると、レンズ交換になってしまうのか気になる人も多いでしょう。今回は、メガネのコーティングが剥がれた場合に修復が可能かどうかについて説明します。答えは「NO」。残念ながら、レンズ交換しか道は残されていません。しかし、コーティングが大切な役目を果たしてくれていいます。早めにレンズ交換をするようにしましょう。

サングラスの調整は他店でも持ち込みOK?持ち込み調整の注意点

サングラスの調整を、購入店以外のお店でも持ち込みで調整してくれるのでしょうか。今回はこの疑問について調べてみました。判断ポイントはサングラスの状態。簡単に調整できればいいですが、状態によってはパーツ交換が必要なこともあります。まずはどの程度調整が必要なのか、サングラスの状態をチェックすることが大切でしょう。メガネと同様、サングラスも顔に合わせることが大事。しっかり調整しましょう。

メガネのフレームの調整方法にはどういったものがあるのか

メガネを使用していると、フレームがキツく感じられたり、すぐにずり下がってしまうなど、不具合が生じることがあります。そんな時には我慢をせずにフレームを調整するのが一番ですが、その調整方法にはどういったものがあるのでしょうか。そのいくつかの方法についてご紹介しますので、ご自身に合った方法を試してみてください。

サングラスと偏光レンズの違いは?偏光レンズが向いている場面

眩しいときにはサングラス!おしゃれ感もまして、一石二鳥のアイテムですよね。しかし眩しさを軽減することが出来るメガネは、サングラスだけではないことをご存知でしょうか。サングラスの他にも偏光レンズやミラーなど、同じ様に日差しを遮ってくれるメガネがあります。そこでサングラスと偏光レンズの違い、また偏光レンズが向いていると感じる場面についてもご紹介をいたします。偏光レンズは、釣りで水面の反射で魚が見にくいときにもおすすめですよ。