TAG

視力

運転免許の取得・メガネやコンタクトで視力補助をして検査を

車の運転免許証を取得したくても、視力が悪いと裸眼で視力検査をパスすることができません。そんなときは、メガネやコンタクトのような視力補助器具をつけて視力検査を受けることになります。車を安全に運転することができないと、事故を起こしたり、運転中に危険な状態になることもあります。視力が悪くて免許を取得できなときは、自分や周囲の安全を考えてしっかりとメガネやコンタクトを装着しましょう。

メガネを作る時に必要な視力と度数について正しく理解しましょう

メガネを作るためには視力検査だけすればいい、そう思っていませんか。実は、視力だけではなく「度数」もきめないと、メガネを作ることはできません。今回は、メガネを作る時に必要な視力と度数について説明します。同じ視力であっても度数は違うことがあることをわかっていただけるでしょう。また、メガネをかけると視力が低下するという話がありますが、正しい使い方をすればそんなことはありません。メガネに関する正しい知識を理解するようにしましょう。

運転免許取得に必要な視力とメガネ等と明記された場合の注意点

運転免許を取得するには、視力検査をパスしなければなりません。不合格になってしまった場合はメガネ着用が条件になります。そこで、運転免許取得に必要な視力の合格基準、視力が回復しメガネが不要になった時の対処法、免許更新時の視力検査でメガネを忘れてしまった時の対処法などご説明します。視力はもちろんですが、運転する時は正しく見ることが大切です。注意しましょう。