CATEGORY

メガネの修理・調整

鼈甲の眼鏡を修理する場合の手順と正しいお手入れ方法を解説

気に入って購入した鼈甲の眼鏡。しかし、大切に使っていてもフレームが折れてしまうこともあります。しかし、普通の眼鏡のフレームと違い、鼈甲であれば修理してまたかけることができます。まずは眼鏡専門店に相談してみましょう。今回は、鼈甲の眼鏡の修理する場合の手順や修理期間について説明します。修理にかかる費用は素材によっても違います。修理のためのどのくらいお金がかかるのか、見積もりを依頼するようにしましょう。また、鼈甲は汗などの汚れに弱いので、かけた後に必ずお手入れするようにしましょう。それが鼈甲の眼鏡を長持ちさせるためにも必要です。

メガネのコーティングの修復は不可能!専門店に相談しましょう

メガネのレンズにはコーティングがされていますが、なんらかの理由で剥がれてしまうこともあります。そこで心配になることは「修復できるかどうか」ではないでしょうか。万が一修復できないとなると、レンズ交換になってしまうのか気になる人も多いでしょう。今回は、メガネのコーティングが剥がれた場合に修復が可能かどうかについて説明します。答えは「NO」。残念ながら、レンズ交換しか道は残されていません。しかし、コーティングが大切な役目を果たしてくれていいます。早めにレンズ交換をするようにしましょう。

メガネのフレームの調整方法にはどういったものがあるのか

メガネを使用していると、フレームがキツく感じられたり、すぐにずり下がってしまうなど、不具合が生じることがあります。そんな時には我慢をせずにフレームを調整するのが一番ですが、その調整方法にはどういったものがあるのでしょうか。そのいくつかの方法についてご紹介しますので、ご自身に合った方法を試してみてください。

メガネの鼻当ての修理代はお店や修理箇所によって異なるので注意

メガネの鼻当ての修理でお店に行きたい時、気になるのが修理代です。そこで、メガネの鼻当ての修理にかかる費用について調べてみました。鼻当ての状態によってメガネの付け心地が違ってきますし、ネジが取れてパットが取れてしまうこともあるでしょう。メガネ修理のポイントもありますので、まずはお店に持ち込むことをおすすめします。また、自分で修理する場合の修理代や修理方法についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

メガネの鼻当てが折れたら自分で修理は可能?プロの修理について

メガネの鼻当て部分、使っているうちに何かの拍子にポキっと折れてしまうことがあります。鼻あて部分が折れたら、自分で修理をすることは可能なのでしょうか?簡単にくっつきそうに見える部品も、自分での修理は意外と難しいものです。ここでは自分での修理をしないほうが良い理由と、メガネ店に修理を頼んだ場合の予想される対応について紹介をしています。まずは記事を読んで、もう一度修理について考えてみてくださいね。